B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ヒトラーの旋律』
JUGEMテーマ:映画
ヒトラーの旋律 制作年:2004年
 制作国:ドイツ・リトアニア
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:107分
 原題:Ghetto
 配給:彩プロ
 監督:アウドリアス・ユツェナス
 主演:ハイノー・フェルヒ
     エリカ・マロジャーン
     ゼバスチャン・ヒュエルク

収容所を管理する将校は、警官のゲンツを使ってステージの上演を命ずる。多
くの仲間が死ぬのを目撃したゲンツは、ひとりでも多くの命を救うために命令
に従うが…。


この作品は1941年 ナチ占領下のリトアニアでユダヤ人のビルニュ
ス強制収容所で1944年までの実話でありナチの恐怖にさらされな
がらも勇敢に命をかけて同胞を少しでも多く守ろうとした地元警
官ゲンツを描いた戦争ドラマです。
収容所とはいえ他の場処理は平和に過ごしていたゲットーの町に
新しいドイツ将校が赴任してきます。
キッテルという将校は若干22歳の青年で社会経験も未熟な青年だ
けどそれが故に危ない彼の機嫌をとることでゲットーを守ろうと
ゲッツは町に潜んでいる劇団を紹介し彼に劇を見せげーーとの裕
福な人たちに劇を見せたりドイツ兵を招いてのパーティーを開い
たりなんとか無用の殺戮が起きないように注意しますが
若さ故の幼稚な思考とナチスドイツという強い後ろ盾にキッテル
は次第に我を強めていきます。
そんな彼が唯一気に入った劇団員いちの歌姫には結構甘かったり
するのもやはり若さが出ていると思った。
和解から非常なことは出来ないだろうというゲッツも認識が甘く
スターリングラードでロシア赤軍に降伏したというナチ崩壊の知
らせがもたらされ次第に変わっていくのでした。
一家族に子供は2人までという宣言の元に子供たちを間引いたり
そういう仕事は全部ゲッツに押しつけるしか指導法を守りたいと
いうゲッツは彼の言うことを聞くしかなかった。
それでも何とか人数を調整して他人に子供を預けたりして出来る
だけ多くの子供を連れて行かれないように苦心もしました。
同胞たちからも裏切り者と言われ非難されてもそれでも自分のし
たことは間違っていないと信じ泥をかぶりながら少しでも多くの
同胞を守っていくのでした。
しかし・・・ラストは悲しかったですね劇団のメンバーのひと
みんな気に入っていたのに特に腹話術の人形の振りをしていた女
性は結構好きでした。演技も上手かったですしね
キッテルもあんな命令を出しておきながらやはりその惨状を目の
当たりにして自分のしたことの意味を知ったのでしょうか
銃を取り落とし肩を落として去っていく姿彼も戦争が終わりドイ
ツの敗戦が決定したとき思い十字架を背負い戦犯として長く生き
続けなければならない自分が殺してきた人たちを背負い苦しむこ
とでしょう若さゆえの取り返しのつかない判断自分が一番偉い何
でも自分の思いどおりになるそれが一変したとき彼はどうなるん
だろうね、22歳まだ人生はかなり長いのに彼の未来は閉ざされた
キッテルとゲッツそして劇団員たちで描いたもう一つの生死をか
けた戦い武器がなければ才能で生き残れ!それがナチス占領下の
人々の武器だったんだろうと思う、歌姫は自信の歌声で自分を守
り通した。
彼女の歌は本当に見事でした吹き替えではなく実際に彼女が歌っ
ていたのは分かります。
げっつを演じたハイノー・フェルヒさんはさすがの演技でした


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 09:45 | 【MOVIE】 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
観ました!観ました!
今観終わったところ。
ヒトラーの戦争ものでは「シンドラーのリスト」「ヒトラーの贋札」の次位かな。
>彼女の歌は本当に見事でした
歌詞もスンゴクよかったですね。
またおじゃまさせて下さいね
| 多摩子 | 2010/07/08 01:16 |
多摩子さんコメントありがとうございます

ナチスドイツもの映画はたくさんありますね、新作が出れば極力見てい
るのですがここ最近のナチスものの中では非常に良くできた作品でしたね
町に残っている人たちが自分の才能だけで生きていこうとしている
またナチスのメンバーでも主人公のような人もいるわけでもともと
彼があの町を見ていたから彼らも安全だったんですよね・・・
『シンドラーのリスト』は未見ですが『ヒトラーの贋札』は見てます
| せつら | 2010/07/08 19:09 |
これムチャクチャ面白かったんですよ。二年前に観たのに全然まだ覚えてる。ってきりミニシアターなんかで公開されてると想ったけど未公開で、映画会社の人は、何を選んでんだかって想っちゃいます!(^^)! キッテルのキャラの魅力に惹かれました。なんか、こういう役の人がいる映画が観たいですよね。事情もあってドイツ・リトアニアですから公開できないんでしょうね。ラストは、やっぱダラダラ感が残ります。主役(?)の女性は、逃げ延びて助かるんですね。キッテルに殺されたりしたら映画的に映えるんじゃないかと思ったけど... そんなにも恋愛重視な内容でもないし... 『ユダヤ人差別の映画』って面白いの多いですよね(^−^)
| kekeke | 2012/02/15 04:16 |
実際ナチスはユダヤ人に対する迫害が酷かったから様々なことがあります
だからナチスがらみのユダヤ人迫害を題材にした作品が多いんでしょうね
実話なものも多いのでストーリーがしっかりしてますね
| せつら | 2012/02/15 20:10 |
実際ナチスはユダヤ人に対する迫害が酷かったから様々なことがあります
だからナチスがらみのユダヤ人迫害を題材にした作品が多いんでしょうね
実話なものも多いのでストーリーがしっかりしてますね
| せつら | 2012/02/15 20:15 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 | 2010/12/01 09:57 |
「ヒトラーの旋律」  「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の “シュペアー軍需相”が ユダヤ人警察長官役を好演。        【原題】GHETTO 【公開年】2006年  【制作国】リトアニア 独逸  【時...