B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『シリアル・ママ』
シリアル・ママ 制作年:1994年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:94分
 配給:松竹
 監督:ジョン・ウォーターズ
 主演:キャスリン・ターナー
     サム・ウォーターストン
     リッキー・レイク
     マシュー・リラード

社会に溢れる理不尽な輩に怒りの鉄槌を降り下ろし、殺人を繰り返
す良き家庭の平凡な主婦の姿を通して、現代人の心の中に巣食うフ
ラストレーションと怒りと殺人衝動を鋭くえぐる悪趣味なブラック
ユーモアに満ちたホーム・ドラマ





平凡な主婦であったはずのバージルがモラルを守らないやか
らに天誅をくだすブラック・コメディー、バージル役のキャ
スリーン・ターナーの縁起が最高によかった。あの笑顔とモ
ラルを犯したやつを見つけたときの獲物を見つけたハンター
のような目のギャップがすごい、コロコロと変える表情の作
りが何ともいいです。
この作品一応サスペンスであるけどあくまで明るいのりと明
るい映像でそれを感じさせない殺しの描写は結構きついはず
なんだけど、火かき棒で背中を串刺しにして引き抜いた際に
内蔵の一部がくっちいてるんだけどバージルがさも気持ち悪
そうに嫌そうにとろうと苦労するシーンなど殺人シーンをコ
ミカルに描いていて暗さがないです。

登場人物たちも個性的だし、ビバリーの家族もまともじゃな
いし、まともなのは旦那だけだったりします。
息子はホラーマニアで今回のこと一応ママを止めようとはす
るけど面白がってる、映画化しようと動き出すなど、娘はブ
スでおデブのくせに男狂いだししかも勘違い症でもある、一
番こいつがむかついたよ、息子の恋人役のリッキー・レイク
がショートカットがとても似合っていてかわいかった。

なんといってもこの映画ストーリーも奇抜で面白かったけど
主演のキャスリーン・ターナーの演技につきます。法廷での
変態の証人にたいしまたを開いたり閉じたりして誘惑しまと
もにしゃべらせなかったシーンなどその表情などからも女優
だましをみた気がします

しかしエンドロールでのさも実話のような言い回しにはちょ
っとびっくりしたかな


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 13:55 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。