B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ここよりどこかで』
ここよりどこかで 制作年:1999年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:114分
 配給:20世紀フォックス
 監督:ウェイン・ワン
 主演:スーザン・サランドン
     ナタリー・ポートマン
     ボニー・ベデリア

ウイスコンシン州の田舎町からビバリーヒルズへ引っ越してきた
アデルと娘のアン。アンは生活苦にも拘らず遊び呆ける母親につ
くづく嫌気が差し始めていた…。


反目し合う親子がうまく表現できてますね、スーザン・サランドン
演じる母親がまた自分勝手で自分の夢を娘に押しつけるしわがまま
放題、これじゃ娘が反発するよなって思ったよ、中盤まではとにか
くこの親がわがまま放題で不快きわまりなかったよ「穴」のサーラ
・バーチいらいだった。それだけスーザン・サランドンの演技が良
かったんだろうねでも、娘役のナタリー・ポートマンがあまり良く
なかったかな、彼女ってこんなだっけ?って思ったよ、どうもしっ
くりこないんですよ、はっきり言うと演技がうまくない美人なんだ
けどな〜

母もわがままほうだいだったけど結局娘のことが可愛くて仕方が
ないっていうのがよくわかるあれだけ干渉するんだもんね、度が過
ぎたんだろうけど娘がうざったくなる気持ちもわかる早く親から離
れて独立したいってね、娘は親離れしたいけど母親は子離れできな
いそうしてるうちにお互いを理解し合うことに、ラストは良かった
ですね実にすがすがしい終わりかただった。親離れ子離れできた瞬
間お互いを理解したってきがします
ラストまで見てみると母親の今までの行動も理解できるというもの
です。
歯科医の男性にモーションかけたりあのシーンでは何やってんだ!
ってあたまに来たけどあのシーンも結局娘のためだった。

それにしてもこの映画で一番印象に残ったのはLA市警の警官さんです
彼はほんといい人だよ、こんな良い警官は居ないってまじで二度も違
反に立ち会いながらどれも許してあげてるし、1度目は娘に対して良
い助言をその助言で彼女は変わったし、二度目は母親に対して思いの
はけを吐き出させ彼女の娘の気持ちを確認させたし、そのうえ違反切
符を切らないんだからたいしたもんだよこういう脇役大好きだな〜

最初は母親の自己中心的な性格にかなり不快感を募らせたけど、後半
からラストへの流れるようなストーリーはぐっと引き込まれました。
お薦めの作品です。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 19:46 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/947