B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『幸せはシャンソニア劇場から』
JUGEMテーマ:映画
幸せはシャンソニア劇場から 制作年:2009年
 制作国:フランス・チェコ・ドイツ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:120分
 原題:FAUBOURG 36
 配給:日活
 監督:クリストフ・バラティエ
 主演:ジェラール・ジュニョ
     クロヴィス・コルニアック
     カド・メラッド
     ノラ・アルネゼデール

1936年パリ。下町の人々から愛されるミュージックホール・シャンソニア劇場は
不況のあおりで不動産屋に取り上げられてしまう。劇場の従業員・ピグワルは仲
間と劇場を取り戻そうと、美しいドゥースの歌声を頼りに再び公演を始めるが、
頼りの彼女もすぐに去ってしまい、劇場は風前の灯火に…。沈むばかりのピグワ
ルだったが、ある日突然ドゥースが戻ってきた。たちまち劇場に人があふれ、シ
ャンソニアは見事に復活、毎夜満員の華やかな舞台が繰り広げられる。だが、順
風満帆でみんなが浮かれる革命記念日の前夜、事件が起きた…。


この作品は1936年のパリを舞台にしており不況だった当時にあ
って下町の人々から愛されていたミュージックホール・シャン
ソニア劇場を舞台にそこにで生きる従業員たちの生活を描いた
作品です。
ドイツ占領時のフランスを描いているのでそれを踏まえて鑑賞
されるといろいろなシーンの意味も分かってくると思います。
オープニングは主人公が警察署で調書を取られておりその段階
で最後に何が起こるのか読めてしまうのが残念ですね、自分が
何をしたのかの説明の前にその行為に至るまでを語って聞かせ
るわけでオープニング後は回想という感じになるのかな、しか
し回想と言っても主人公の語りが入っているわけではないし途
中ちゃちゃが入るわけでもないので一つの物語として鑑賞出来
ます。
ドイツに占領され不況が続き労働者も職がないそんな状況で
の楽しみがシャンソニア劇場だった。
その職員たちや劇団員の人たちにとっても唯一の憩いの場であ
り生きる証でもあったのです。
しかし不況には勝てるわけもなく従業員に払う給料もままなら
ないまた経営者は借金苦のために自殺、劇場は借金取りに買い
取られ経営権を放棄されてしまい再びみんな職を失ってしまう
そんな中でそれぞれはそれぞれの道を歩くわけですが主人公は
劇団員に奥さんに寝取られあげくに奥さんは他の男と出て行っ
てしま一人息子と職がないなりに生活を続けるが・・・
話的には面白い作品ではあったものの主人公を含めて生活感が
あまり描かれておらずにドイツに占領されて不況であるという
部分もしっかりと描かれてはいませんでした。
三度復活するシャンソニア劇場ですがその魅力も中途半端なも
のとなっております。
言い話だし面白いのだけどもっと時代背景を描いてほしかった
かなそうすればもっと説得力があったのにと思われます。
不況だからこそ日々の楽しみを娯楽に求める笑いを求めるのは
今も昔も同じ事ですね


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:24 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2523