B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『コールド・スキン』

JUGEMテーマ:映画

コールド・スキン 制作年:2017年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:スペイン・フランス
 上映時間:106分
 原題:COLD SKIN
 配給:ハピネット
 監督:ザヴィエ・ジャン
 主演:レイ・スティーヴンソン
     デヴィッド・オークス
     アウラ・ガリード
     ウィンズロウ・イワキ

夢破れた青年‘友’は、新しい気象観測員として南極海の果ての無人島へとやってくる。そこに
暮らすのは、彼と変わり者の灯台守グルナーの二人だけかと思っていた。ところが夜が更け始め
ると、その島には大群の‘人ではない生き物’たちが押し寄せてくる。灯台を要塞とした、二人
VSクリーチャーたちの戦いが始まる。



南極海の無人島を舞台にした人間とクリーチャー達の戦いを描いて
います。
そこには観測員と灯台守の二人がいます
観測員は1年に一度交代となりますが主人公は前任者と交代するため
にこの無人島にやってきます。
しかしそこに居たのは灯台守一人でした。
観測員はチフスで死んだという灯台守のグルナー、しかし今では当
たり前ですが南極ではウィルスや最近は大気中を舞わないので
病気にはならないんです。
ましてやチフスなんて起こりようがないわけで今なら嘘とすぐバレ
ます。
時代背景が第一次世界大戦前なのでそういった知識がないのかもし
れませんがw
観測員は1年で交代だけど灯台守は交代しないのかって話です


クリーチャーは半漁人で夜になると大量に襲ってきます
1年間灯台に立てこもって防衛していくわけですね・・・
グルナーは灯台に女性の半漁人を買っていて飼い主とペットだと
扱いが酷いです。
それを見て主人公が優しくしていくわけでいつしかクリーチャーと
半漁人の絆も深まっていきます。
結果人間と半漁人はわかり合えるという感じに・・・


結局半漁人達が灯台を襲うのは人間を襲っているのではなくグルナー
を襲っているだけ、奪う物奪われる物を描いているわけではない
オープニングで観測員の小屋でくつろぐ主人公前に現れたのは
1体ですがそいつも主人公がグルナーなのか確認生きたという感じ
お互いがお互いの姿をはっきり角に出来ていないわけで半漁人は
攻撃されたことで小屋にいるのがグルナーだと判断した
なので次の日の夜大量に現れ襲ってきたと考えられます
また主人公一人の時に半漁人達が現れますがこの人は優し人と
彼女に聞いているらしく襲っては来ません、半漁人のターゲットは
グルナーで彼ではないことがうかがえます


しかし灯台にいる時は一緒に戦っているので襲われても仕方があり
ません、彼も結構同胞を殺しているんだけどね
さてグルナーの正体もわかり彼が何故彼女を独り占めにしようとし
半漁人を目の敵にするのかは彼女を奥さんの代用品にし独占しよう
とする彼女を連れ戻そうとやってくる半漁人を片っ端から殺したこ
とで彼らに恨まれ毎晩襲撃されている、フレンドは最初にその誤解
が解けていたらもしかしたら襲われていなかったかもしれないし
同じ人間だから仲間に違いないとやっぱり襲われていたかもしれま
せん、ラストですがなるほど確かにフレンドは人間社会からこの無
人島に逃げてきた身、彼がここに残るのもうなずけます
前任のグルナーとの違いは彼女に固執しない彼は半漁人立と共存
を選んだかもしれないって感じです。



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:34 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

他のブロガーさんも含め、中々色んなブログを巡回する時間が私にも最近なくなりまして、感想記事を書くだけで精一杯になっちゃっています。
けどなんとか1日1本は鑑賞するという目標だけは継続させています。

この作品は鑑賞しました。
個人的には面白く観れました。
籠城するという設定が割と好きなのと、そのクリーチャーがわらわらと出てくる描写が気に入ったからかもしれません。
B級ものではありましたが、話の進め方が良かった点も含めて楽しく鑑賞できました。

久しぶりの訪問になってしまい申し訳ありませんでした。
たまにスマホを通してせつらさんのブログは拝見させて貰っていますので、又気になる作品の感想が上がっておりましたら足を運ばせて貰いますね。
それでは本年もどうぞ宜しくお願い致します。
| ヒロ之 | 2019/01/08 19:51 |
忙しい中でも一日一本映画を見ているのは凄いですね、若い頃はこのブログを始めたくらいの頃は
一日3本ぐらい見てたものですが(−−;
パッケージ的には期待してなかったんですが実際見てみると思いのほかしっかりしていて
面白かったです。
ラストは今度は友好的な主人公が灯台守になったので共存できるのでは?
でも第一次世界大戦が勃発したのでわかりませんね
| せつら | 2019/01/15 23:03 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3923