B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『らせん階段』
JUGEMテーマ:映画
らせん階段 制作年:1945年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:83分
 原題:THE SPIRAL STAIRCASE
 配給:ジェネス企画
 監督:ロバート・シオドマク
 主演:ドロシー・マクガイア
     エセル・バリモア
     ジョージ・ブレント
     ロンダ・フレミング

一風変わった一家の住む古い屋敷に女中として耳は聞こえるが口の利けない女・ヘレン
が雇われる。町では不具の娘を狙った連続殺人事件が起きており、夫人はヘレンに土地
を去るよう勧める。そこへブランシュが殺されるという事件が起こるが…。緊張感を光
と影を巧みに操って表現した傑作。


名作と名高い『らせん階段』を鑑賞しました。40年代に制作された映画で
白黒ですが今ではサスペンスと言えばスラッシャーサスペンスが主流です
けど、この作品は障害を持つ女性だけを狙う殺人犯と口が聞けない主人公
を描いた作品です。
犯人は誰なのか?という部分と主人公ヘレンを中心とした屋敷の人たちの
人間関係を描いています。
ヘレンは大学教授の屋敷の使用人で屋敷にはお手伝いの夫婦と教授とその
秘書とだめな弟と寝たきりの義理の母親とその看護婦がいます。
そんな中で口のきけない使用人のヘレンがみんなから愛されているという
のがよくわかります。
障害者だからというのではなくヘレンの人柄でしょう、そんな彼女の障害
がありながらも健気で優しいく働き者なところが随所に描かれています
ヘレン役のドロシー・マクガイアさんの美しさと立ち振る舞いや表情が
凄くヘレンと言う役に合っていました。
どうやら殺人鬼がヘレンを狙っているらしいとわかると屋敷の人たちは
彼女を守ろうとします。
同じ使用人の夫婦は特にですね、奥さんの方がアル中であることもポイ
ントです。
ただオープニング以外の舞台は屋敷の中だけなのでここで事件が起こって
しまうと犯人が絞られてしまいます。
たぶん普通に見ていればいかにも教授の弟が怪しいけど・・・
二人の兄弟の仲の悪さと二人に対する父親の期待がどれほどの物だったの
かなどもちゃんと描かれており屋敷の人物関係を描いていくと面白いです
ね、私はだいたい犯人は予測できました。
ただ犯人がヘレンを狙うならいくらでも機会があったはずというところは
ちょっと矛盾ですね、何も今じゃなくてもというやつです。
この町の最後の障害者がヘレンだったのかな?
また障害者ばかりが狙われているのに警察は何やってんだって話ですけど
ね、ラストのらせん階段でのシーンはよかったです。
そして電話をかけるときヘレンは声を取り戻し涙するシーンもよかった
結局子供の育て方を間違えるとモンスターになるって話ですね〜

ちなみに寝たきりのお母さん役の方はエセル・バリモアさんです。
バリモア?そうドリュー・バリモアさんの大伯母にあたります。
凄いですね、俳優一族です・・・




にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:49 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3208