B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ゾンビー 最凶ゾンビ蜂襲来』

JUGEMテーマ:映画

ゾンビー〜最凶ゾンビ蜂襲来〜 制作年:2015年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:82分
 原題:TSUNAMBEE: THE WRATH COMETH
 配給:ブロードメディア
 監督:ミルコ・デイヴィス
 主演:ステイシー・ピーダーソン
     ルセリス・アウミーン・ペリー
     シェイル・ル・ペイジ

ロサンゼルスを災いが襲い、街は無法地帯と化した。恐怖に怯えながら、必死に‘世界の終末’
から逃れようとする住人たち。だが、その原因は分からず、調査を進めていく中で、ついにハ
チの異常発生が世界のいたるところで起こり、ハチの大群が人を襲っていることが解ってくる。
そのハチの大群を率いる女王蜂こそ、人類の怒りを具現化するために地上に現れた破壊神だっ
たのだ…!!危険を察したJBは、妹のチカ、親友のタブスと共にLAを離れるが…。



とうとうゾンビ映画もここまで来たかという感じで設定としては
面白かったのですがアイデアに技術が追いついていないという感
じで非常にもったいないですね、ただこの発想はB級ならでは
という感じで好きです。
端的に言えば蜂を媒体としたゾンビ映画で基本は蜂を題材にした
パニック作品でそれプラス襲われて刺された人たちがゾンビに
なるという設定です。
この蜂たちはどうやら特殊な蜂のようですがその辺についての説
明はありません、ただどうやら女王バチは人の姿をしているとか
なんじゃそら、オープニングでは探検家がその蜂の巣を探していて
そういう説明をしていました。
どんな蜂だ?
この時点で世界中でこの蜂が猛威を振るっているようですね
そのニュースを見た町の黒人ギャングは町を脱出しますが
途中で白人に道を阻まれここは私有地だ通さないいやそれどころ
ではない通せの喧嘩になります
そこに女性保安官が現れ場を仕切りますがそこに蜂たちが襲って
きます。


こうして彼らは安全な場所を求めてって感じで展開し
町から脱出し見渡す限り何もない幹線道路から田舎の山にうつり
余計な描写処理をしないで済むようにしています
低予算でゾンビやウィルスやパニック系などはCG処理を少なくす
るための人の少ない田舎町や山を舞台にするのは常套手段で
この作品も当然そうなっています
なので蜂のパニック具合も派手ではなくゾンビ至っては終盤に
登場します。
これといったメイクもしていないのでげんなりです。
アイデアは面白いのビジュアル的にも脚本的にも残念な仕上がり
なのがもったいないですね、役者さんも演技が下手だし演出も
酷いですカメラワークも素人が見ても見づらい感じです。
っでなぜ女王バチがあなたなの?
人に育てられそれなりに幸せそうだったのに何故人に仇なすのか
も分かりません、しかも神に傾倒していて神様を信じてとか
いってたのに設定に一環せいがないように見えました。
せっかく協力して生き残ったのに最後はあの展開・・・どうした
いの?
そんな映画です。



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:45 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3883
| 銀幕大帝αTB受付 | 2018/05/27 12:45 |
TBはここにお願い致します。