B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ルール5』
ルール5 制作年:2003年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:106分
 配給:ジェネオン・エンターテイメント
 監督:ラファル・ジリンスキー
 主演:レイトン・ミースター
    デヴィッド・キース
    メル・ハリス

高校生・エイベルは失恋相手を殺害後、校舎で自殺を遂げる。
10年後、生徒たちは学校で怪現象が起こるたびに「エイベル
の呪い」と怖れていた。そんなある日、アメフトの試合中に
ある選手が幻覚に襲われ…。


なぜかこの「ルール」というタイトルの続編が長続きする
一作目は都市伝説をモチーフにした猟奇的連続殺人を描い
たヒット作です。
2も作られました。でもそれ以降は他の関係ないサスペンス
を「パイオニアLDC」が勝手にシリーズ化していた。
もはや都市伝説関係ない作品ばかりでそれなのにルールの
続編であり都市伝説殺人とあおりを入れていた。
っで今回は「ジェネオン」がこりもせずに都市伝説関係な
いむしろ学校の怪談をモチーフにしたファミリー向けサス
ペンスを「ルール」の続編だと言い張って配給、完全に
詐欺です。
それこそこういう詐欺まがいな配給の仕方をルールを作っ
てしっかり徹底的に管理してほしい
で、この作品はさっきも少し書いたけど「ファミリー向け」
のサスペンスで不思議な現象を調査する期間に属する
「親子」が10年前に自殺した少年の呪いで生徒たちが倒れ
ている謎を究明しようとするお話で、全く緊張感のかけら
もなく誰一人犠牲者がでることもなく話が進みます。
全然面白くありません、たとえてみるならば家族で謎解き
名探偵コナンといったところでしょうか・・・
もっとわかりやすく言うとスパイキッズミステリー編です
な、でも犯人のプランは見事だと思ったかな、幻覚を見せ
る毒をもった蜘蛛を利用して10年前の自殺した少年の呪い
という怪談を広めた上で蜘蛛を刺させる、その方法は作品
で確認してください、ターゲットのいじめっ子のロッカー
に首つりマークを入れて呪いを暗示させる、蜘蛛に刺され
た少年はまず風邪のような症状を見せ始め、呪いだと信じ
た彼らは幻覚で自殺した少年を見るようになる、呪いの暗
示が効いているので幻覚も当然暗示に沿ったものになるわ
けです。
犯人自身ターゲットを殺そうという意志はないので病院
送りになったりちょっとした錯乱状態になる程度なんです
ね、でも作品自体は見応えないです・・・ヒロインが
スレンダーで可愛いぐらいかね、後デヴィッド・キースの
あごが相変わらず割れてるくらいかな〜


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキング
| 18:43 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/775