B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ギャラクシー・スクワッド』

JUGEMテーマ:映画

ギャラクシー・スクワッド 制作年:2014年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:オーストラリア
 上映時間:112分
 原題:AUSTRALIENS
 配給:ミッドシップ
 監督:ジョー・バウアー
 主演:リタ・アートマン
     ダグ・ハッチ
     タマラ・マクラフリン
     エマ・ランドール

オーストラリア・ブリスベン。売れないバンドのボーカル、アンディは
10歳の時にUFOと接近遭遇して超能力を得て以来、27歳になった今もエ
イリアンの存在を信じている。ある晩、突如として空を覆うおびただし
い数のUFOが飛来し、ブリスベンの街に空爆を始める。オーストラリア
軍が応戦するが、アメリカ大統領は援軍の派兵を拒否。圧倒的戦力によ
る攻撃で町が壊滅状態になる中、アンディに父親から「母親がエイリア
ンに誘拐された」とのメールが届く。アンディは世界を救うべく、バン
ドの仲間とともにエイリアンに戦いを挑む決意を固める…。


タイトル的には『スーサイド・スクワッド』に便乗していますが
内容は便乗作品ではありません、SF侵略コメディですね
大笑い小笑いはありませんが思わずクスリとする感じで面白い
というより割と楽しい作品でした。
笑いの部分がちょっと古くさい感じでネタ的には第一次漫才ブー
ムのころのようなネタですね、エイリアンやUFOですがもちろん
CGでリアル系というよりアニメ系CGでした。


オーストラリアだけ襲われタスマニアは無傷という主人公が
それに対して激怒しますが最後それがネタ振りになっていました
小ボケが多くテンポはいいですけどね〜


結局はこの笑いが受け入れられるかってところでしょうか
笑いに厳しい方にはちょっと厳しい内容なのかも
設定的にはオープニングから子供だった主人公が本編では
売れないロック歌手に成長しており自分が子供の頃にUFOに超能力
を授けられたという話をしてどん引きされるという部分は
ちょっと笑えました。


終盤ちょっとグダグダするのが残念ですね、漫才度かぶせは3度
という基本がありますがやはり3度以上かぶせてくるとダレますね
後は後日談は余計だったかな、ダレてるうえにまだあるのかよっ
て感じになってます。
今回の注目は主人公アンディの友人役のタマラ・タマラ・マクラ
フリンさんがめっちゃ可愛くて好みです。
本来は金髪の方みたいですが私が日本人だからこの映画のような
黒髪が似合っているように思えます。


主人公を演じたリタ・アートマンさんはずっとウィッグをかぶっ
ていて頭が大きく見えスタイルがちょっと不均等なかんじで
残念でした。
終盤ウィッグを取り替えるシーンがワンカットだけありましたが
地毛の方がいいのにと思いました。
個人的には楽しかったし当然B級映画ではありましたがみんな
楽しそうだったのが印象に残りました。
きっと撮影の時もみんな楽しんでたんだろうなと想像できます。



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:27 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3720