B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『トゥモロー・ワールド』
トゥモロー・ワールド 制作年:2006年
 制作国:イギリス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:109分
 配給:ポニーキャニオン
 監督:アルフォンソ・キュアロン
 主演:クライヴ・オーウェエン
     ジュリアン・ムーア
     マイケル・ケイン

子供が誕生しなくなった西暦2027年の地球を舞台に、人類の運命を
左右するひとりの少女を巡る人々の攻防を描く


2027年人類は子供を産めない体になっていた。という未来を舞台に
したSF作品です。
この世界観はおもしろいんだけど映画としたらただ逃げていただけ
という感じがする・・・黒人の移民の女の子が妊娠していた彼女の
子供は人類の希望、主人公は彼女と彼女の子供を無事トゥモロー号
に導くことができるか、世界観は十分伝わってきます。子供ができ
ない人類は減るばかりで増えることはないわけでいずれは年寄りば
かりになり社会経済は破綻をきたすだろうし彼女の子供がいかに大
事なものかよくわかるよ、それでもそんな子供を政治に利用しよう
とする政府や反政府を訴えるテロリストたち、生まれた子供に絶句
し祈りだす兵士もいて面白かった。
主人公の元彼女でテロリストのリーダー役のジュリアン・ムーアが
序盤で消えたのがびっくりした。
クライブ・オーエンはどうも「クローサー」のエロ医者のイメージ
が抜けなくて顔みてるだけでいやな気になる・・・避妊率90%の世
界で一人子供が生まれてもっていうきがするけど実際そうなったら
希望だろうな・・・しかし何故子供がうめなくなったのか描かれて
なかった気がするんだけど?


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 21:36 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは!
やはりこの映画は、あの、赤ちゃんの前に全員がひれ伏すシーンでしょ。
子供が出来なくなった理由とか、あたしはゼンゼン気になりませんでした。
| 猫姫少佐現品限り | 2007/04/08 00:26 |
猫姫さん今晩は!コメント遅れてごめんね
そうそう赤ちゃんにひれ伏すシーンは印象的だったね
不妊率90%という数字の中で生まれた子供だし神様みたいなものかな?
ミステリー好きなので謎が残ったままというのが嫌いなんだよね
なので原因が気になって仕方ないよ
| せつら | 2007/04/11 22:58 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 猫姫じゃ | 2007/04/08 00:23 |
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う〜ん
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/05 20:24 |
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバ
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/08/30 17:04 |
唯一の希望を失えば、人類に明日はない
| ゆるーく映画好きなんす! | 2010/01/06 19:28 |
"過去"と"未来"の両方に握手をする使命を持って人間は生まれる・・・ 『 トゥモロー・ワールド / 88点 / CHILDREN OF MEN 』 2006年 アメリカ/イギリス 109分 監督 : アルフォンソ・キュアロン 脚本 : アルフォンソ・キュアロン