B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『2020』

JUGEMテーマ:映画

2020 制作年:2017年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:88分
 原題:SHOCKWAVE COUNTDOWN TO DISASTER
 配給:AMGエンターテイメント
 監督:ニック・ライオン
 主演:ステイシー・オリスターノ
     リブ・ヒリス
     ブルース・トーマス
     クリス・アッシュワース

各地で史上最大規模の地震や嵐が起き、フランス、ロシア、日本と被害は拡大していた。世界中が
衝撃に揺れる中、秘密工作員のケイトは科学兵器、通称‘ヘルストーム’が作動してしまったせい
だと政府に指摘する。しかし、その存在を政府は認めようとしなかった…。その頃、ケイトの夫
ロブと娘ジェシーが訪れていたカリフォルニア州立公園では、大きな地震が発生し地面が避け、嵐
が巻き起こり死者が出ていた。そして、アメリカ全土へと拡大する、大地震、大噴火、大竜巻。彼
ら一家を追うように、未曽有の大天災が次々と地球を飲み込んでいく


いつもの低予算ディザスターB級パニック映画になります。当然ながら
CGはショボショボで映像演出も素人に毛が生えた程度で役者の大半が
下手・・・ここまで書けばわかると思いますが見るに堪えない作品です
最後まで見るのは私ぐらいだろうと自負しておりますW
災害自体は世界規模ですが決して世界で起こっていることは見せてくれ
ませんそれどころかアメリカで起こっていることも見せてくれません
見せてくれるのは主人公の周りだけW
アメリカ政府が作った兵器をテロ組織に盗まれたということなので
火消しと自分の保身しか考えない対策本部の上司が事態を悪化させると
いう感じです。
爆撃して兵器ごと破戒したからそんな物は存在しないといいはる
当たりは笑っちゃいます


ケイトが爆破した後からの天変地異発生と兵器のとの関連性をレポート
にして提出するも受け付けずって感じです
そうしている間に言い訳できないほどの自然災害が世界で起こり始め
あっさり兵器は存在するといいだしてしまう
しかし自分の保身しか考えていないのでやることがちぐはぐなうえに
ケイトに協力しないという始末でした


オープニングでケイトを救出してくれた兵士が今回も手伝ってくれて
用意したミサイルの撃ち込みを実施するという感じです
やはりこういう作品は主人公が学者で最終的には家族を優先してしま
い人類を救うことを放棄しがちですがこの作品では主人公は娘にきっ
ぱり一緒に逃げようという言葉にノーを突きつけます
そこだけ良かったです。
家族を台無しにしても世界を救うを選ぶと彼女はきっぱり言います
いつかわかるときがくると言いますが今分かれよって感じです
ちなみに娘は大学生です。
世界を見捨てて家族と居る方を選ばせようとする意味がわからないで
すね
借りに主人公に救う力が無いのにっていうことならわかるけど
主人公には世界を救える知識と行動力があるわけですから
まあ褒められるのはそのシーンだけですW



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:55 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3794