B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『シャッター 写ると最期』

JUGEMテーマ:映画

シャッター 写ると最期制作年:2018年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:ロシア
 上映時間:80分
 原題:FOTO NA PAMYAT
 配給:プルーク
 監督:アントン・ゼンコヴィッチ
 主演:イリーナ・テミチェヴァ
     アナスタシヤ・ゼンコヴィッチ
     サンザール・マディエフ
     ソフィア・ザイカ

いわくつきのカメラが巻き起こす恐怖を描いたロシア製パニックホラー。森の別荘に車で向か
う7人の若者たち。ところが、その途中で事故に遭い、森の中に取り残されてしまう。やがて
山小屋にたどり着いた彼らは、そこで古いカメラを発見するが…。



そのポラロイドで撮影された生き物は現像された姿で死んでしまう
と言う、オープニングで公開実験をしていました数学者がその結果
に満足せずにもう一度写真を撮ってやるとシャッターを切ったら
花瓶の前に博士が・・・誤って博士を撮影してしまい現像された
写真には博士が死んでいる姿が・・・


それから現代、7人の男女が合コンで雪山の別荘に向かう途中鹿が
飛び出してきて事故を起こしてしまう、寒さに耐えられず
別荘まで歩いて行くことに、しかしたどり着いた家は写真と違う
家だった。
いずれにしてもこの家で助けてもらおうと訪れる7人家の中には
住人がいませんでした。
そしてあのオープニングのポラロイドカメラが・・・


それから7人が次々と写真を撮ってはその通りに死んでいくという
まぬけっぷり、最初の犠牲者が出たところでこのカメラがどういう
代物か判明するのですが、別に意思を持っているわけでは亡いので
単純にカメラを隠しちゃえばすむことなのにいつまでも誰かが持っ
ており、誤ってシャッターが入れたら鏡の方を向いていたために
自信を映しちゃうとか、そんなの信じられないといって撮影しちゃ
うとかそろいもそろって馬鹿ばかりです。


終盤3人残ったところで電気が消えたときに何者かがシャッターを
切ってしまう、明らかに悪意ある行動で誰が取ったんだと切れる
どうやら一人は悪意ある人物のよう、そして・・・
やっぱり主犯が何もしなくても勝手に自滅していくので見ていて
あきれかえって面白くないんですよね・・・
中盤はその人物の行動と言動があからさまなのですぐに真相を見抜
けちゃいます。
ネタはよくある設定ですけどもったいない演出でした。
ただ女性陣はロシア美女でよかったです





ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 11:30 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3940