B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
JUGEMテーマ:映画
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 制作年:2013年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:イギリス
 上映時間:109分
 原題:THE WORLD'S END
 配給:ユニバーサル
 監督:エドガー・ライト
 主演:サイモン・ペッグ
     ニック・フロスト
     パディ・コンシダイン
     マーティン・フリーマン

学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス
郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…


名作『ショーン・オブザ・デッド』の名コンビのエドガー・ライト
サイモンペッグが贈る名作SF映画へのオマージュ作品ですね
『ボディー・スナッチャー(失われた町)』『ゼイリブ』『光る目』
などSF好きの方なら思わずにんまり、知らなくてもにんまりという
作品です。
若い頃無茶した彼らがいい大人になり子供心を取り戻しながら
のみ周り・・・昔に戻りたいという主人公の思いとは裏腹に地元に
帰った彼らの前にいるのは・・・
それでも酒場周りをやめない彼らが面白いですね〜
仲間たちも彼らに捕まりますが・・・最後は酔っ払いが余計なお
世話だと絡んで宇宙人ももう知らない好きにしろと去って行くあた
りが・・・まあ宇宙人も銀河系で地球が一番遅れているらしく
このままでは銀河系の星々の仲間に入れられないだから・・・
という感覚で人類を救うのではなく星そのものをという感じが
上からなんですよね、だから余計なお世話だと(笑)
さるはのはいいけれど静かに去ってくれれば良かったのに
最後は人類がやり直すいいきっかけになったのではないですか?
サイモン・ペッグ演じる主人公の独りよがりなところは見ていて
イラッと気ましたが、町が宇宙人に乗っ取られてると知ってからの
展開はよかったですね、何気に強い主人公たち・・・イギリスでも
プロレスは盛んです。
有名どころだとダイナマイト・キッド・・・ちょっと年代がアレで
すが(^^;
この映画の格闘シーンでもプロレス技が登場します。
古典SFへの愛も感じられて個人的には素敵な作品でした(^^)


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:40 | 【MOVIE】 | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
ニック・フロストの身軽さにめっちゃ感動。
時々しんみりしたセリフが入るのもいいスパイスでしたね。
こんな酔っ払いなんか宇宙人も相手にしたくないですね。
でも笑っちゃった。
| ミス・マープル | 2014/11/09 10:17 |
前半はサイモンさん演じるキングの身勝手さにイラッときました
中盤ぐらいからこの町おかしくね?から宇宙人に侵略されてる!
ってなってからは盛り上がりました。
町から逃げずに飲み歩き続けてるしね、宇宙人たちが築かないよ
うにといってましたが
宇宙人側は主人公たちがあんなでは『あ〜こいつら気ずいてんな!』
ですよね(笑)
もうあの下りはキングの意地ですよね
| せつら | 2014/11/09 10:40 |
こんばんは

比べちゃうのが「ショーン・オブ〜」「ホット・ファズ」ですから
期待値が高かったのですが、トイレでの乱闘シーンが
一番面白かったなあ
その後の中盤からの展開も笑ってました
酔っ払いのくだに呆れ顔の宇宙人が去っていくと
人類への機械的恩恵がなくなりアウトローな世界になるというのも
びっくりでしたが…

でもやっぱり三部作のなかでは「ショーン」が一番好きですね!
| maki | 2014/11/09 19:10 |
こんばんは。
懐かしいSF作品のオマージュ的要素が随所に見られて、今回のこのトリオ作品も面白い仕上がりになっていましたね。
今回はサイモンよりもニックの活躍の方が目立っていました。
これを観ると、お酒好きの人はグビッと一杯飲んでみたくなるかも(笑)
| ヒロ之 | 2014/11/11 22:29 |
makiさん今晩は

そういえば『ホット・ファズ』まだ見てませんね・・・せっかくだから今度見よっと
私もジョーンは大好きです。
きっちり古典sfを盛り込んでいるあたりはショーンと相通じますね
最後あんな世界になるとは思いませんでしたが(^^;
| せつら | 2014/11/16 18:34 |
ヒロ之さん今晩は

懐かしい古典sfが目白押しでしたね、ほぼ見てるので見ていて
思わずにんまりです。
オタク気質のこの面がだからこそですね、パロディーではありますけど
しっかり敬意が感じられるオマージュになっているところがハリウッド
との違いでしょうかね
| せつら | 2014/11/16 18:36 |
やっぱこのコンビにハズレなし。
普通のコメディとして展開しても十分楽しめそうなメンツがそろってますな。
ネタの映画をほぼ鑑賞しているオイラって…
とにかくノって見れました。
しかし、このラストだと世界を救っていない気がしますが…

ついでに短評
「トランセンデンス」  大ハズレ。
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 大当たり。猿たちの群像劇がたまらん。
最近郵便返却が激増。
店でじっくり選べて、返す手間がかからないので便利。
ただ、DVDだと機械かディスクの性でたまに再生できないことがある。
幸いパソコンで再生できるが、それすらも不可能な時があるのではと不安である。
| 富士山 | 2015/03/29 14:25 |
ハリウッドには出せないコメディ作品ですね、今回はSF名作のパロディですね
ラストは確かにハッピーエンドではないですよね(笑)
| せつら | 2015/04/12 09:40 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| マープルのつぶやき | 2014/11/09 10:17 |
JUGEMテーマ:コメディ映画全般 「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!」 原題:The World's End 監督:エドガー・ライト 2013年 イギリス映画 108分 PG12 キャスト:サイモン・ペッグ      ニック・フロスト      パディ・コン
| いやいやえん | 2014/11/09 19:07 |
【概略】 学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…。 SFコメディ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ/ホット・ファズ -俺たちス
| 銀幕大帝α | 2014/11/11 22:25 |
THE WORLD'S END 2013年 イギリス 109分 SF/コメディ/パニック PG12 劇場公開(2014/04/12) 監督: エドガー・ライト 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 製作総指揮: エドガー・ライト サイモン・ペッグ ニック・フロスト 脚本: サ
| Subterranean サブタレイニアン | 2015/02/05 14:35 |
監督 エドガー・ライト 主演 サイモン・ペッグ 2013年 イギリス/アメリカ/日本映画 109分 コメディ 採点★★★ 都心部のほうはイマイチよく分からないんですけど、ここらの地方のお店ってのはほぼほぼフランチャイズで埋め尽くされてるんですよねぇ。日々の買