B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『精神科医ヘンリー・カーターの憂鬱 』
JUGEMテーマ:映画
精神科医ヘンリー・カーターの憂鬱 制作年:2009年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:105分
 原題:SHRINK
 配給:ファインフィルムズ
 監督:ジョナス・ペイト
 主演:ケヴィン・スペイシー
     マーク・ウェバー
     ダラス・ロバーツ
     キキ・パーマー
     ロビン・ウィリアムズ

精神科医ヘンリー・カーターはベストセラーを出版しTVにも出演。彼のもとに
は、セレブな顧客がひっきりなしに訪れる多忙な毎日を送っていた。しかし誰
もがうらやむような生活の裏ではアルコール、喫煙、ドラッグにはまった生活
であった――愛する妻が自殺し救えなかった自分を責めているのだ。虚栄のイ
メージで生きることをやめるべく、ヘンリーは‘自殺’をテーマにしたTV番組
に出演し、自分は妻さえも救えないインチキな医者だと告白し、ベストセラー
本も買うなと著書を破り周囲を驚かせるが…。


この作品は精神科医なのに鬱気味なヘンリー・カーター医師
を中心とした軽めの群像劇となっています。
名作『クラッシュ』ほど大がかりなシナリオではないものの
カーター医師の患者友人たちが最終的に一つにまとまります
あちらこちらにわかりやすいフラグが見えすぎてるのが残念
ですが、演技はケヴィン・スペイシーのなんとも怠惰的な
精神科医カーターの演技がすばらしいです。
またあのロビン・ウィリアムズがちょいの脇役で出ているの
が凄いケヴィンとのツーショットではお互いの演技で緊張感
が出てました。
アルコール中毒の名俳優という役でしたがアルコール中毒を
ごまかすためにカーターに対してもセ○クス依存症なんだ
そういう病気なんだと信じ込もうと信じ込ませようとするの
ですがその演技表情がとにかくすばらしかった。
それにたいするケヴィンさんの対応の演技も表情も間もすば
らしかったです。
あのシーンはぞくっとしました。
そしてお母さんが自殺したことで自分を責める女子高生が
患者としてカーターの前に現れたときに一気動き出します。
自分の境遇を重ねたカーターの接し方自分を振り返りつつも
自分の力で自分を救えないカーター彼は彼女を見て接するこ
とでどう変化していくのかも興味深かったです。
残念ながらテンポが緩いのでその辺間延びしてしまいます
こういう良作でこれだけのキャスティングで日本での配給が
ファインフィルムズってファインフィルムズさんには失礼だ
けどもったいないというよりフォックス当たりが食いついて
いてもおかしくないと思いましたが・・・


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:51 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2851
| いやいやえん | 2012/07/23 15:11 |
精神科医ヘンリー・カーターは華やかで多忙な日々の裏で、妻の自死やドラッグにはまったりと乱れた生活を送っていた。 精神科医って希死念慮や人の憂鬱になる話を一日中聞いて、自分自身が鬱にならないのかと思ってましたが、やっぱりなっちゃう方もいるんですね。