B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『[リミット]』
JUGEMテーマ:映画
リミット 制作年:2010年
 制作国:スペイン
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:95分
 原題:BURIED
 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
 監督:ロドリゴ・コルテス
 主演:ライアン・レイノルズ

イラクで民間ドライバーとして働いていたポールは、何者かに襲われ真っ暗な
木箱の中で目を覚ます。状況が理解できない彼は、何とかして助けを呼ぼうと
するが…。


ライアン・レイノルズ主演のシチュエーションスリラー作
品です。
パッケージを見て分かるとおりの内容で完全にライアンさ
んの一人芝居で構成されています。
当然ですが棺の中だけが舞台でなんと90分です。
もう正直な感想としてはライアン・レイノルズさんお疲れ
様でした。
これにつきますね〜
皆さん想像通り90分は完全に長いです。
途中でやることが無くなって無理矢理な演出が多少ありま
す。
これは最初と自分が雇われている企業と連絡が取れた当た
りから最後までで30分で構成した方が盛り上がったと思う
それにしても企業のにげっぷりは凄いね・・・某監督の
あの作品でもアメリカ企業の冷酷さ追求してますが・・・
主人公の場合は幹部とか役員ではなく雇われでしかもまだ
9ヶ月だからこその戦地へいかされ最初から何かあれば切
り捨てられる状況で契約しているんだけど、主人公のよう
に家族のために戦地に赴くことになると分かっていても
そういう職に就くわけでその分給料も破格なのだと思う
使い捨てというわけで生きて帰れば確かに給料もよいでし
ょうがリスクのほうが多いですからね・・・民間企業って
怖いですね、国防省の対応も対応している人たちも冷酷だ
ったけど彼らは悪くないと思う実際にあの状況であの対応
されたら切れるけど彼らだった何人も同じように誘拐され
た人たちの対応をしてるし救ってあげられなかった方が多
いはず、彼らにああいう対応をしなさいという政府の方針
というのもあるし彼らだって悔しい思いをし続けていると
思う、一番腹が立ったのは警察の対応ですね・・・
よく映画でもあんなシーンがあり結果助からなかったとい
うシーンが多いからアメリカの警察は本当に危ないときに
119しても役に立たない来てくれないと思っちゃうよね
なんか面倒だから助けたくないというように聞こえるんだ
よね〜まあ日本の警察も似たようなものか・・・ストーカ
ー被害とかの対応はアメリカの警察のそれと同じだし
中盤は完全に中だるみだけど後半は面白いし最後の落ちは
特に良かった。
中盤カットの短編映画として撮り直してほしいぐらいです
最後に・・・本当にライアン・レイノルズさんお疲れ様で
した。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 12:47 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
好き嫌いがはっきり分かれる映画ですよね。

1人芝居で90分良く頑張った!とは思いますが、私はあのラストがどうにも好きになれません。
期待させといて無駄死にとは・・・許せん。
| ヒロ之 | 2011/07/29 02:00 |
とにかく息苦しい作品でしたね
ライアン・レイノルズさんには
ほんとお疲れ様と言ってあげたいです
電波残量残り1からの携帯の使えようにはビックリ出したけど…私の携帯もあんなだったら使えるのに(笑)
ラストのオチにはちょっと呆然としました、でも
あれで助かったらそれもまた作品として面白くない出来だったかもしれませんね
すぐに切り捨てられる民間企業の対応には憤りを感じましたが、
実際リアルにありえそうでそこが怖いですね
| maki | 2011/07/29 19:09 |
ヒロ之さんコメントありがとう

そうなんですよね90分はやはり長いです。これで挫折する人が多いと思う
30分ぐらいでまとまっていればもっと評価されてるんじゃないかな?
自由に動けない状態での90分の一人芝居はライアンさんもかなり疲
れたんじゃないかな、いっぺんには撮影していないんだろうけど
ラストに関しては私は好きでした。
たぶんこの作品のラストと同じようなことのほうが多い事例だと思うので
見る側としてはやはりハッピーエンドのほうがいいけど
| せつら | 2011/07/30 08:44 |
makiさんコメントありがとう

息苦しい映画でしたね〜ライアンさんも撮影きつかったと思います
取りっぱなしと言うことはありえないけどまた狭いところに入って演技するのか
ぐらいは心で思ってるかもね(^^;
結構しゃべっていたけど電池最後まで無くならなかったね・・・
無くならなかったから最後のごめん間違った情報もらちゃったが効いてるんだけど
下っ端のやつを拘束して尋問しても埋めた相手が誰なのかなんて断定できないよね
助かりたいから知ってるといって自分が知ってる情報しか言わないだろうから
ラストのようなミスになってしまうんだね・・・そもそも彼は助かって
今は大学に通っているといった張本人が彼の遺体を見つけちゃうんだから
皮肉だよね、企業の責任は一切取らないぞてきな非常さは恐ろしいよね
アメリカで働くときは会社のためになんてがんばるのは無駄なのかもしれない
| せつら | 2011/07/30 08:50 |
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
いやー、ライアン君、本当に頭が下がりました。
金をもらってもやりたくないような仕事かもしれませんが、
結構体を張って頑張ってましたね。脱帽ですw

あと、ホント、企業って恐ろしいですね (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
| oguogu | 2011/07/31 22:35 |
アメリカの大企業の冷酷さはよく耳にしますがこれほどとは酷いですよね
そく見殺しって・・・しかも助かったときのための保険もしっかり
かけてるしね、あの質問なんてまさに助かった後問題にならないように
だし、むしろあのシーンはさっさと電話を切った方が最後の嫌がらせになって
いいかも
| せつら | 2011/08/06 08:49 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2816
| 銀幕大帝α | 2011/07/29 02:01 |
BURIED/10年/スペイン/94分/サスペンス・スリラー/劇場公開 監督:ロドリゴ・コルテス 出演:ライアン・レイノルズ <ストーリー> イラクで民間ドライバーとして働いていたポールは、何者かに襲われ真っ暗な木箱の中で目を覚ます。状況が理解できない彼は、
| いやいやえん | 2011/07/29 19:03 |
閉所恐怖症になりそうです。暗くて狭くて息苦しい。 ライアン・レイノルズさん主演のワンシチュエーション劇。舞台がほぼ棺の中で成り立っています。これ究極の低予算? この手の作品では、「なぜこのような目にあっているのか」「どうやって脱出するのか」「どのよ
| oguoguの日々映画見っ放し! | 2011/07/31 22:04 |
2010年11月上映 監督:ロドリゴ・コルテス 主演:ライアン・レイノルズ  目覚めたら箱の中。脱出不可能・・・・・・おお!アイディアの勝利、これはおもろい!...