B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『トランス・ワールド』
JUGEMテーマ:映画
トランス・ワールド 制作年:2011年
 上映メディア:劇場未公開
 制作国:アメリカ
 上映時間:90分
 原題:ENTER NOWHERE
 配給:アットエンターテイメント
 監督:ジャック・ヘラー
 主演:サラ・パクストン
     スコット・イーストウッド
     キャサリン・ウォーターストーン
     ショーン・サイポス

人里離れた森の中で、夫とドライブ中にガス欠になり、ガソリンを買いに行った夫を
待つサマンサ。そんな中、同じように車のトラブルで立ち往生している男に遭遇し…。


低予算SFサスペンス作品ですね、とにかくシナリオを演出は優秀でし

結構楽しめましたよ、まあオープニングでどういった内容か読めちゃ
いましたが、プラスアルファーも3人目が小屋に来てから直ぐにぴん
ときました。
結局始まりはヒロインがガソリンスタンドに強盗に入ったからってこ
ですかね、あの金庫がなにかあるのだろうけど、金庫を取らずにさっ
さと逃げていれば・・・バッドエンドだったってことですよね
あのシーンからあの世界に写ったわけで見事未来を変えた後はやはり
あのシーンから始まります
ただし変わった姿でということですね、お爺ちゃんが無事助かったか
ら同じくヒロインが生まれるとは限らないわけでその点はラストのほ
うでサマンサが言ってました。
同じ男性に出会うとは限らない、もちろん主人公もそうで育った環境
が変わってしまった以上出会う人たちも変わってしまうわけで・・・
その辺のタイムパラドックスは一応少し触れられるけど・・・
クリント・イーストウッドの息子さんのスコットとB級未公開映画で
よく見かけるサラ・パクストンさんのダブル主演ですね、キャサリン
ウォーターストーンさんもやはりメインですからトリプル主演ですか
山の奥にある小屋とその周りの森だけがメイン舞台と言うことで
それだけでも脚本と見せ方がよければ人を引きつけることができると
いう見本ですね、設定としてはありがちですけど結局は監督の腕で
どう料理するのかということですよ、大金を使った見てくれだけの
薄っぺらい作品が氾濫している中こういう作品もまだ作れるよとと
言う意気込みが見れてとかったですね〜
サラさんは童顔なのでビッチな化粧をしてビッチな演技しても浮いて
ます・・・なんか無理して悪ぶってるかんしかでないのはもったいな
いですね、スコット君は意外とイケメンだった。
作品に恵まれればお父さんと同じく大スターになれるのでは?


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:36 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
これは面白かったですね!
低予算でもアイデア次第で面白くなると言う典型
4人目がでてきてどうなることやら!?と思ったらそうなりましたか。最後に赤ちゃんのトムがでてきててもいいのになーとそこは残念かな
| maki | 2013/10/12 10:21 |
キャビンをぱくったようなパッケージだったけど思ったより面白くて拾いものでした
低予算なのは一目瞭然ですが脚本と演出がよかったですしカメラワークもよかったですね
ラスト再開したのがあのシーンからで主人公が構成できたことで彼女の代わりに
強盗にやってきましたね、どうやら新しい彼女も同じ目に遭うようですけど
なぜ女性だけなのか・・・
| せつら | 2013/10/14 15:01 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3204
| いやいやえん | 2013/10/12 10:18 |
低予算でもアイデア次第で面白くなるという作品の典型です。 一見無関係な登場人物たちがアレコレする間に謎が次第にわかっていくというもの。 森の中の小屋で出会ったサマンサ、トム、ジョディの3人の認識感覚がズレている事が予想外の展開へと向かわせる。 互