B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『メイズ・オブ・タイム 時間からの脱出』

JUGEMテーマ:映画

メイズ・オブ・タイム 制作年:2017年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:85分
 原題:INOPERABLE
 配給:エクプリス
 監督:クリストファー・ローレンス・チャップマン
 主演:ダニエル・ハリス
     カティ・キーン
     ジェフ・デントン
     クリスタル・コーデロ

エイミーは、車の渋滞中、突如意識が飛んでしまう。その時刻13:13。次の瞬間彼女は、巨大
ハリケーンが接近している病院の精神科病室で意識が戻る。その病院では、今まさに危険な
人体実験を施術している所であり、彼女を含め患者全員に身の危険が迫っていた。彼女は何
とか彼らを救おうと行動を起こすが、数分後ここでも意識を失ってしまう。次の瞬間、再び
渋滞中の車の中で目を覚ます。時刻は何と13:13だった!そんな現象が何度も続く…。彼女の
身に起こっていることは一体何か?そして最後に判明した衝撃の真実とは?



設定としては面白かったんですけどね、オープニングで病院に運び
込まれた何者か、この際は姿が見えず医師と看護師がストレッチャー
で運びながらハリケーンが近づいており直ちに逃げなさい的な
放送が流れています。
暗転して目が覚めた主人公が病室を出ると誰も居なかった。
徘徊していくとどうにも怪しい、そして気がつくと車の運転席で
車内で時間が来るとまた暗転してベットから目を覚ます。
そのたびに院内の出来事が変化していくかんじです。
そこで見たのは病院のスタッフが患者らしき人たちを拷問している
姿、驚き逃げ出す彼女は待合室で警官と超スタイルの良いタイトス
カートをはいた女性がいました
見るからにまともそうな二人に出会いホットするのもつかのま
彼らも訳がわからず巻き込まれています
結局はタイムリープもののようでコレを繰り返すわけですが
繰り返しているのは主人公だけではなく警官と女性もでした
そして二度目の出会いで彼らから何度目のタイムリープだと聞かれ
状況を把握していくわけですね
しかし主人公は何度も繰り返すのに何の情報も得ないのに二人は
出会う度にこの現象の真相を知っていきます


警官のくせにやたら科学に詳しかったり違和感がありますが
とにかく何らかのパスワード的な数字を発見しないと脱出できない
ことを知ります。
でもその数字を見つけるのは主人公に丸投げでまるで主人公が見つ
けないと先に進まないという感じに演出されております
もちろんこのことは理由がありの後に判明するわけですが・・・
こうして何度もタイムリープを繰り返していくわけですが
ようやく謎が解けて現実世界に戻りましたがここでを終わりと思いき
や残り20分あり・・・まだ何かあるのかと思っていたらここから
ここまでのジャンルを覆してきます。
事故による重体による脱出すれば助かり失敗した者が死んでいる
という霊界の話かと思わせておいてそれごと実は脳内想像だったという
オチでしかもあの終わり方だし・・・


オープニングがまず嘘だよね伏線になっていないし、タイムリープ
する度に象徴的な人物としてブロンドで象のぬいぐるみを持った女性の
患者もどういうことだったのか、彼女自身が主人公のことだったの
か本当に妹だったのか、だったら何故記憶に無いのかなど
もっと詳しく説明してもらいたいところもありますね
ビジュアル的には主人公を演じた女優さんはオープニングの時点で
は美人だと思いましたが病院で目覚めて全身が映ると・・・あれ寸
胴だなと・・・顔もさっきより老け顔だなと・・・
超スタイルの良い女性が現れてからは彼女の方が目の保養になりま
す。
胸の谷間とタイトスカートによる下半身の色気が半端ないですね
そんな彼女と警官の本当の正体もはっきりします
かなりタイムリープが頻繁で数が多くすぐ飽きました
一回が短く先に進まないのが原因ですね、もう少し一回のタイムリ
ープをじっくり描いてほしかったです。
設定も面白いと思うので後は味付けですね、もったいない作品とい
う感じです。



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 17:51 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3888