B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『グリーン・インフェルノ』
JUGEMテーマ:映画
グリーン・インフェルノ 制作年:2013年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:101分
 原題:THE GREEN INFERNO
 配給:ポニーキャニオン
 監督:イーライ・ロス
 主演:ロレンツァ・イッツォ
     アリエル・レビ
     ダリル・サバラ
     カービー・ブリス・ブラントン

絶滅の危機に瀕しているヤハ族を救おうと現地へ向かった学生グループの乗る
飛行機が墜落。学生たちは助けを求めるが、そこにいたヤハ族は食人族で…


イーライ・ロス監督・制作の食人族をテーマにしたサスペンス作品で
すね、近年食人族をテーマにした作品がほぼ見受けられなかったとこ
ろでのこの作品になります。
ペルーの森林に住むいにしえの部族いまペルーの企業により森林伐採
を行っておりしかもその企業が傭兵を雇い邪魔する部族をどんどん殺
しており絶滅の危機に瀕しているそうで主人公は国連のお偉いさんの
娘でありながら慈善団体に参加しその事実をネットの動画として
世界に発信する企画に参加します。
見事とその活動は成功を収めますがその帰りに小型機が森に墜落して
しまいます


そこに現れたのが彼らが救おうとした部族でした。
しかしその正体は首狩り族だったというお話で自分達が救おうとして
いる部族に次々殺され食べられていくという皮肉がイーライ監督らし
いですね、ただ首狩り族に襲われ食べられるだけではなく
リーダーのゲスっぷりも見事で自分が助かるためならどんなこともす
るのがいい感じです。
主人公が助かる経緯がちょっとできすぎな気もしますが・・・
部族の子が彼女の吹く笛に魅せられて彼が最後主人公だけを助けてく
れます。


その際ゲスのリーダーを見捨てるのがまたいいですね
彼女は族長にも気に入られているようで部族での女性の化粧をして
大事なところをさかれそうになります
それが部族では女性として認める通過儀礼なのだそうです
何故彼女だけが選ばれたのかの理由はわかりません
最初その抗議活動に参加した学生は数十人居てこれは人多すぎじゃな
いかって思いましたが
墜落時と墜落後に一気に数が減りやってくれます。


最終的に部族にとらえられてのは数人というところですね
気になった点は部族の人たちがこぎれいすぎる点です
当然仲間達が殺され調理されるシーンなどもありなかなかグロなシー
ンも多いので苦手な方は避けてください
個人的に主人公のルームメイト役の後が好みですね、演じるキャラも
魅力的でした。
最初と最後だけしか登場しませんが個人的に何よりも印象に残りまし


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:37 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん、お久しぶりです。
懐かしホラーやら、色々楽しんでいるようでうらやましいです。
オイラは忙しくてヒイヒイ言ってます。
そんな中、、ちょいとした隙間でレンタルしてしまいました。
真っ先に手に取ったのが、「グリーン・インフェルノ」…、相変わらず業が深いすなぁ〜
食人描写は最初こそショックですが、調理されてゆく過程を見ると美味しそうに見えてきます。
原住民の熱演もあり、この映画はそんな彼らの日常をホノボノと描いているように思えてくる。ただし、その食材が人なんだけど…
自分の中の何かが揺さぶられる感覚が味わえました。

PS にしても昔は、『ブラッド・ビーチ 血に飢えた白い砂浜』や『血のバレンタイン』の様な映画をTVで、しかも夜9時に放送していたんですなぁ〜
そんな映画がリメイクされるとつい見てしまいます。
大抵はオリジナルの方が良かったと思ってしまうのですが、やっぱ気になってしまう。
ま、だからこそリメイクが商売になるですなぁ〜
| 富士山 | 2016/05/13 20:52 |
ジャスティンが処女だったから、けがれていない娘として認められたんじゃないですかね。あのまま戦いにならなければ、例の割礼儀式をされていたでしょうね。
おお、痛い。
痛いと言えば、生きたままラリッた部族に食べられるラーズは痛かったでしょうねえ。
できればあれは、ゲス川谷いやアレハンドロがやられてほしかったな。
| ミス・マープル | 2016/05/16 13:49 |
富士山さんコメントありがとう

お仕事忙しそうですね、忙しいながら映画鑑賞をされてるようで
私も一年で一番忙しい月が終わったので後は定常作業という感じで余裕があります
そんな中でかなり古い作品も見るようにしてますよ、近年のB級作品もいいかげん
ネタ切れ感があるので原点回帰ということで(^^;

食甚族は子供の頃に見た記憶がありちょっとトラウマでしたが今は流石に
大丈夫でした。
ちょっと部族役の方々がこぎれいすぎたりちょっと西洋人の子供も交ざってる感じ
の詰めの甘さが好きですね
| せつら | 2016/05/21 16:14 |
ミス・マープルさんコメントありがとう

確かにあのメンバーの中では処女だし純粋でしたね、だから彼女だけ食料という
扱いではなかったんですね
全員生きたまま食べられてるので痛々しいですよね、それが食甚族なんだろうけ
ど、ゲス川谷もこの村に放置してやりましょう
あそこを食べられてしまえばいいのです。
| せつら | 2016/05/21 16:26 |
こんにちは

狂気が圧倒的に足りなかったですね
ラストは少しひやっとさせられるのがよかったですけど、
衛星写真って簡単に手に入るものなのでしょうか?
私はそこがわからない…
| maki | 2016/08/28 19:45 |
MAKIさんコメントありがとう

やはり名作食人族へのオマージュとなるとやはり比べちゃいますし
そうなるとこの作品は圧倒的にこぎれいすぎると思います
部族の人たちが綺麗すぎなんですよね、それなりにグロもあります
が手ぬるい感じですしね、人が人に襲われ食べられるという
怖さがもっとほしかったです
ラストは衛星写真もそうですけど続編ありきな感じで気に入らない
です。
| せつら | 2016/09/11 22:57 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3554
| 銀幕大帝α | 2016/04/29 17:05 |
THE GREEN INFERNO 2013年 アメリカ/チリ 101分 ホラー/モンド R18+ 劇場公開(2015/11/28) 監督: イーライ・ロス 製作: イーライ・ロス 脚本: イーライ・ロス 出演: ロレンツァ・イッツォ:ジャスティン アリエル・レビ:アレハンドロ ダリル・サバ
| momoな毎日 | 2016/04/30 15:56 |
食人映画の金字塔『食人族』をモチーフに製作された21世紀版カニバリズム・ホラー。“地獄”と付くタイトルが示すとおり、熱帯雨林と一体化した食人族がエセ環境活動家の学生たちを地獄の果てまで追ってくる。その果てに待つものは・・・彼らの胃の中である(-.-) ■ グ
| マープルのつぶやき | 2016/05/16 13:45 |
JUGEMテーマ:Horror 「グリーン・インフェルノ」 原題:The Green Inferno 監督:イーライ・ロス 2013年 アメリカ=チリ映画 101分 R18+ キャスト:ロレンツァ・イッツォ アリエル・レビ ダリル・サバラ カービー・ブリス・ブラントン スカ
| いやいやえん | 2016/08/25 15:11 |
【概略】 絶滅の危機に瀕しているヤハ族を救おうと現地へ向かった学生グループの乗る飛行機が墜落。学生たちは助けを求めるが、そこにいたヤハ族は食人族で…。 ホラー 食人エンターテイメント。なんじゃそりゃ。 過激な慈善活動をしている学生グループは、