B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『モンスター』
モンスター 制作年:2003年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:109分
 配給:クロックワーク
 監督:パティ・ジェンキンス
 主演:シャーリズ・セロン
    クリスティーナ・リッチ
    ブルース・ダーン

全米を震撼させた女性連続殺人犯をモデルに描いた話題
のドラマ。身売りの常習・アイリーンは、とあるバーで
同じ疎外感を抱える女性・セルビーに出会い、人生をや
り直す決心をするが…。


率直な感じセロンよりもクリスティーナのほうが素晴らしい演技だった。
彼女が完全にセロンを引き立てていたと思う、セロンにアカデミー主演
女優賞あげるのならクリスティーナ嬢にも助演女優賞をあげないと嘘
セロンの徹底した肉体改造は女優魂を感じるが演技としてはやはり
クリスティーナ嬢にだいぶん助けられていると感じます。
作品ですが「アイリーン・ウォノス」実在したシリアルキラーで全米初の
女性の連続殺人鬼でした。
彼女が落ちていく様を描いた作品です。何故彼女が連続殺人を犯
したのかが刻銘に描かれていると思いました。
愛のために愛を貫くために犯した罪、無知で無教養の彼女にとって背一
杯の行動だったのだろうが人殺しにはかわりがない、男に憎悪抱く気
持ちは彼女のこれまでの人生を見れば当然だろうけど殺した相手に
も家族がある、自分のエゴのために人を殺すことは許されない、引っ
かかる男も悪いのかもしれないが積みは償わなければならないでし
ょう、そんなアイリーンを体当たりで演じたセロンは見事だと思うし見
直した。
どんな境遇で生きたにせよこれまでの人生を選んだのはアイリーン本
人である、そこに同情の余地はない、人の人生は生まれた境遇による
ものではない、生まれる親や場所は選べなくともそれからの人生は
本人が決めること人生は自分が決めることです。嫌なら切り開けば
いいどういう大人になるかは本人次第である、境遇や社会のせいで
はないアイリーンは自分の人生を切り開かなかった。自分の人生を
境遇と社会のせいにした時点で彼女は終わっていた。愛に生きるには
遅かったのかもしれない・・・


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:00 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
クリスティーナ・リッチってオスカーとった事ないですよね? 最近ナタリー・ポートマンが受賞してたので気になりますよね? 子役出身でも売れ残ってるのに... レオナルド・ディカプリオとか何度も候補になってますし... 昔リッチは、オスカーにもっとも近いティーンエイジャーの女優って言われてたらしいので期待してたんですけど、とうとう30歳こえちゃいましたよね( 一一) でも、此の映画は、シャーリーズ・セロンの圧勝って感じしましたね。スタンドアップっていう映画でも彼女は、か弱く追い詰められた女性を好演してました。解らないのは、実在の人物のアイリーンって顔に傷があったんでしょうか? なんか、薄っすらとあるようなんですけど曖昧ですね。
| kekeke | 2012/02/22 19:24 |
クリスティーナさんはオスカーとってませんね・・・あれだけの雰囲気と演技力
があるのに残念です。
シリアルキラーのアイリーン・ウォノスが犯行を犯すまでを描いてますが
映画向けに少し脚色はされてるみたいです。
同時期に本物のアイリーンのドキュメントビデオもレンタルされていたので
それを見たら結構分かるのかもしれないね
| せつら | 2012/02/22 23:23 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/29 19:34 |
 『なぜ、愛を知ってしまったんだろう。』  コチラの「モンスター」は、シャーリーズ・セロンが13キロ以上も増量してメイク・ダウンしてその美貌を見事に消し去り、"モンスター"と呼ばれた実在の連続殺人犯を演じた衝撃的な実録モノのサスペンスです。  その変貌
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2010/01/15 01:14 |
なぜ、愛を知ってしまったんだろう。