B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『夏時間の庭』
JUGEMテーマ:映画
夏時間の庭 制作年:2008年
 制作国:フランス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:102分
 原題:L'HEURE D'ETE
 配給:IMAGICA TV
 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 主演:ジュリエット・ビノシュ
     シャルル・ベルリング
     ジェレミー・レニエ
     エディット・スコブ

オルセー美術館20周年企画として全面協力の下に製作された話題作が遂にDVD化!突
然の母の死によって、家と膨大な美術品という遺産と向き合うことになった3兄弟が
愛着と現実の狭間で揺れ動く様を感動的に綴っていく。


この作品はフランスの作品でフランスでは有名名オルセー美術館20
執念企画として美術館が全面協力して制作された家族と兄弟を題材
にした作品です。
物語は突然死去した母親からの遺産分配を巡り3人の兄弟たちがそ
れぞれの思いのうちに話し合いをするお話です。
母親は趣味で集めいていた貴重な美術品とフランスでも著名だった
画家の義理の弟が彼女のためだけに書いた絵画と歴史ある家を息子
たちに残しました。
美術品に関してはオルセー美術館を始め他の美術館からも注目され
ていました。
フランスに残る長男は思い出の残る家と数々の美術品を手放したく
ないと思っており家を別荘代わりにして3人それぞれ休みの日など
に利用すればいいと思っておりその思いは3人とも同じだと思って
いました。
しかしそれぞれ異国で生活している長女と弟は過去よりも今そして
未来を見ており思いであふれる家だけど美術品も含めて売りに出し
3人で分けてそれぞれの生活を送るべきだと思っていたのでした。
膨大な美術品の価値を考えるとここで兄弟げんかが始まってもおか
しくはないのだけど長男がいろんな意味でいい人なので喧嘩になら
ないんですよね、自分の思いを押し殺して二人の弟と妹の気持ち
彼らの生活を考えて彼らにあわせちゃうんです。
まあそうはなっても未練たらたらで作品中後悔しまくっており奥
さんから怒られちゃいます。
もう何度も聞いて飽きたわよ!と怒りながらあきれて二人で笑い
出すシーンはなんだか印象に残りました。
仲の良い夫婦ですね、お互いを理解し合っているのが物語り中に
垣間見れました。
私も長男なので彼の気持ちは理解できる部分があるんですよね
家に美術館の人たちがやってきたとき長年お手伝いをしていた老
女に記念に何かあげるよと家の者を持って帰らせたのだけど
帰宅途中の方が息子に高価な物をいただいたら悪いから一番地味
ないつも花を生けるのに使っていた一番地味な花瓶をいただいた
と話してましたが実はその花瓶凄く貴重で高価な花瓶だったんです
よね、あげた方ももらった方もその価値が分かっていなかった
というそのシーンは笑っちゃいました。
ラストでは長男の長女高校生の子が同級生たちをもう何もなくな
ったお婆ちゃんの家に集めパーティを開いていました。
美しい庭などで大音量で音楽を流し遊び踊る少年たち家の中では
マリファナを吸う少年たちこのバカガキは最後に台無しにしてし
まってと思ったけど、最後彼氏と一緒にいるときに本心を涙なが
らに語りました。
たまにしか合わなかったお婆ちゃんが好きだった。
頻繁にはこれなかったけど他の兄弟の子どもたちと一緒に遊んだ
この庭と周辺の自然が好きだったと語ったときに、つれてきた
同級生はともかくまだ子どもの彼女は彼女なりに最後の別れをこ
の家でしたんだなと思え最後に少年たちの行為が許せました。
まあたばこやドラッグは別だけど・・・
この作品は基本的に兄弟が思い出を語りつつそれぞれの思いを
語っている作品なのであわあわと物語が進行しますので結構スト
ーリー的には平坦です。
またオルセン美術館全面協力といってもそうたいして協力はして
いないです。
美術品たちも少量だし誰の作品化という名前は出てくるも肝心の
品をじっくりうちし出さないので本物を使っている意味がまった
くありません、またそれらの美術品の知識がなければそれさえも
スルーでしょうからかなり好き嫌い別れる内容だと思います。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:51 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2399