B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『最高の人生』
JUGEMテーマ:映画
最高の人生 制作年:2002年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:100分
 原題:LEVITY
 配給:クロックワーク
 監督:エド・ソロモン
 主演:モーガン・フリーマン
     ビリー・ボブ・ソーントン
     ホリー・ハンター
     キルスティン・ダンスト

約22年の刑期を終え故郷に戻った中年男のマニュアル。犯した罪の重さに苦悩して
いた彼は、初老の牧師・マイルズと出会い、駐車場の管理人として働き始めるのだ


この作品は少年時代に仲間とコンビニ強盗を行いはずみでレジの青
年を撃ち殺してしまったマニュアル、少年時代一年間少年院に入れ
られその後終身刑を言い渡される、22年間服役し自分の犯した罪を
考え続ける毎日でした。その彼が服役中の態度が認められ釈放され
る事になりました。
自分は罪を償わなければならないから社会に出ることは出来ない一
生刑務所で過ごしたいという彼の願いは聞き入れられなかった。
22年間のブランクでは外で生き抜く自信がない刑務所のほうが安定
した生活をおくれるからという思いもあったと思います。
この作品は社会に出たマニュアルの罪にたいする贖罪と許しそして
人生のやり直しを描いています。
マニュアル人身がどう罪に向き合っているのか人を殺したという罪
にたいするする贖罪をどう考えているのかを描いています。
他の作品と比べて違うところはこの作品ではマニュアル自身の弱さ
を描いているんですね、彼は人間的に弱い人です。
それは見ていればよく分かるはずです。
まず罪を犯す人間は弱いから罪を犯してしまう、また引き金を引い
てしまうのは人間的に弱かったからだと私は思う・・・
彼は罪に苦悩しながら自分が殺した青年の唯一の肉親である姉に近
づき彼女のために尽くし罪を告白し許しを請いたいと思ったのも
自分が楽になりたかったから、自分が彼女の前に現れ正体を明かす
ことが彼女がどう思うのか感じるのかそれが本当に贖罪になるのか
彼は考えなかったのです。
贖罪を考えながらも実は自分が楽になることを願っていたマニュア
ル、一つの事件で罪とは贖罪とは償いとはやっと考えることが出来
るのでした。
彼の弱さを描いた作品なのでお涙ちょうだい的な内容ではありませ
んので結構なにやってるの?しっかりしなよと思う部分が多々あり
ました。でもそこが良かったかも、マニュアルののんびりした性格
も手伝って作品的にものんびりした展開ですので好き嫌いが別れる
かもしれないです。
キャスティングは豪華で主人公マニュアルにビリー・ボブ・ソーン
トンさん、彼を受け入れ面倒を見た神父にモーガン・フリーマンさ
ん、主人公が殺した青年の姉を演じたホリー・ハンターさん
主人公が駐車場の管理をするダンスホールの常連で不器用に生きて
いる女性を演じたキルステン・ダンストさんです。
モーガンさん演じる神父も後半でではビックリしました。
だからこそマニュアルを受け入れたんだなと彼もまた罪と贖罪のた
めに生きていたのだなと思いました。
キルステンさん演じる子もコミュニティに訪れる青年たちも次第に
マニュアルに接しているうちに自然と変わっていきます。
ラストは印象的でした。なにげにマニュアルが与えたほんの少しの
影響・・・彼女たちはコミュニティを預かったことでその心の種が
少しづつ花開いていくのかもしれませんね、彼らはまだ若いから
その種はようやく芽吹きだしたと言うことでしょう
邦題は全然内容と合っていませんむしろモーガンさんが出てると言
うだけで安易に付けられた邦題だと想像できるくらいです。
原題は『levity』というそうで軽率な行為という意味もあるそうで
す。まさしくこの作品に登場する人たち全員に当てはまる意味です
よね、このタイトルのほうがしっくり来ます



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:41 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2393