B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『クズ・ゾンビ』

JUGEMテーマ:映画

クズ・ゾンビ 制作年:2017年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:83分
 原題:ATTACK OF THE SOUTHERN FRIED ZOMBIES
 配給:竹書房
 監督:マーク・ニュートン
 主演:ティモシー・ホーグ
     メーガン・フュー
     エスカランテ・ランディ
     ケイトリン・メッシュ

飼料用作物としてアメリカ南部に持ち込まれた外来種の葛(クズ)は、その繁殖力の強さから
急速にアメリカ全土に広がっていった。それを駆除すべく、バイオ研究所「グローボ・バイオ
テク」は新薬クアドキシンを開発、その散布実験をひそかに開始した。しかし、クアドキシン
には恐るべき副作用が隠されていた。それはクズの寄生力を増幅させ、人間の体内で繁殖でき
る変異種を発生させてしまったのだ……。くしくもクアドキシンの散布実験が行われた山林か
らほど近いエリアでは、夏フェスが開催されていて…。



現在アメリカで社会問題になっている日本から輸入され大繁殖した
葛(クズ)を題材にしたゾンビ映画になっています。
アメリカに葛?と言う方も多いと思いますが調べてみると発端は
ルーズベルト大統領だったようですね、彼の思惑通りダム建設に
大いに役立ちアメリカ人達も大喜びしていましたが葛の繁殖力を
侮っていました。
日本には四季があるけど葛が持ち込まれたほとんどの場所が温暖な
地域だったこともあり日本と違い一年中葛が繁殖しまくります
とうとう現在では侵略的外来種に指定されているそうです
日本ではこの事実を知る人は少ないのではないでしょうか
政府が研究して『クアドキシン』を開発し試験的に散布しました
しかし予定とは裏腹に寄生力が増し人間の体内にはりこみゾンビの
ようになるという副作用が、またゾンビと化した人間に噛まれても
ゾンビになります
もともと日本からの輸入だったからか研究者として日本人女性の研
究者フクシマという博士が登場しますよ、舞台はとある田舎町で
夏フェスを開催しているさいちゅう襲われます。
そもそも主人公がアルバイトで散布したんですけどね
その後叔父さんのパイの店を手伝っていました。


主な人物達は彼の友人達でレズビアンと思いを寄せるヒロインが
女性陣ですね、男性陣はバカばっかりです。
主人公と女性陣が生き残るのが新鮮


内容は普通の低予算B級ホラーでゾンビメイクは手抜きです
ラバーマスクがなんとも・・・それ以外はメイクでごまかしていま
す。
低予算なのに無理してCG使っていますが合成も含めて質が悪いです
意外と展開は早いのでそれさえガマンできればそれなりに楽しめる
かも?
エンドロールは最後まで見れます。
途中でゾンビカップルの変なシーンもあり最後には何故か結果がい
いと言う報告が上がり納得するシーンがありました。
これからアメリカ全土でってことでしょうね


ヒロインは黒人で叔父さんも黒人でも主人公は白人という人種的に
も面白い設定でした
女性陣はレズの二人は美人ですが一人は好みの顔なのですが下半身
が太く背も高いのに残念な感じです
もう一人は小柄でスレンダーで可愛いです
二人のサービスシーンは少しですね



フクシマを演じているのはちゃんとした日本人でアメリカで女優と
して頑張っているKiyomi Fukazawaさんという方です
調べてみると結構B級映画に出演されているみたいですね
こうやって地味にハリウッドで頑張っている方が居るのは嬉しいもの
です
何かヒットすれば注目もされるかもしれませしね



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:28 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3903