B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『プラダを着た悪魔』
プラダを着た悪魔 制作年:2006年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:110分
 配給:20世紀フォックス
 監督:デイヴィッド・フランケル
 主演:メリル・ストリープ
    アン・ハサウェイ
    スタンリー・トゥッチ

N.Y.にやって来たアンディ。オシャレに興味のない彼女が、一流
ファッション誌のカリスマ編集長のアシスタントという職を得て
しまい


大学を出たばかりのアンディーは報道ライターを目指しているのに
なぜかファッション関係へ就職してしまうしかも責任者は傲慢
でわがままなミランダだったりする、あか抜けないままの彼女は
職場で浮いた存在だけど彼女は必死にミランダに食らいつき信頼を
勝ち取ることに成功する、でもそれと同時に失う物も多いたとえば
友人・家族・そして恋人・・・彼女はそれらを犠牲にして成功して
いくけど結局彼女は何を目指していたんだろう?それは見ている
私にも疑問に思えた。彼女は本来の物を見失ってるな〜ってね
道は違えど目的地は同じだったはずなのにいつの間にか枝道を
まっすぐ歩いてしまった。彼女の場合は走ったのかな〜結局彼女が
それに気がついたのはナイジェルがミランダに裏切られたときだろ
うと思った。
ミランダも堅物でわがままほうだいな傲慢な女性だけど彼女なりに
悩みもあるし女性らしさもある、彼女がアンディーにだけ語った
内輪話(離婚について)のシーンとラストでのタクシーでの含み笑
いかな、あのシーンで彼女が最後に憎めなくなった。よい演出だな
と思ったよ、結局自分の道に戻ったアンディーだけどミランダの元
で働いた経験は明らかにプラスになっていた。今後の彼女の活躍は
明らかだろうね〜

キャラクターはどうだろう?主人公2人いがいだと俄然スンタンリ
ー・トゥッチ演じるナイジェルだろう、やっぱり彼は最高の名脇役
だね、どんな役もそつなくこなすしこういう癖のあるキャラクター
も難なくこなすしこういう俳優さんは重要だよね、最初から最後ま
でアンディーの見方だったわけだし、また第一秘書で彼女の教育係
だったエミリーも私は好きだな口は悪いけどアンディーをしっかり
教え込んでいたし、何せ目の前でミランダに気に入られているとこ
ろを見せられても彼女はきちんとアンディーに必要なことは教えて
いたもの、逆にそんな彼女を裏切ってしまったのはアンディーだっ
たりするわけだし、この作品の彼女の役割は重要だったと思うよ
ラストの電話で服をもらう約束をしたときのシーンはジーンと来た
し笑えた・・・まだ松葉杖してたんだね
私は基本的に男性俳優には興味がないでも脇役は別、主演かくの男
優は毛ほども興味を持たないが今回のアンディーの恋人はよかった
ね、こういうがんばっている男は見ていて気持ちが良い応援したく
なる何下にアヒル口なのもよい彼は夢を見失ったアンディーよりも
立派だった何せ自分の夢に向かってまっすぐだったから
そういえばアン・ハサウェイいつの間にか立派な女性になってるね
ちょっと顔が細すぎるきもするけどたれ眼がチャーミングだし
いつの間にか胸が育ちに育ってるのにもびっくりした。
以前久しぶりに見たクリスティーナ・リッチと同じ状態だ!彼女も
胸が大きくなっていてあのウェンズデーがこんなにグラマーに!
今回のアンも存分に大きな胸をアピールしていたのでびっくりした
なんでも「裸の天使」という作品ではヌードも濡れ場も披露してる
そうだけど・・・そちらは見るきなし


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 11:38 | 【MOVIE】 | comments(11) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん、はじめまして☆
トラックバック&コメントありがとうございます。(*^-^*

ミランダのようなキャリアウーマンの人って、
常に自分を律していて、他人に心の内を語ろうとはしないけど、
昔の自分に似たところがあると思うアンディの事は信頼出来て、
心を開く事が出来たのでしょうね。(*^-^*
| BC | 2007/05/03 20:45 |
BCさんエコーどうもありがとう!

そうですね、車の中でもアンディーのことを自分と似ている
といっていたのでそういう部分で彼女に対して心を
開いたんでしょうね〜
でも自分は違うと否定して自分の道を求めた時に
やっぱりミランダはそれで良いとも思ったんだろうね
それがあのラストの笑みだったんじゃないかと思う
| せつら | 2007/05/04 13:40 |
こんばんは、せつらさん♪
GW楽しく過ごされてますか〜?

さて、アンディーは頑張ってましたね〜。
一生懸命頑張ってる彼女を思わず応援したくなりました。
でも、彼女を助けるナイジェルとか、彼女の恋人とかの
方に好感を持ってしまって、ちょっと困りましたが(^_^;)

| りら | 2007/05/04 20:31 |
りらさん今晩は!

GWは楽しく過ごせてますよ〜気がついたら明日で終わりだし
はや!って感じ・・・感覚的にはまだ1日しか休んでない
んだけどね・・・

ナイジェル最高でした。スタンリー・トゥッチの
実力が出てましたね、さすがです。
| せつら | 2007/05/05 18:40 |
こんばんは、GWで疲れ果てた
サクラナミンです★

この作品ではもうちょっとアンディと
恋人とのからみなどを描いてほしかったな...と思いました。

でも女性としては
すばらしい衣裳の数々などを
純粋に楽しむことができて楽しかったです。
| サクラナミン | 2007/05/06 21:46 |
そうですね、アンディーのサクセスストーリーを追うだけではなく
もっと恋人との絡みがあってもよかったですよね
私的にはナイジェルが最後報われてほしかったな〜
あんなに喜ばせておいて最後に違う人の名前を挙げるかね
彼の功績は非常に大きいのに・・・
アンディーのころころ変わる衣装はよかったよね
男である私が見ても楽しめました。
| せつら | 2007/05/07 10:01 |
せつらさん★こんばんわ。
こちらかなり過度に期待して見たので私的には余り・・って感じでした。劇場で見たらまた違ってたのかもしれませんね。
何かを得ると何かを失うって事でしょうか。
全体的にはかっこいい仕上がりでしたけど
ストーリーがいまいち浅かった感じがします。
まぁファッションを楽しむ作品なんでしょうかね。
でもあのセンスは外人向けのスタイルかな?

音楽は良かったです。私U2好きなんで(笑)
しかしA・ハサウェイの顔の半分は目ですね。
「裸の天使」絶対に見ます!
| うさこ | 2007/05/09 01:42 |
こちらにも。
最近は頭を使うようなのが多いのですが、気軽〜に観られたのは良かったです。
エミリーもナイジェルも脇役だけど個性的で良かったと思います。
どうしてもアンディやミランダが目立ってましたけど〜
| ゆかりん | 2007/05/10 21:50 |
>うさこさん

そうですね、私もキャラクターは楽しめたんだけど
ストーリー的にはいまいちに思いましたよ、アンディーのがんばりはわかるけどあまりにもまっすぐ
しか見ていないその結果本当に大事なものを次々となくして
いった感じでだよね、アン・ハサウェイはでも
「プリティー・プリンセス」シリーズの時はふっくらして
たから目の大きさはふつうだと思ってたけどやせた今回は
いやに目が目立つね、なんか漫画の女性みたい・・・
「裸の天使」見るんですか?ちょっとしたシーンは大好きだけどあからさまだと引いちゃうんですよね
今のところそれ目的でも借りようとは思わないんだけど
うさこさんのレビューを読んで決めることにします。

>ゆかりんさん
確かに何も考えずにみれるよねこういう作品って
アンディーやミランダに注目しちゃうけど私は基本的に
ひねくれてるので脇役やエキストラばかりに目がいくんですよ
だから好きは俳優さんはメインの人より脇の人の方が
圧倒的に多いです。
| せつら | 2007/05/10 23:17 |
せつらさん、こんにちは。
TBコメントありがとうございます。

良い作品って、脇役に素晴らしい俳優を揃えてますよね。
アンディーの恋人役や、友人たちもよかったです。
| shake | 2009/02/22 16:20 |
shakeさんエコーありがとう

この作品はキャスティングにストーリーにバランスのとれた良作でしたね
衣装も綺麗だしね、脇役も光っていました。
特にエミリーにナイジェルなんて重要な役でした。
| せつら | 2009/02/22 18:51 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 雑記帳+ | 2007/05/03 08:34 |
原題 : Devil wears Prada / 2006年 / 110分 原
| 〜青いそよ風が吹く街角〜 | 2007/05/03 20:33 |
2006年:アメリカ映画、メリル・ストリープ主演、DVDで観ました。 正直言って、イマイチ。(^-^;
| 外国に憧れて | 2007/05/04 10:46 |
プラダを着た悪魔、 ファッション雑誌などで 取り上げられていたタイトルだったので 是非みたい!と思っていた作品です。 ライター志望のファッションに興味のない女の子が、 最先端のファッション雑誌編集長の アシスタントになり、 周りに皮肉を言われたり、 こき使
| CINEMAブロガー | 2007/05/06 21:47 |
2006年:アメリカ 監督:デヴィッド・フランケル 大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。 しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、 NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。 多くの女性が憧れる職業かもしれない。 でも当のアン
| Yasutaka's GROOVE | 2007/05/10 03:23 |
2006 アメリカ 洋画 ラブロマンス コメディ監督 : デイビッド・フランケル出演 : メリル・ス
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2007/05/10 21:44 |
【THEDEVILWEARSPRADA:2006/11/18】製作国:アメリカ監督:デヴィッド・フランケル原作:ローレン・ワイズバーガー『プラダを着た悪魔』(早川書房刊)出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニア
| 青いblog | 2007/05/10 23:05 |
「プラダを着た悪魔」 出演: メリル・ストリープ, アン・ハサウェイ, エミリー・ブラント, スタンリー・トゥッチ 監督: デイビッド・フランケル 公式サ
| おきらく楽天 映画生活 | 2008/01/05 22:24 |
『プラダを着た悪魔』を観ました。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/12/09 20:38 |
 『恋に仕事にがんばるあなたの物語』  コチラの「プラダを着た悪魔」は、11/18公開のVOGUE誌編集長アナ・ウィンターのアシスタントだったローレン・ワイズバーガーの同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  メリル・ストリープ、「ブロ
| シェイクで乾杯! | 2009/02/22 16:09 |
すごく好きな作品
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/01/15 23:38 |
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 【関連記事】 プラダを着た悪魔 壁紙