B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ラン・スルー・ザ・ナイト』

JUGEMテーマ:映画

ラン・スルー・ザ・ナイト 制作年:2016年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:ロシア
 上映時間:93分
 原題:CHISTOE ISKUSSTVO
 配給:プライムウェーブ
 監督:レナート・ダブリティアロフ
 主演:アンナ・チポフスカヤ
     ピョートル・フョードロフ
     コンスタンティン・ユシュケヴィッチ
     イリヤ・ルビモフ

サーシャは美貌のフリーカメラマン。ある夜、恋人の若手画家アンドレイを
何者かに殺され、身に覚えのない殺人容疑で指名手配されてしまう。犯人を
目撃していたサーシャは、殺し屋に追われ、必死の逃亡を続ける。謎を解く
唯一の鍵は、アンドレイからの最後のメールに添付されていた絵画の写真。
手掛かりを追うサーシャの行く先で、次々と謎の死を遂げる美術関係者。
次第に明らかになる、絵画贋作を巡る国家的な陰謀。そして彼女は、決死の
反撃を開始するが……。


犯罪の規模が国家規模になったロシア版『逃亡者』といったところで
しょうか、細かい部分もよく似せてありますね
逃亡するのは恋人を殺害され犯人の顔を目撃したヒロインで犯人から
も追われ国の秘密警察的な組織からも追われ彼女は自分で事件の真相
を解明しようと動きますが後手に回り犠牲者が増える一方そのせいで
彼女は連続殺人犯として指名手配されてしまいます。


殺された恋人アンドレイは有名な画家だと思っていましたが
調べていくうちに画家ではなく修復しということが判明していき
そして彼が手がけた安い他の国の作家の絵をロシア美術に修正して
金持ちに売りさばいていたことが判明、なぜ自身も暗殺されこんな
大事になってしまったのか彼は一体何に手を出してしまったのか
という感じです。
ただ見ていてすぐほぼ逃亡者だなと感じたおかげで真相も黒幕も
バレバレでした。


逃亡者と比べてアクションは控えめで逃亡シーンもなんかぐだぐだ
でこれだったら『逃亡者』を再見した方が面白いと言ったところで
しょうか、ロシア作品なのでロシアン美女を期待していましたが
ヒロインのかたは口がおちょぼ口なせいで顔のパーツのバランスが
あまりよろしくないです。
後半に登場する彼女の元親友の方がヒロインにふさわしいと思った



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:28 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3735