B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『エンジェル ウォーズ』
JUGEMテーマ:映画
エンジェル ウォーズ 制作年:2011年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:110分
 原題:SUCKER PUNCH
 配給:ワーナーホームビデオ
 監督:ザック・スナイダー
 主演:エミリー・ブラウニング
     アビー・コーニッシュ
     ジェナ・マローン
     バネッサ・ハジェンズ

空想世界を舞台に、愛する者を奪われ施設に監禁されたベイビードールら5人の
少女たちが、賢者の協力を得ながら自由を掴み取るため壮絶な戦いを繰り広げる


この作品はどうとらえるかで賛否別れるところですが単純に
映画的にいうと想像の中での戦闘シーンのみで構成されてい
た方が楽しめたかもしれません、ドラマシーンと戦闘シーン
は別の方がいいとお言う感じですが、この作品が何を描いて
いるのかという部分を考えると大変興味深くなってきます
監督が『300スリーハンドレット』のザック・スナイダーと
言う部分に惑わされてはだめです。
私はダニエル・キースさんや他の方の多重人格者を描いた
ノンフィクション小説を何冊か読んでいるのですがこの作品
が描いたことはまさにつらい境遇を生きている子供達が現実
逃避として自己防衛するさまを描いています。
主人公ベイビードールがとった自己防衛は仮想世界を作り出
すことそこで今起こっていることを想像の世界に投影し想像
の世界に生きている現実の味方とらえ方を変えている頭の中
で思い描いていることを映像に乗せている、だからラストで
想像の世界と現実世界がちゃんとリンクしているんですね
戦闘シーンは仮想世界の中でのつらいことをまた仮想世界で
覆い隠す。
彼女の精神世界をこの作品は描いているのが本質なのでそこ
を見誤るとこの描き方構成がなにこれ?意味が分からないと
なってしまうわけです。
彼女たちのような子が自己を守る手段としてはこういった
仮想世界の構築や低年齢の時からの虐待などになるとそれぞ
れのつらさを守るための人格を作り上げその場をその人格に
任せてしまう多重人格という自己防衛本能がはたらきます
またラストで彼女がロボトミー手術を受けたときにおびえや
恐怖よりもあの表情を作ったことは自分が実は健常者である
ことそれによりあの男と義父が話していた。
偽造という部分を知らせるため、そして楽になるための自己
犠牲による復讐計画だったとおもいました。
義父がどうなったのかまでは描かれていませんがブルーが捕
まり真相をわめいていたので義父もすぐに捕まったでしょう
しあの状況では言い逃れは出来ないでしょうね
タイトルとパッケージをみて若い魅力的な女性達が繰り広げ
るアクション映画だと思い込んでしまうとだめですよね
内容が全然違いますから、むしろそんな単純な作品ではなく
この作品はもっと深いところ描いたドラマ作品でしたから
もし単純な理由でこの作品が面白くない意味が分からないと
思ってしまった方は私のような見方を変えてもう一度見直し
て見ることをお勧めします。
オープニングでそれらのことがすべて詰まっているのでオー
プニングをどう読み取れたか・・・
登場する女性達を演じた女優さんは皆さん綺麗な方でした
ベイビードールを演じたエミリー・ブラウニングさんは
『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のときから
のおきにいりです。
結構好みなんですよね、ただ女優さんとしては表情に乏しい
かなとロケット役だったジェナ・マローンさんも好きです。
皆さんそうですがアクションパートでの動きはよく動けてい
て努力した感じが良く出ていて好感が持てました。
動きにキレがあったよね


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:33 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
自己防衛による逃避(妄想)が面白い世界観をつくっていましたね
娼館、バトルシーン、良く出来てたと思います
せつなくなるラストも…。
ベイビードールが凄くお人形ぽくて可愛くて、でも見たことあって誰だっけと思ってたら、そうか「レモニー・スニケット」の長女!あの頃から可愛かったですもんね〜(大きくなりましたね…)金髪に変わると印象も変わりますね

あの義父、ぜひとも捕まって欲しいです…
| maki | 2011/11/06 12:14 |
こんな見方もあるんですね。
オイラとしては、子供ドラゴン殺しで引いてしまい。最後も主人公がダメになっちゃうんで好みじゃありません。
PS レンタルの手軽さにくらべ、劇場に行くのはかなりの苦です。おまけに見たいのは、なぜかい1日1回になってしまう…
| 富士山 | 2011/11/07 19:11 |
makiさんコメントありがとう

比較的評判が良くなかったので心配してましたが
内容的には好みの作品でした。
主テーマが精神世界への逃避でその精神世界の描き方が
ファンタジーで重さを軽減していたてんも評価できますよね
だからこの作品は見る側が何処までこの作品の内容を
理解できるかにかかっていると思います。
| maki | 2011/11/19 10:47 |
富士山さんコメントありがとう

そうですねラストに関しては主人公は確かにロボトミー手術を
受ける羽目になってしまいましたがその行為自体が
自分をおとしめた叔父に対する復讐の第一歩でしたから
あの後あの男から叔父に疑惑がいき遺産の相続も含め
きっと叔父は罰せられるでしょうからあのまま
無意味によりはあのラストは良かったのかもしれないと
思うようになりました。
子ドラゴンのシーンは流石に・・・
| せつら | 2011/11/19 10:51 |
せつらさん、こんばんは〜。
随分とご無沙汰してしまいました(>_<)
ここのところ、めっきり寒くなりましたけど風邪引いてないですか?今のは長引きますから、体調には気をつけてくださいね〜。

この映画を観る前は、アクションシーン満載のスカッとする冒険ものだと思っていたので、あの結末にはなんとも切ない気持ちにさせられました〜。養父の悪事が明らかになったのはよかったけれど。。。ベイビードールのことを考えるとやっぱり悲しかったですね。
| りら | 2011/12/13 23:23 |
りらさん今晩は

体調はめっきり崩しまくっておりました。3ヶ月前から毎月扁桃腺を
腫らしてしまいほぼ寝込んでいることが多かったです
おかげでほとんど映画を見れてません(^^;
ベイビードールの精神世界をファンタジックに描いた意欲作
という感じですね、その辺が好みを分けちゃってたみたいだけど
私は好きです。
| せつら | 2011/12/29 16:52 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2872
| いやいやえん | 2011/11/06 10:40 |
精神病院に入院させられてしまった少女が精神的(妄想)に立ち向かうというもの。 妄想世界観は目新しさはないものの、なかなか良くできてると思いますしベイビー・ドールたちも可愛いです。閉鎖された空間からアイテムを集めて脱出するというのは、ほんとゲームの世
| りらの感想日記♪ | 2011/12/20 22:23 |
【エンジェル ウォーズ】  ★★★☆  試写会(2)ストーリー 愛する家族を奪われ、醜悪な継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女、ベイ
| cinema-days 映画な日々 | 2012/02/18 13:59 |
エンジェル ウォーズ 継父より精神病院に入れられた 少女が自由を勝ち取る為、 空想世界で4人の仲間と戦う... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Sucker Punch 「不意打ち」
| 我が頭に巣くう映画達 | 2012/03/23 22:53 |
80点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「300」「ウォッチメン」の監督、ザック・スナイダー。 主演はエミリー・ブラウニング。 この映画、邦題の「エンジェル ウォーズ」ってのとパッケージの雰囲気...