B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

JUGEMテーマ:映画

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 制作年:2016年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:152分
 原題:BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
 配給:ワーナー・ブラザーズ
 監督:ザック・スナイダー
 主演:ベン・アフレック
     ヘンリー・カヴィル
     エイミー・アダムス
     ジェシー・アイゼンバーグ
ダイアン・レイン
ジェレミー・アイアンズ
ガル・ガドット

神に等しい力を持ちながらも"正義の味方"から"人類の脅威"へとなってしまっ
たスーパーマンに、"生身の人間"であるバットマンはいかにして立ち向かうの
か?そして、この壮絶な死闘の果てに待ち受ける、本当の正義とは??


スーパーマンに関しては『スーパーマン リターンズ』しか見ていな
いので今のスーパーマンこんな感じなんだと感心しました。
目からサイクロプスばりの光線を発射し飛ぶときも凄いですね
怪力描写もド派手だし初代スーパーマンならたいしたことないなって
思えるけどこれでは人間では手も足も出ないのはわかりますね
バットマンは対抗できるの?
って感じでしたがそこはスーパーマンの弱点を突いて弱体化させ自分
の土俵に上げて戦うことで戦い慣れしているバットマンが有利になる
というのがまあそれしかないよねって感じです。


バットマンがスーパーマンに悪意を持つのは彼がやってきたときに起
こった衝撃波で町全体が破戒され多くの人が死んだ自分の会社も被害
にあい大切な社員達を失ってしまうのを目撃してしまう
それからのスーパーマンは悪を退治して社会貢献しますがバットマン
ことブルース・ウェインは彼を許しはしなかった。
スーパーマンも自分を敵視するバットマンを意識するようになります
その二人の関係をレックス・ルーサーにつかれてしまい・・・


ただの科学者に過ぎないルーサーは自分が二人の邪魔者を消すには
どうすればいいのか理解しており多くの伏線を張り二人が対決するよ
うに仕向けていくという感じ、しかし思い通りに行かなかったことで
最終兵器として『マン・オブ・ザ・スティール』でのラスボス
ゾッド将軍に自分の血を混ぜてドゥームズデイと言う怪物を解放して
しまいます。
それぞれに見所がありスーパーマン無双にバットマン無双も披露して
くれラスボス戦にはワンダーウーマンが現れスーパーパワーを
披露してくれます


この作品で単体映画の『ワンダーウーマン』への顔見せが完了します
またブルースがフラッシュやデミヒューマンを集めるシーンは
ジャスティスリーグへの伏線です。
すでにこの作品の制作前からジャスティスリーグ』の制作は決定して
いるということですね、フラッシュを始めとするジャスティスリーグ
で主役を張るヒーロー達の姿見せワンダーウーマンの活躍
彼女の昔の写真を披露することでもうすでに配役も決まっていたこと
が示唆されていますね、この作品を見るとスーパーマンとワンダーウ
ーマンだけでよくない?って感じですけど
この二人にはどのヒーローも勝てないでしょ
後一応ヒロイン枠だったエイミー・アダムスの整形鼻のとんがり方が
角度によって醜くなってる・・・
日本人女優でアメリカで頑張っているTAOさんもルーサーの秘書役で
出演されてますね、『ウルヴァリン・サムライ』にてヒロインをされ
ていた方です。
スタイルが良くて美人なのでこういった大作に早くとはいえ出演され
ているのは日本人として嬉しい限りですね
今後も頑張ってもらいたいです。



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 10:29 | 【MOVIE】 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
明けましておめでとうございます。
年末感のあまりない正月を迎えております。
料理だけは並ぶものの、年末年始の感覚がまったくないです。
せつらさんはどんなお正月を過ごされているのでしょうか。

「ワンダーウーマン」をみてからのこちらの作品鑑賞でしたので、
ガルガドットさんの役回りとかよく理解して見れたと思います
先にこちらをみていると、唐突感覚があったかもしれませんね

それでは
今年もよろしくお願いいたします。
お風邪なひかれぬようお気をつけて。
| maki | 2018/01/01 17:19 |
こんにちは。
お引越しのご連絡に参りました。
現在のムラゴンブログから
gooブログへの引っ越し作業中です
既存ブログにお知らせページをつくりましたので
よろしければご覧ください。

しばらくは、古い記事の中に新しい記事が混在することになるので、
ややこしいですが、申し訳ありません
URLに新しいブログのURLを記入していきますね。

こんなことになるなら、JUGEMのまま記事だけ置いておけばよかったなあ、と為政sら思います。次に引っ越すということになったら、記事は全部置いていこうと思います。

| maki | 2018/01/05 15:17 |
MAKIさん明けましておめでとうございます。昨年は仲良くさていただきありがとうございます
年末間・・・確かにありませんでしたね新年間も実感していませんが(^^;
一応年越しまで起きていましたが気がついたら過ぎてた感じです。
私も先に『ワンダーウーマン』を見てのこの作品でした
クロスオーバーさせるのはかまいませんが先に『ワンダーウーマン』を公開して
この作品につながった方が良かったかな
| せつら | 2018/01/06 08:27 |
せつらさん、こんにちは!
新年明けましておめでとうございます。

アメコミ映画は多くのキャラクターが存在するので、幾らでもスピンオフ作品や、単体の作品が出来そうですね。
昨年は「ワンダーウーマン」が本当に拾い物でした。

せつらさんのB級映画批評は個人的に楽しみにしている一人ですので、今年も参考にさせて下さい。
どうしてもB級映画て、借りるかどうかに迷いが生じてしまいますので、せつらさんの感想を読ませて貰って、よし借りてみようと思う事も多いです。
今年もせつらさんのスタイルでブログ運営をしつつ、マイペースに更新していって下さい。
パソコンを開いたらせつらさんのブログはチェックしておりますし、マニアックなB級映画のレヴューも楽しみにしております。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
| ヒロ之 | 2018/01/06 15:24 |
せつらさ〜ん、コメントくださったのに
大変申し訳ありません、新ブログの件ですが

http://maki5515m.com/

に変わりました。
本当に申し訳ないのですが、お手数ですがリンクの張替えを宜しくお願い致します。
gooのほうにもmuragonのほうにも告知ページつくってありますが、
課金していくスタイルになりましたので、簡単に引っ越しとか、もう後戻りできない状態に自分を追い込みました@@;

二度手間まことに申し訳ありませんが、
張替えの方宜しくお願い致します。

それとブログ名もかわりまして、
キネマびっけ となりますので
「いやいやえん」じゃない、どこだここ!となりませぬよう
ご注意くださいませ。

それではどうぞこれからもよろしくお願い致します。
| maki | 2018/01/06 20:30 |
ヒロ之さん明けましておめでとうございます

近年特に年齢を感じさせられるようになり映画も毎日とか続けてみたりとか
できなくなってきました
哀しいですね〜
昔は毎日仕事から帰って寝るまで3本ぐらい見てたのに(^^;
『ワンダーウーマン』は作品自体の評判は悪かったけど主演のガル・ガドット
さん個人の評判がすこぶる良かったので借りましたが
彼女の魅力にやられちゃいましたね
お互いB級映画参考にしながらよりよいB級映画を探していきましょう
今年もどうぞよろしくお願いします
| せつら | 2018/01/07 12:33 |
makiさんコメントありがとう

リンクの件了解です。早速ブログ名とURL変更しておきました。
無料フリーブログだとサービス終了などの際に何年も書きため
た記事が無駄になるからと霊のサイトを利用する方が増えてい
るようですね
なかなかの知識を持っていないといけないようなので私は
もうこちらで満足です
それに記事が多過ぎてもう引っ越しするのも面倒ですしね(^^;
| せつら | 2018/01/07 12:38 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3845