B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『エンド・オブ・トンネル』

JUGEMテーマ:映画

エンド・オブ・トンネル 制作年:2016年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:120分
 原題:AL FINAL DEL TUNEL
 配給:クロックワーク
 監督:ロドリゴ・グランデ
 主演:レオナルド・スバラーリャ
     パブロ・エチャリ
     クララ・ラゴ
     フェデリコ・ルッピ

事故で妻と娘を亡くし自らも車椅子生活となったホアキンは、自宅に引きこ
もり孤独な毎日を送っていたが、貯金が底をついたため自宅の2階を貸し出
すことに。そして住みはじめたストリッパーのベルタとその娘に亡き妻子の
姿を重ね、少しずつ明るさを取り戻していく。そんなある日、自宅の地下室
で奇妙な音を聞いたホアキンは、悪党たちが地下にトンネルを掘って銀行に
押し入ろうとしていることに気づく。さらにベルタが彼らの協力者であるこ
とを知ったホアキンは、ベルタ母娘を泥沼から救い出すべく、悪党たちから
現金を奪い取ろうと思いつく。


すでに設定から突っ込みどころしかないアルゼンチン制作のサスペ
ンス作品になります。
主人公が車椅子と言うことで行動範囲は自宅のみあとは銀行強盗が
掘った穴なの中しかも終盤のみという感じで、それはそれで名作
『裏窓』のように良質なサスペンスに仕上げることは可能なわけで
この作品の場合は銀行強盗が主人公が棲んでいる家の間隣で
穴を掘る作業をしているところ、常識で考えればあり得ない
ばれないために自分の彼女と娘を隣の家に住まわせ監視させよう
という感じの設定でしたがそもそも必要か?


って話、だから人が棲んでいる家の横で作業するなってことですか
ら監視の役目だったらヒロインも主人公地下の部屋で作業させちゃ
駄目だろってことです。
おかげでばれちゃった。そもそも犯人グループうるさい普通の音量
でしゃべるな、壁薄すぎ!
完璧な計画のはずだった・・・どこが?


ヒロインが転がり込んでくるのも超怪しいあの強引さは逆に怪しま
ないと駄目あの感じだったらきっぱりお断りしそれでも強引に
棲もうとするのなら警察を一度呼んでおいてもよかった。
まあ棲ませたとしても自分はストリッパーだと言うわりに夜仕事に
行かないことを突っ込めと言いたいしそもそも仕事してないだろっ
て家賃払えないだろって
ここで思いつくとしたら家主といい仲になってお金を払わずに住み
続けようとしてるのでは?


ってまず怪しむものだし、ただ美人で子ずれと言うこと以外は
明らかに怪しすぎるのだけど
っでやっぱり銀行強盗の一味だったことを知った主人公はここで
彼女と娘を強盗のリーダーから解放して自分の・・・と考えちゃう
下半身が動かないのによく頑張ったし最後は頭を使って共倒れ
させたしその辺はそれなりに楽しめたけど


いろいろと破綻してるのでなんかラストのハッピーエンドも
腑に落ちないという・・・
緊張感のない内容でサスペンスとしては面白くないです。


ヒロインを演じた美人でスタイル抜群のクララ・ラゴさんのセクシー
画像です





ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:21 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3765
| 銀幕大帝α | 2017/05/16 20:34 |
AL FINAL DEL TUNEL/AT THE END OF THE TUNNEL 2016年 アルゼンチン/スペイン 120分 サスペンス/犯罪 劇場公開(2017/01/28) 監督: ロドリゴ・グランデ 脚本: ロドリゴ・グランデ 出演: レオナルド・スバラーリャ パブロ・エチャリ クララ・ラゴ フェ