B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ジャックとジル』
JUGEMテーマ:映画
ジャックとジル 制作年:2011年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:91分
 原題:JACK AND JILL
 配給:ソニー・ピクチャーズ
 監督:デニス・デューガン
 主演:アダム・サンドラー
     ケイティ・ホームズ
     アル・パチーノ
     エウヘニオ・デルベス

妻と子どもに囲まれ、幸せな生活を送るジャックには、自由奔放な双子の妹
ジルがいた。独り身の彼女は、例年のごとくジャックの家族と共に感謝祭を
過ごすことになったのだが…。


昨年のラジー賞を総なめにしたアダム・サンドラーが双子
の兄妹を二役したコメディー作品です。
もともと日本ではアダム・サンドラーが過小評価されてい
ると思うんですよね、役者としての演技力もあるし独特の
コメディセンスも好きなんだけど、もともと日本ではアメ
リカのコメディーを映画館で見るということをしないため
によほどの大物俳優が多く出演していない限りは劇場公開
しないんですよね、ビデオスルーになるのは仕方がないと
は思うものの、近年有名俳優が出演していても配給会社が
マイナーだったりして吹き替えがひどいということもあり
ます。
この作品はラジー賞を総なめにしたということがかえって
よかったのかソニー・ピクチャーズさんのほうから配給さ
れています。
内容はよくできた兄と残念な双子の妹をアダムさんが一人
二役して笑いを取るという感じです。
毎年感謝祭に招かれるジルですが自由すぎるというか行動
や言動が破天荒という感じで単純に見ると痛々しいけど
どこか憎めない感じで友人として付き合う分には楽しと思
う、多少下品なシーンはありますが全体的に兄妹・家族の
あり方が描かれている感じでよかったです。
何を持ってラジー賞を取ったのか意味がわかりませんけど
実際問題ラジー賞にノミネートされてる作品よりひどい映
画って山ほどあるんですけどね〜
話題作だけどだめな映画に対する賞なのかな?
ほんとに映画としてこれはだめでしょう!というレベルの
作品を集めてナンバー1を決める賞があればいいのに
でもラジー賞のいいところは本当に一般鑑賞者が選ぶ賞と
いうものなので実際オスカーよりも逆に価値があるんじゃ
ないかと思えます。
ジルがなんだかんだでジャックの家族や友人たちから愛さ
れてるなって伝わってきます。
ジャックの娘が自分と同じ姿に人形を着せ替えるのがなん
だか好きですね、息子も実の子供じゃないけど家族が受け
入れてるし彼もジャックたちを慕っているのも伝わってく
るし意外と楽しめました。
ハムスターとオウムを背中に貼り付けてるのは面白かった
けど動物愛護団体がクレーをつけそうですね
個人的にはこれでラジー賞総なめって・・・と個人的には
すごく楽しめました。
結局ラジー賞って一般のかたにもっとも愛されてる賞って
ことじゃないの?
そういえば終わってみればアル・パチーノにおいしいとこ
ろ持って行かれたかんがあるよね(笑)


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:27 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
ラジー会員が餌食の対象として好んで選びそうな作品ではありました。
まぁあのアル・パチーノが終始弾けたぶっ飛びキャラを演じている時点で真っ先に候補に入れそうですし(笑)。
更にジョニー・デップまでカメオ出演してましたね。
「そっくりさん?」と思っていたら御本人でした。
色んな意味で面白く鑑賞出来ましたけど、アダムの女装はちょっとキツいかも^^;
| ヒロ之 | 2012/07/04 02:37 |
アダムさんの女装はそれ自体がもうギャグでしたね〜
弟が姉になりすますための女装と女であるジルのすがたのアダムさんと
微妙に演じ分けてるのはうまかったですね、ジョーさんは
私もそっくりさんと思っていたのでびっくりです。
| せつら | 2012/07/14 23:45 |
こんにちは♪
ジャックがジルになりきって女装して、
胸を直されて d(゚ー゚*)グッ てやるとことか、
おばあちゃん→ハラペーニョのくだりとか、
くだらないんですが笑ってしまいました
ラジー総なめするほど酷い作品でもなかったかなと思います
コメディアンですから、「ラジー総なめラッキー♪」とでも思ってくれてればいいんですが。
| maki | 2012/07/20 10:32 |
makiさん今晩は

ジャックがジルのまねをしているのがそもそもジル自身がアダムさんの女装
というこの感じが面白かったですよね、いわば中の人は同じという感じで
アル・パチーノが生き生きしてたのが印象的です。
こういう役で息抜きしたのかな〜
そもそもこの内容でらじー賞にノミネートされるのがおかしいですね
| せつら | 2012/07/21 23:13 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 銀幕大帝α | 2012/07/04 02:32 |
JACK AND JILL/11年/米/91分/コメディ/劇場公開(2012/01/21) −監督− デニス・デューガン 過去監督作:『アダルトボーイズ青春白書』 −製作− アダム・サンドラー −脚本− アダム・サンドラー −出演− *アダム・サンドラー…ジャック/ジル 過去出演作
| いやいやえん | 2012/07/21 10:19 |
アル・パチーノが!! アダム・サンドラーが双子の兄妹を演じ、ラジー賞総なめしたという作品。 本人役でジョニー・デップとかアル・パチーノが出演しているのですが、このパチーノが、はじけちゃってる。 上司からムチャ振りされたドーナツCMに結局パチーノが