B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『最強のふたり』
JUGEMテーマ:映画
最強のふたり 制作年:2011年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:フランス
 上映時間:113分
 原題:INTOUCHABLES
 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
 監督:エリック・トレダノ
 主演:フランソワ・クリュゼ
     オマール・シー
     アンヌ・ル・ニ
     オドレイ・フルーロ

車椅子生活を送る大富豪のフィリップは、介護者面接にやって来た場違いな黒人青年
ドリスを採用する。何もかもが正反対のふたりだったが、やがて互いを受け入れ始め


実話を元にした生い立ちから生活まで真反対の対照的な二人の友情と絆
を育んでいくヒューマンドラマです。
フランス映画らしい軽いユーモアを織り交ぜながら描いていて最後まで
楽しめました。
もちろん映画映えするように脚色はだいぶんされてはいるのでしょうが
首から下が麻痺して動けないフィリップは介護人を雇うことにしますが
募集したらたくさんの経験者たちが、そんな中に失業手当をもらうため
に不採用証明を書いてもらうためだけにやってきた黒人の青年が居た
なぜかどう見ての素行のよろしくない黒人青年を雇い入れたフィリップ
それは彼が正直な感想を口に出すデリーカシーのなさそれが気に入った
から最初は本当にそれだけが採用理由でした。



彼は彼を障害者として哀れまない、障害者を障害者として扱う彼に接す
るうちに彼の本質を見抜いたのだと思います。
自分にはないものを持っている、自分とは違う価値観と感性をもってい
るそれが心地よい、見ていて思ったのはドリスはフィリップを自分を雇
った雇い主ではなく共として扱っています。
フィリップがほしかった物はまさにそれだったのではないでしょうか
彼の誕生日会の話をドリスに話した台詞が彼の自称友人たちへの本心
だったように思えます。
お金持ちのフィリップは全身麻痺になっていても外見的には満たされて
いるように見えるでしょうがその中身は空虚な物だったに違いありませ
ん、ドリスのために彼を自由にさせますが代わりに雇った看護人に対す
る態度を持てもドリスとの友情の大切さ看護されるのではなく友人とし
て接してくれるドリスの大切さを彼は痛感したのではないでしょうか
フランソワさんの全身麻痺の演技は素晴らしかったです。




にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:49 | 【MOVIE】 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
この手の映画ではお涙ちょーだいが多いのですが、そこは期待を裏切り楽しい映画になっていました。
それぞれが偽善的でなくてよかったです。
TBさせてくださいね。
| ミス・マープル | 2013/10/19 22:05 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3228
| マープルのつぶやき | 2013/10/19 22:05 |
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;「最強のふたり」原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ   オリビエ・ナカシェ2011年  フランス映画   113分   PG12キャスト:フランソワ・クリュゼ     オマール・シー     オドレイ・フルーロ    
| 銀幕大帝α | 2013/10/21 02:02 |
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストー