B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『ビー・クール』
ビー・クール 制作年:2005年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:120分
 配給:ソニー・ピクチャーズ
 監督:F・ゲイリー・グレイ
 主演:ジョン・トラボルタ
    ユマ・サーマン
    ダニー・デヴィート
    ビンス・ボーン

取立て屋から一転、映画プロデューサーとして成功を
収めたチリ・パーマー。しかし、そろそろハリウッド
にも嫌気が差しはじめていた彼に、ある日、インディ
ーズ・レーベルを経営する友人トミーが、リンダとい
う無名のシンガーを一緒に売り出そう、と話を持ちか
ける。


前作「ゲット・ショーティー」の続編になります。映画マ
ニアの取り立て屋だった主人公チリ・パーマー(トラボル
タ)が映画業界に嫌気がさしたところから今作は始まりま
す。
映画業界の次は音楽業界というわけで、ダイヤの原石リン
ダをプロデュースしようとする、前作は面白かったものの
パンチがたりない作品だったけど今回は個性的な面々が繰
り広げる笑いが良いスパイスになっています。ブラックコ
メディーであり音楽コメディということでラストの音楽祭
のシーンはノリノリです。

さて今回はトラボルタよりも脇が面白かった。特にロック
演じるゲイで俳優志望な用心棒がとにかく笑った。この役
はロックのはまり役だね、「ハムナプトラ」のスコーピオ
ンキングなどの役よりこういう色物キャラのほうが似合っ
てる、この作品のキャラクターの中で一番輝いていたね、
ラストのダンスは笑うよ、そして癖のあるキャラクターな
らお任せのヴィンス・ボーンもおいしいですよ!ゲイな用
心棒エリオットと一緒に笑いを振りまきます。ラストのフ
ァイアーダンスは笑った・・・そしてヒロインを演じたユ
マ・サーマンが最高に良かった。
ビジュアル的にも大人の色気が出ていて魅入ってしまいま
すよトラボルタとのダンスは必見かもしれない、そしてメ
インヒロインのリンダを演じたクリスティーナ・ミリアン
の歌声が綺麗だった。
それもそのはずプロだったんだね、気に入ったので彼女の
アルバムを買うことにしました。
俳優としても注目ですね、脇が強くてトラボルタが今一目
立たないけど良質のコメディーです。下品なところは一切
ないので安心して見てください!   ザ・ロック演じる
エリオットに注目!


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:27 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん、今年もよろしくお願いします☆
この映画、おもしろかった記憶があります。
ヒロインの歌声がとっても良かったですよね。やっぱ歌手だったんですね。知らなかった〜♪
| AnneMarie | 2007/01/08 11:42 |
アン・マリーさん今晩は!

明けましておめでとうございます。この作品前作より好きです
ザ・ロックがすごい面白かったし、クリスティーナ・ミリアン
の歌声も聞けたしね、この作品で彼女のアルバム買いましたよ
| せつら | 2007/01/09 21:40 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。