B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『パンデミック・サイト』

JUGEMテーマ:映画

パンデミック・サイト 制作年:2013年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:カナダ
 上映時間:90分
 原題:ANTISOCIAL
 配給:竹書房
 監督:コディ・キャラハン
 主演:ミッシェル・マイレット
     コーディ・レイ・トンプソン
     デヴィッド・ファウスティーノ
     アダム・クリスティ

ソーシャル・メディア・サービス「レッドルーム」が全世界で大流行、世界中の
誰もがこのサイトに動画や写真を投稿してつながりあっていた。大みそかの日
女子学生のサムは突然レッドルーム上で彼氏に別れを告げられ、衝動的にアカウ
ントを削除、そのまま友人のマーク宅の年越しパーティーに参加する。しばらく
パーティーを楽しんでいた若者たちだったが、そのうちにレッドルーム上のチャ
ットやニュースでただならぬ異変に気づき始める…。


ソーシャルメディア・サービス『レッドルーム』が世界的に大流行
し主人公達も自分のアカウントを持っていましたが一夜にして
町中の人々が凶暴化してしまいます。
TVではどうやらウィルスのようだけど詳細はわからないまま
そんな中動画を使って何が起きているのか判明します
ウィルスに感染すると幻覚を見るようになり鼻と耳から血が流れ出
す。この段階が見られたときはもう遅いと言うことですね
新年を祝うために集まった主人公達は家から出ることができずに
立てこもりますが仲間たちが次々発症していき・・・・
という内容です。


レッドルームのページを開いていると感染するようで人から人では
ないようです。
あくまでも理性を失った人たちと言うことですが最終的にはゾンビ
という第2変化が起こるところで終わりました。
ネットで広がるけど情報はネットから発症しない対処策もネットか
らでしたネット社会らしいゾンビ映画という感じですね
そもそもなぜレッドルームなのか、それも動画を使ってレッドルー
ムの職員が説明していました
会社がより利益を得るために暴走したのです。


そもそもはウィルスではなくサブリミナルを仕込んだのですが
それが独自に変化したと言うことらしいです
もともと幻覚と鼻と耳からの血という副作用は判明していたのに
利益優先でそのまま流し続けた結果と言うことです。
ゾンビ映画といえるか微妙なところですが『ON AIR オンエア 脳・
内・感・染』に似てるなって思いました。
基本的に家の中が舞台で外に出るのはラストのシーンだけとなりま
す感染者が大量にというシーンもなくゾンビ映画としては
ちょっと物足りない内容ですけど
脚本は面白かったです。
二人の女優さんもお綺麗だしね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:15 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3734