B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ギャロウズ・ヒル』

JUGEMテーマ:映画

ギャロ渦ヒル 制作年:2013年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:87分
 原題:GALLOWS HILL
 配給:ファインフィルムズ
 監督:ヴィクター・ガルシア
 主演:ピーター・ファシネリ
     ソフィア・マイルズ
     ナタリア・ラモス
     カロリーナ・グエラ

コロンビア州ボゴタ。大学生のジルたちは叔母のジーナたちと旅行中、大雨の中、山道を走っ
ていたが濁流にのみ込まれてしまう。最悪の状況の中、山の古い一軒家を見つけ入り込むが
そこには怪しい老人がひとり住んでいた。この屋敷は元々ホテルで1987年以降は宿泊客がいな
い。しかし、地下室にひとりの少女が監禁されていた。ジルたちは少女を助けようとするが
老人は怯えはじめる。実は、少女には秘密があった―。



レンタルとしては新作ですが2013年に制作された作品になります
内容としてはコロンビアに叔母と一緒に旅行中の主人公の娘を
主人公が迎えに行きます。
期限内に戻らないことを心配してと言うことで、構成は主人公と
娘、そして元奥さんのジャーナリストの妹とそのカメラマン兼
娘の恋人そして今の奥さんという5人です
コロンビアから戻る途中近道だと山道にはいた一行はそこで
地元警察に止められます。
なんでもこの雨でこのへん一体は鉄砲水の恐れがあり危険だから
戻りなさいと言うことでした。
奥さんと娘は危険を察知して引き返そうと提案しますが前の奥さ
んの妹がこの辺は詳しいから絶対間違いないあと10分でメイン道
路に出るからと聞きません、警官に引き返すと約束しておきながら
結局先に進み案の定鉄砲水に遭って車が横転します
奥さんが怪我をして助けを求めて徘徊すると丘の上にホテルが
助けを求めると一人の老人がいてこの状況なのに家に入れること
を拒みます
奥さんの様態を説明してこのままでは危ないからと説得して入れ
てもらうが・・・
条件付きでこの部屋から出てはいけないと言われているのにみん
な勝手気ままに動き回り娘が地下に閉じ込められている少女を発
見、老人に阻止されますが彼女を助け出し幼女を監禁している危
ない老人ときめつけ老人を縛ってしまいます
しかし助けた少女の正体は・・・


ここからが本編で主にこのホテルが舞台になります
ホテルと行っても立派なホテルではないのですが、救った娘は
人間では無かったということで乗り移り方のホラー作品に
なっています
近い作品としてはデンゼル・ワシントンさん主演の『悪魔を憐れ
む唄』が有名ですね
あちらの悪魔は結構自由に行き来でき宿主から外に出て時間内
二寄生しないと死んでしまうと言う特徴を持っていて
相手に触れることで乗り移れます
今回は過去この地である魔女が火破りにされ殺されその魔女の
魂が乗り移り自分を火破りにした一族達の子孫を殺そうとして
いるというないようです
元々邪悪なので主人公一家をおもちゃにしているという構図です
最初は状況が飲み込めませんでしたが少女の不審さと閉じ込めら
れていた部屋で見つけた写真そして中盤現れた地元警察の警部
の説明により自体を把握します。
相手を殺してはいけない殺すとその相手に乗り移る性質を持って
いるから、それしか乗り移る方法が無いために対処法としては
相手を殺して自分もすぐ自殺すれば宿主がいなくなり魂が滅ぶよ
うですが、その勇気を持つことが出来ない感じですね
そもそも奥さんや娘を犠牲にすることが出来ない主人公・・・
その辺の覚悟のなさが事態を悪化させたというところでしょうか
警部さんが自分を犠牲にして倒そうとしますが失敗します。


ラストは自分が老人の代わりとなりこのホテルに残り娘を救うた
めに研究するという感じで終わっています
ハッピーエンドではないですがあながちバッドエンドともいえま
せん
女優さん達はみんなお綺麗で良かったです。
お色気シーンは1カ所だけ捕らわれていた少女役の子も凄く可愛
かった。
内容的には十分楽しめたので何故制作された2013年にレンタル
されなかったのか不思議です。
ちなみに実際にギャロウズ・ヒルはあって魔女の言い伝えがある
ようです。



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 17:20 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3890