B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『アイアン・スカイ』
JUGEMテーマ:映画
アイアン・スカイ 制作年:2012年
 上映メディア:劇場公開
 制作国:フィンランド・ドイツ:オーストラリア
 上映時間:93分
 原題:IRON SKY
 配給:プレシディオ
 監督:ティモ・ヴオレンソラ
 主演:ユリア・ディーツェ
     ゲッツ・オットー
     クリストファー・カービー
     ウド・キア

1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた
「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリート
たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図り、秘密基地を建造していたのだっ
た。第2次世界大戦の終結から70年超にわたって独自の軍事テクノロジー
を発展させ続け、虎視眈々(たんたん)と連合軍への復讐(ふくしゅう)
の機会をうかがっていた彼らは、2018年、ついに決行のときが到来したと
判断。UFOの大編隊を組んで、地球侵略を開始する。


第二次世界大戦で敗北したドイツは一部のエリート達が月の裏
側に逃亡して70年の間に独自のテクノロジーで独自の世界を
構築していたという設定です
設定が面白いですよね、ナチスの残党にかんする映画っておお
いですね、ゾンビにされたりオカルトにされたり地底に潜んで
おり攻め上がってきたり(笑)
それだけナチスというのはインパクトがあるんでしょうね
そもそも月にいける技術りょくがあり、何もない月で国家を築
け繁栄していけたというのが・・・あらかじめ月に基地がない
と無理な話ですよね



設定からしてこの作品はユーモアに満ちています。
SFコメディ作品ですのでそういう部分で笑えれば楽しめますね
逆にまじめにその部分がおかしいと笑えなければダメでしょう
まずはこの映画はコメディであるということを理解して気軽に
鑑賞しましょう



気球戦型の戦艦ってかっこいいですね、これらの戦闘シーンは
少なかったのが残念です。
アメリカが大統領選に向けてのアピールのためだけに黒人モデ
ルを月に行かせそこで彼らに捕まってしまうことから始まりま
す。
アメリカメインで描かれてはいるけど完全に馬鹿にしてるのが
いいですね、アメリカ映画ではないからアメリカのお家芸を
笑いに変えて世界に発信してる感じです。
月はアメリカのもだって星条旗を立てたから、アメリカは大統
領選に大金をかける、月にだって黒人を送り込んでアピールす
る、世界の方は宇宙戦艦を持っていないけどアメリカは持って
いる皆さん助かりましたね〜
世界中が密かに宇宙戦艦を作っていたのを知って何だましてん
の契約したでしょ、アメリカは真っ先に裏切ってるじゃないか
と言われ、それがアメリカのお家芸だからいいの!
それ以外にインドのせいにされたり北朝鮮があの宇宙船は将軍
様が設計して・・・といいだしたら世界の首脳が笑い出して
はいはい座って座ってと取り合わないとか結構ブラックジュー
クが面白かったです。

主人公はそんな黒人モデルとスペースナチスの地球学者レナー
テとなります。
総統閣下やくがウド・キアさんで個性派俳優らしいくユーモア
に演じてます。
親衛隊長が月を支配して地球もという野心を持っていて一連の
騒動の主犯格という感じですね、ちょっと悪役にしては悪さに
欠ける感じです。
そんな彼とレナーテ達がまず地球にやってきます。



昔のドイツよろしく古い衣装と髪型でちょっとださめだった
レナーテもこんなに変わります。
そもそもレナーテ役のユリア・ディーツェさんが美人でスタイ
ルがよいですね、この映画で初めて拝見しました



ラストのドイツ軍は退けたのにそのままヘリウム3を巡って核
戦争が勃発していたり笑いのなかに皮肉がたっぷりこもって
いて最後まで楽しかった。
これから月を再建していくという希望のなかの月をバックに
地球上では核戦争の光が輝きながらエンドロールへ、近い将
来こんな形で第三次世界大戦が勃発するのかもしれませんね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:40 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
返すことを考えずに利用できる郵便返却。それを利用して真っ先に手に取ったのがこれ。他のタイトルは追ってレビューするとして…

前半の見せ場がレナーテさんの下着姿のみ。総攻撃が始まってからも話がモタツクなど欠点だらけ。
でも、飛行船型空母から次々と発進する戦闘機など、CG特に戦闘シーンでの絵としての魅力が凄い。皮肉たっぷりの展開もとても楽しめた。
ラストの赤い星って地球?それとも火星?
| 富士山 | 2013/04/07 13:44 |


せつらさん。

最近お忙しい様ですが、

お元気でしょうか?

Paracelsus55 でした〜。
| Paracelsus55 | 2013/04/20 23:19 |
富士山さんコメントありがとう

お金のかかったB級映画という感じで個人的には楽しめました
レナーテさんも美人だし(^^)
まあいろいろとあらはあるけど実際けっこうテーマはダークですよね
| せつら | 2013/04/27 17:49 |
Paracelsus55さんコメントありがとう

忙しかったですがようやく正常に戻りましたよ、今日から
長期GWに入ったのでゆっくり映画見ていきますよ
| せつら | 2013/04/27 17:55 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/3125
| 【徒然なるままに・・・】 | 2013/02/14 22:35 |
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳
| 銀幕大帝α | 2013/02/15 23:39 |
ナチスが月から攻めてきた!! −感想− 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台
| いやいやえん | 2013/03/16 10:41 |
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の
| だらだら無気力ブログ! | 2013/04/10 00:30 |
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。