B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
JUGEMテーマ:映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル 制作年:2014年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:113分
 原題:EDGE OF TOMORROW
 配給:ワーナー・ブラザーズ
 監督:ダグ・ライマン
 主演:トム・クルーズ
     エミリー・ブラント
     ビル・パクストン
     ブレンダン・グリーソン

謎の侵略者の攻撃で滅亡寸前となった世界。同じ日を無限に繰り返すループ能力を持
つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタから徹底的に鍛えられる


原作は日本のライトノベルだそうですが知らない、その点は映画と原作
を比べる必要がないので純粋に映画を楽しめました。
敵の血?を浴びたことで死んだらリセットされてやり直せる体になった
主人公がラスボスを倒すまでに何千回何万回とやり直しているんでしょ
うね、疑問なのはどのポイントで死んでもやり直す場所は一緒というの
はなぜ?
まあいいや、しかしたった一日の中でこれだけ繰り返しちゃうと発狂し
ちゃうよね、毎回痛い思いをして死なないといけないし、10回超えたら
最初の部分はもううんざりだよ(^^;
へたれな主人公が何度も繰り返すうちに鍛えられて成長していき強くな
っていくというのは納得できました。
しかしラストだけなぜやり直しポイントが違うんだろう?
この作品はトムさんにあっていたのかな?
なんか役がぴったりだったように思えます。
エミリー・ブラントさんの鍛えられた体も綺麗でしたね〜
女性でマッチョというのはあまり好きではないけれどあそこまで美しい
といいですね、CGもど派手でしたし楽しめました。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:16 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
いつもはトロく見えるトムも鍛えられていくとなかなかいいじゃんという感じでした。エミリー・ブラントはいつもと違ってマッチョな女性でしたね。
トム・クルーズの映画はいまいち好きになれないのですが、これはわかりやすくて楽しめました。
ラストは読めましたけどね。
| ミス・マープル | 2014/11/18 21:51 |
こんばんは!
面白かったです。
ただゲームを余りされない方は繰り返し部分がダルく感じたみたいですね。
私は昔も今もゲーマーなので、なんとなく昔だと「スーパーマリオ」、今だと「メタルギア・ソリッド」なんかを思い出しました。
死んだら、最初からというのは「スーパーマリオ」に近いものがあります。
ヘタレなトムさんが経験を積んで何時ものカッコいいトムさんになる過程も面白かったです。
| ヒロ之 | 2014/11/19 03:52 |
ミス・マープルさんコメントありがとう

トムさんの作品は当たり外れがありますからね、この作品は
彼に合っていたと思います。
親日家のトムさんが日本のラノベに注目してくれたと言うだけでも
うれしいですけどね、ラストは予定調和でした。
| せつら | 2014/11/27 23:05 |
ヒロ之さんコメントありがとう

そうですね、ゲーム的な感覚の作品でしたね、つくづくリセットってありがたいな〜
なんて思いましたが、セーブしておかないと意味がありません(^^:
セーブも大事ですね〜
この作品セーブポイントがいまいちわかりづらかったけれど
メタルギアの世界ですね
| せつら | 2014/11/27 23:08 |
こんちわ
これは原作を読んでいて、オキニの本です。
かなり前から映画化の話があり、まさかホントに映画に、しかもトム・クルーズ主演!
ホンマかいなと思いつつ鑑賞。
原作を上手く料理し、そのエッセンスを抜き出し。トムに合わせて変えてある。
やるなハリウッドて感じです。
原作では、自殺しても気が狂っても、リセットされてしまう怖さがある。おまけに無限ループから脱げ出すためには、××しなきゃいけない。そのへんは流石に無理で、後半は普通のアクションSFになってしまうのは残念。
ま、娯楽映画としてはしょうがないですね。
リセットの末、踊るように戦場を駆け抜けるトムの姿は、難解なゲームをクリヤーしてゆく快感を思い出させていいです。
軟弱トムを鍛えるエミリー・ブラントさんのドSぶりがツボでした。
| 富士山 | 2015/01/12 16:28 |
私は原作読んでないので新鮮な気持ちで見れました。これはこれで
面白かったですし、トムさんが成長するのも何千回とやり直すからですね
この辺はプレイヤーの腕が上がるアクションゲームみたいな物ですか
セーブしたところからクリア出来るまでリセットして繰り返す
この映画見ててもリセットボタンほしいなって思っちゃいますよね
主人公がリセットするたびに他の人も同様に同じことを繰り返す羽目
になるのが可愛そうですが、まあその辺本人に自覚がないのが
救いですね
マッチョなエミリー・ブラントさんがまた魅力的でした
| せつら | 2015/01/14 17:41 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| マープルのつぶやき | 2014/11/18 21:52 |
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 原題:Edge of Tomorrow 監督:ダグ・リーマン 2014年 アメリカ映画 113分 キャスト:トム・クルーズ      エミリー・ブラント       ビル・パクストン      
| 銀幕大帝α | 2014/11/19 03:47 |
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラン
| いやいやえん | 2014/12/03 00:49 |
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従
| はらやんの映画徒然草 | 2015/01/25 10:28 |
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画