B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録』

JUGEMテーマ:映画

ホーンテッドテンプル〜顔のない男の記録 制作年:2016年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ / 日本
 上映時間:78分
 原題:TEMPLE
 配給:KADOKAWA
 監督:マイケル・バレット
 主演:ローガン・ハフマン
     ナタリア・ワーナー
     ブランドン・タイラー・スクレナー
     竹中直人
     内田朝陽

殺風景な部屋に並ぶモニター。それを挟むように向かい合うスーツの男と、防菌ビニルに覆わ
れた車椅子に乗った顔中包帯巻きの男。記憶を失ったのか、質問に答えられない男に突きつけ
られたモニター。日本を旅行する外国人3人の記録が再生される。幼なじみのケイトと共に
日本にいるケイトの彼氏・ジェームズのもとに訪れたのは、撮影オタクのクリストファー。
偶然入った骨董品店で、「語り部」という古書を手に取り、そこに描かれた寺に興味を持つケ
イト。その場所をつきとめた一行は、宿で出会った少年に導かれその寺に着くが…。



日本を舞台にしたハリウッドホラー作品と言うことで借りてみました。
この手の作品にはありがちな日本ぽい場所での撮影で日本人役は中国人
と言ったこともなくオール日本ロケでキャスティングも脇役から
エキストラまできちんと日本人を使っているところは好感が持てました
舞台は曰く付きの神社になり日本ロケといっても田舎と山がほとんど
で安く済ませている感じ日本人俳優としては刑事役に竹中直人さん
通訳役で内田朝陽さんが出演されていました。
逆に外国人俳優さんは主人公とヒロインと彼氏の3人で主人公が日本語を
話せるという感じです。
日本に旅行に来たのは日本の神社が好きなヒロインが日本にいる彼氏
と合流し幼なじみの主人公を通訳代わりと3人で神社巡りをすることに
ふと立ち寄ったお店で見つけた古書に曰くありげな神社が紹介されており
一目で気に入ったその神社にヒロインが行きたいと言い出します
主人公が店の主人にその本を見せてこの神社にいきたいから本を売って
くださいというと急にうろたえその本は売り物ではないもう店を閉める
から帰ってくださいとまで言われちゃいます。
ここでヒロインにいいところを見せたい主人公は夜るもう一度お店を訪れ
るのでしたがそこには男の子が・・・ここの店番をしてるんだという男の
子、その子に本を譲ってほしいと話しかけ・・・
こうして本を手に入れた主人公はヒロイン達とその場所に無合い・・・
正直怖い映画ではなくどちらかというと退屈です。


どうにも主人公に嫉妬するヒロインの彼氏3人でいるとギクシャクし
展開的にこの三人の関係の微妙さを終始描いている感じになっています。
謎の男の子も神社がある田舎のひとつしか無い宿で再び出会い
僕ここの子供だよと・・・そんな偶然はないw
と言うわけであ〜何かあるなと容易に想像が付いてしまいました
結局のところその神社の曰くというのはオープニングでも語られている
ように過去子供が数人行方不明になっているということで
それだけだったらあのお店の主人が顔色を変えてお客を追い出し店を
閉めるまで言わないはずです
そこまでさせる何かがあるのですが・・・
結局あの狐の化け物と子供達・・・何それという感じでした。
映画の構成としては三人のうち一人が助かっています。
しかし顔を包帯で巻かれ誰なのかは分かりませんとはいえ男性なので主人
公か彼氏しかいないのですが


病院で彼に事情を聞くためにやってきたのが刑事役の竹中さんで
その通訳として内田さんが出演されています。
二人が話を聞き彼が話す内容が流れるという構成になっていますね
そうなると自然に語りの中心人物が本人ということになるので包帯で顔を
隠してサプライズ感を出そうとしてましたがもうバレバレでしたね
最後も突然終わりという感じであっけにとられました
ちゃんと完結してよと・・・結局のところあのお店に入った時点でターゲ
ットになっていたと言うことなのでしょうが
まあ時間も70分台の作品なので不説明な部分が多いのは仕方が無いのかな



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:27 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは。
ヒロインと彼氏の、主人公と3人1部屋なのに
ちょめちょめしだすとことか、デリカシーが全く感じられなくて
好感度低かったですね

あとこの手の映画にありがちな、
その辺の田舎の日本人が英語を流暢に話すのも、違和感凄かったです
よしんばサラリーマンはいいですよ
でもおじいさんはないですよ。

ラストオチにしても、オチってないのにはびっくりでした
恐怖表現が、説明いっさいがっさいないので、恐怖たりえないんですよね
冒頭の少年6人行方不明とか、僧侶とか、いい感じだったので
余計にがっかりです。
| maki | 2018/05/10 16:49 |
makiさんコメントありがとう


3人で1部屋なのに始めちゃうカップルはバカなんじゃないかと思いますよね
そもそも実は彼氏には内緒で幼なじみと良い仲になってましたというオチが
つくのだけどだったらヒロインも求められても断れよって話ですよね
一応主人公が片言ですが日本語を話せるのですが飲みやでのシーンは
サラリーマンが日本語を話している外国の人に英語で話しかけるのは
意味がわかりませんよね
ラストはホント落ちてないですよね、むしろ終わりかけてるのに途中で
撮影辞めちゃったような感じでした。
| せつら | 2018/05/13 19:21 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3882