B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『オリンダのリストランテ』
JUGEMテーマ:映画
オリンダのリストランテ 制作年:2001年
 制作国:アルゼンチン
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:96分
 原題:HERENCIA
 配給:彩プロ
 監督:パウラ・エルナンデス
 主演:リタ・コルテセ
     アドリアン・ウィツケ
     マルティン・アジェミアン
     エクトール・アングラーダ

ブエノスアイレス郊外。オリンダがひとりで切り盛りする小さなリストランテ。ある
日、ドイツ人青年ペーターがこの店を訪れる。昔の恋人を捜してブエノスアイレスの
街を彷徨うペーターが気にかかり、何かと世話を焼くオリンダ。そんなペーターと接
するうち、オリンダは自らの人生を見つめ直し始める。


この作品はアルゼンチン制作のヒューマンドラマでタイトルが示す
とおりブエノスアイレス郊外で主人公オリンダが切り盛りするリス
トランテが舞台になっています。
お店自体は町の定食屋という感じなのですがそれでも町の人から愛
される庶民的なリストランテになっています。
オリンダの肝っ玉母さんぶりが町の人から愛されているんですね
その頑固だけど気立てが良く優しいオリンダの見せにドイツから1
人の青年がやってきます。
何でもドイツで知り合ったアルゼンチンの女性を探しにやってきた
そうです。
探し疲れ食事をとやってきたこのお店で従業員と喧嘩中のオリンダ
が投げたお皿がペーターの額に命中してしまいます。
これが彼女とペーターの出会いでこの出会いが両者の運命を変えて
いくのでした。
ホテルに戻ったペーターは泥棒に財布を盗まれてしまい一文無しに
なるこの国で唯一面識のあるオリンダを頼りに彼女の見せに向かう
のでした。
この作品はなんと言ってもオリンダの魅力につきるでしょう、彼女
のペーターに向ける優しさと信頼は彼女自身がペーターの身の上と
同じくするからでしょう、この辺に関しては是非この作品をごらん
になってほしいのであえて触れません、また喧嘩ばかりしてるけど
アルバイトのアンヘルへのさりげない優しさも垣間見れます。
印象的なのはアンヘルが新しく進出してきたファーストフード店に
黙って面接を受けたら合格してしまいオリンダに告白します。
オリンダはお店をやめることを許し彼を送り出すのですが彼がいな
いことを寂しがりこっそりそのファーストフード店に足を運んだり
します。
また常連のテーブルクロスに絵を描く老人との不思議な関係など
とても素敵な女性でした。
店をたたむことを考えていたオリンダだけれどペーターとの出会い
がいろいろと彼女を揺り動かしていきます。ペーターも彼女捜しを
続けながら新しい女性と親しくなったり意味不明な行動をとるので
すが値が凄くきまじめで優しいので何故か憎めないのです。
実は彼女捜しは良いけど彼女が母国に帰って一年もたってから探し
に来てるのです。彼曰くいろいろと家庭の事情があるそうだけど
彼女と出会うことが出来るかはそれも見てのお楽しみと言うことで
物語全体が優しさに満ちていてとても楽しく鑑賞できました
特にラストは秀逸だと思ってます。
最後の最後彼がポストの頭を嬉しそうにポンポンとたたいてフェイ
ドアウトするシーンは何とも言えないですね、年末も押し迫ったこ
の時期にすばらしい作品に巡り会えて幸せです。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:07 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんにちは♪
アルゼンチン映画というのはまともに見たことがなかったのですが、素敵な作品でしたね
やはり作りかたで、部分部分あれって思うところはあるものの、それでも、私もフェデリコのラストのポストトントンは非常に気に入ってしまいました
画面の端っこであったのもいいですよね、あれで真ん中にクロースアップされていたら、また違っていたと思います

オリンダの帰郷時の感想が率直で、変わっていないことに安心しつつも、やはりどこか違うという意見は非常に現実的に思えます
まあ、果たしてペーターが定食屋を続けられるほど料理の腕があったのかは疑問ではありますが…(そういえば台所仕事を数回やっていましたね)
| maki | 2010/01/07 09:39 |
makiさん今晩はコメントありがとう!

makiさんもこの作品鑑賞されたんですね、この作品はまさに
年末に鑑賞してあまりにすばらしい作品だったのでこの作品を
去年最後の作品にしました。
アルゼンチンの作品は2作品ほど鑑賞してますがこの作品は
本当にすばらしかったです。
オリンダの魅力につきますね、彼女だけではなく常連の方々
など個性的だったし、またmakiさんもラストは気に入ったんですね
あの演出は秀逸でしたね、手紙だけで終わらなかったのが
余韻を残してくれました。
ペーターは確かに厨房を手伝ってはいたけど確かに料理自体の腕
は分からないですよね・・・オリンダが任せたと言うことは
料理もうまかったのかも・・・
| せつら | 2010/01/07 18:26 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2375
| いやいやえん | 2010/01/07 09:33 |
オリンダの小さなリストランテ(食堂)を舞台にした人生賛歌、かな。オリンダの作るアルゼンチン料理の数々も、珍しいので興味津々。決して気取った店ではなく、普通のオバさんがやってる小さな定食屋だから客は常連ばかりなんだよね。気の強い彼女は当然店員が皿を割