B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ライト / オフ』

JUGEMテーマ:映画

ライト / オフ 制作年:2016年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:81分
 原題:LIGHTS OUT
 配給:ワーナー・ブラザーズ
 監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
 主演:テリーサ・パーマー
     ガブリエル・ベイトマン
     ビリー・バーク
     マリア・ベロ

実家を出てひとり暮らしをしていたレベッカは、怯える弟から‘電気を消すと
何かが来る’と悩みを打ち明けられる。にわかには信じがたい話だったが
レベッカには心当たりがあった。彼女が家を出た理由も、その何かだったのだ
弟も苦しめられていると知り、今度は逃げずにその正体を突き止めようと決意
したレベッカ。いくつもの照明を用意して、いざ実家に乗り込んだ彼女は、や
がて母ソフィーの恐ろしい秘密と向き合うことになるのだったが…。


テリーサ・パーマーさん主演のホラー作品ですね、彼女のホラー
といえば新人時代の『呪怨3 パンデミック』かなハリウッドリメ
イクシリーズ3作目になりオリジナルビデオでした。
何でこんなに可愛い子がオリジナルビデオなんかに出てるんだろ
うって思ってましたがあっという間に売れっ子になったのはビッ
クリしました
着実にキャリアを積んですばらしい美女女優に成長しましたね
モデルもされているそうでスタイルもよいし


お母さん役にマリア・ベロさんが仕方が無いけれどすっかり年齢
を重ねてますが今では美熟女という感じですね
オープニングから暗闇に潜むフレディバリの爪を持った女性の
黒い影が襲ってきています
彼女が今回の悪霊というところでしょうか、しかしこれが黒い影
のシルエットなのにそのスタイルの良さがくっきりわかる
感じで黒いするエットなのに絶対美人じゃんと思わせる感じが
うまいですね、おかげで怖さがないんですよ
むしろもっと見ていたいって気がしました


この辺は男性なら共感してくれるかと思います。
それもそのはずですね『ワンダーウーマン』に選ばれた
アリシア・ヴェラ=ベイリーさんで『アバター』にも出演されて
いましたがこちらは全身特殊メイクなので判別できないですが
スタイルには定評がありますね




ただ終盤は姿がちらほら見えますが流石に特殊メイクではだが
やばいですし顔も酷くメイクされています
彼女と母親は精神病院で一緒でした。お母さんは精神を病んで
子供時代は病院に入院していてそこで彼女と友人になったのです
彼女は特殊な病気で光に肌が弱く光の当たらない生活をしていま
した
しかしホラーとして扱われていますが実際にこの病気はあります
患者さんは外に出るときは肌を露出しない格好でいなければなら
ず凄く大変そうでした
一時的な病気ではなく一生つきあっていかないといけない病気で
もあるのでかわいそうですね
この映画ではそのせいで両親からも疎まれ病院の子供達からも魔
女とさげすまれてきた彼女が革新的な治療という名目で治療中に
死んでしまいます。
その恨み辛みが悪霊として復活しかつての親友だったお母さんの
元へ、お母さんと二人っきりになるためそれを邪魔しようとする
自分を消そうとする者を排除していくという内容です
しかし恐いかと言われるとちょっと微妙ではありますけどね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:11 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
偽クリステンから主演女優へ…

明けましておめでとうございます

クリステン・スチュワート似とさんざんいわれてきたテリーサでしたが
私はテリーサ派だったので、主演張るまでのぼってきた彼女をまず労いたいです
ナンバー4でもヒロイン位置だったけど、ゾンビミーツガール映画でもヒロイン位置だったけど、主演ってのとはまた違うと思うんですよね
これからも頑張っていただきたいです

本作はダイアナの過去がわかっても、恐怖が薄れないところがよかったです
逆にダイアナが母親ソフィーとの友情で本気でヒロインと弟を殺しにかかってこられないところは恐怖が薄かったですね

本年も宜しくお願い致します
| maki | 2017/01/03 10:13 |
私はクリステンさんも好きな女優さんですがお二人が似てると思ったことは
一度も無いですけどね(^^;
テリーサさんは『呪怨3 グラッジ』を見てこんな低予算オリジナルビデオに
こんな可愛い子が!ってすぐに大作などに出演されてやはりな〜って思いました
ホラーとしてはあれ以来になるのかな?
ダイアナの嫉妬が家族にも及ぶというのは生い立ちによるところなのでしょうが
| せつら | 2017/01/03 18:37 |
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
テリーサ・パーマーは「ウォーム・ボディーズ」で可愛いなあと思っていたので、
この映画でも目を引きました。
マリア・ベロさんは年を経て、味わい深い女優さんになっています。
家族関係の説明が不十分という感じで、異父姉弟だったんですね。その割に急に家族思いになったのはちょっと不思議。
でもずーっと怖かったです。暗闇は苦手なんですよ。
今年もよろしくお願いします。
| ミス・マープル | 2017/01/17 13:46 |
ミス・マープルさん明けましておめでとうございます

テリーサさんはすっかり綺麗な大人の女性になりましたね、彼女を初めて見たのは
『呪怨3』でしたがまだあの頃はあどけなかったんですけどね〜
そうですね家族構成がちょっとわかりにくかったですがオープニングの
お父さんは義父だったんですね、弟も義理の弟のようですし
その分彼氏がしっかりしていていいやつだったので良かったです。
| せつら | 2017/01/21 18:55 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3710
| 銀幕大帝α | 2016/12/28 20:51 |
LIGHTS OUT 2016年 アメリカ 81分 ホラー 劇場公開(2016/08/27) 監督: デヴィッド・F・サンドバーグ 製作: ジェームズ・ワン 出演: テリーサ・パーマー:レベッカ ガブリエル・ベイトマン:マーティン ビリー・バーク:ポール マリア・ベロ:ソフィー
| いやいやえん | 2017/01/03 10:08 |
【概略】 離れて暮らす幼い弟から「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられたレベッカは、「それ」の正体を突き止めようとするが…。 ホラー あなたは、二度と電気を消せない…。 全世界【1億5000万回】再生の実在の恐怖映像を、ジェームズ・ワン制作で映
| マープルのつぶやき | 2017/01/17 13:41 |
JUGEMテーマ:Horror &nbsp; &nbsp; 「ライト/オフ」 原題:Light Out 監督:デビッド・F・サンドバーグ 製作:ジェームズ・ワン    ローレンス・グレイ    エリック・ハイセラー 2016年 アメリカ映画 81分