B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『サンシャイン・クリーニング』
JUGEMテーマ:映画
サンシャイン・クリーニング 制作年:2008年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:92分
 原題:SUNSHINE CLEANING
 配給:ポニーキャニオン
 監督:クリスティン・ジェフズ
 主演:エイミー・アダムス
     エミリー・ブラント
     アラン・アーキン
     スティーヴ・ザーン

負け組人生を送るローズとノラの姉妹は、一発逆転を狙うべく割のいい‘事件
現場’の清掃事業を始めるが…。


リトル・ミス・サンシャインのスタッフが再び!という謳い文
句に引かれて借りましたが二匹目のドジョウはいませんでした
でもリトル・ミスと見劣りはしますが見比べずに単品だともっ
て鑑賞すれば普通に面白い作品でしたよ、ちょっと淡々した感
じのテンポでしたが今回は二人の不器用な人生を送る姉妹の絆
を確かめ合う姿を描いておりラストの落ちも効いており面白か
ったです。
親子そろって何事もうまくいかない感じがなんかかわいそうで
はあります。
長女のローズは現在高校の時の元恋人と不倫中で彼女自身高校
時代はチアリーダーで学校位置の美女で男が言い寄ってくるタ
イプの生徒でした。
卒業して社会人となってもその感覚のそのままでいるという感
じがします。
あの頃の自分じゃないと言うことを認めたくないそんな彼女の
思いと行動が全部裏目に出ちゃうんですよね、そんなローズを
『魔法をかけられて』で痛いお姫様を演じたエイミー・アダム
スさんが演じていました。
妹ノラは、いまだに自立できずに父親と同居中。仕事も自覚が
足らずにバイト先も長続きしない何やってもドジばかりでまと
もに出来ることもないときてます。そんな彼女を『プラダを着
た悪魔』で鬼編集長のアシスタントのエミリーを演じていた
エミリー・ブラントさんが演じてました。
お父さんは商才があると勘違いしており一攫千金を狙って怪し
げなお菓子の訪問販売に手を出したり小エビを買い付けてレス
トランなどに売ろうとするも全く売れずに家計の足をひっっぱ
てばかりという始末で親子そろってなにやってんだかという生
活ぶりです。
終わってみれば結局元に戻ってしまっているのだけどそれぞれ
の生きる道が開け明確になった分だけ未来が見渡せるようにな
ったんじゃないでしょうかね、あの事件でより絆も深まったこ
とだし第二・・・いや第三の人生を楽しく過ごしてもらいたい
ですね、そういえば結局ローズとウィンストンはどうなったん
だろう?


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 20:11 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/03/19 20:18 |
 『つらいこともあるけれど、 一緒にいれば悲しみも洗い流せる』  コチラの「サンシャイン・クリーニング」は、「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが再び集結し、たった4館での公開から全米で大ヒットを記録した7/11公開のPG-12指定のヒューマン