B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ダイアナの選択』
JUGEMテーマ:映画
ダイアナの選択 制作年:2008年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:90分
 原題:THE LIFE BEFORE HER EYES
 配給:日活
 監督:ヴァデム・パールマン
 主演:ユマ・サーマン
     エヴァン・レイチェル・ウッド
     エヴァ・アムリ
     オスカー・アイザック

ユマ・サーマンとエヴァン・レイチェル・ウッドがトラウマを抱えるヒロインを演
じたミステリー。17歳の時に銃乱射事件に巻き込まれ、犯人から生死を分かつ究極
の選択を迫られたダイアナ。15年後、彼女は理想の人生を手に入れたかに見えたが…。


この作品は非常に難しい作品ですね、なぜならラストでこれまで
見せられた90分を否定されてしまったから、17歳の高校生の時
1人の生徒による銃乱射事件が発生し親友とともにトイレにいた
ダイアナはそこで犯人に見つかり二者択一を迫られる2人とも助け
てと言う2人の言葉を聞かずに犯人は1人しか助けないと宣告する
どちらかを選べ・・・それから15年後ダイアナは愛する夫と愛す
る娘と幸せに暮らしていた。
高校時代のダイアナをエヴァン・レイチェル・ウッドさんが15年
後のダイアナをユマ・サーマンさんが演じており高校時代と15年
後を交互に見せて高校時代ではトイレでの犯人との邂逅を少しづ
つ明らかにしつつ親友との友情とダイアナの悩みを描いています
15年後では幸せに生きているダイアナに突如トラウマが襲い少し
づつ過去を思い出しながら少しづつおかしくなっていくその行き
着く先には何が待っているのか、贖罪をテーマにしており犯人に
銃を突きつけられてからそして望まぬ妊娠をし堕胎し親友との
友情関係を築き上げながら最後に選んだ選択、多分ラストが示し
たことは銃を突きつけられて最後の選択を迫られたとき彼女が何
を思ったのかそして最後の選択を選んだ理由がまさしく贖罪だっ
たのではないかそう思えてしかたありません
高校時代のダイアナは親に反発し高校生らしい生活をも反発して
いた。マリファナ男遊び母親のようにはなりたくないと言いつつ
も母親とも自分とも正反対の友に心を許し自分をだすダイアナ
退廃的な生き方と対照的な親友との友情望まぬ妊娠とはいえ子供
を身ごり自分が母親になることを意識するも男によって堕胎を
選択してしまう、そんな思春期の綱渡り的な感情を見事にレイチ
ェル・ウッドさんが演じきっていました。
また15年後の母親となり子供時代の自分に似てくる娘と過去を
思いだし苦悩するダイアナをユマさんが見事に演じていました。
この作品は凄く難しい映画で鑑賞中よりも鑑賞後のほうが考えさ
せられます。あのラストに向かうまでにすべてのキーワードが
示されています。
ダイアナと親友との会話や映像の中にも先生の授業の内容など
ラストを見て考えてください彼女の心をそして彼女の選択を



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 07:50 | 【MOVIE】 | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん こんばんは!
これは非常に上手い作品でしたね
最初のストーリー設定が15年後ユマになっているので
実は15年前の2人の関係が反対だったのか とかそういう話なのかと考えていたんですが…
実際は17歳のゆれる心理ものだったのですね
観てから思えば、ほとんどの言葉や会話に伏線が含まれていましたね
淑女と処女、これも彼女の2面性を現していたのかもしれません。
「選択」は自分を切り開こうとした未来への決断、後悔と希望だったんじゃないかなと思っています
| maki | 2009/08/01 23:33 |
makiさん今晩はコメントありがとう

ラストの展開にはビックリしましたね、あれで今までのは何だったの
という疑問がわくのですがもしかしたら一種の走馬燈のような
ものなんでしょうね
| せつら | 2009/08/05 17:28 |
アクション映画が好きでも映画界は、感動できるドラマの方が多いですよね。でも、素晴らしい物語もあるので巡り合いたいものです。少女二人の友情物語は、可愛らしくていいですよね。そしてラストに殺人少年が現れて、どっちかを殺すと... 私の予想は、タイトルがダイアナの選択なのでダイアナが身を差し出したのかと想ったんですけど... でも原題が全然違うので... 小説だったらしくて『春に葬られた光』ってすごく綺麗なタイトルですよね。あ、誰かが、どちらかが死んだんだなって印象で... 確かにモーリーンの選択だったら、なんか違和感がありますよね(笑) 面白いって言い方は、違うけど詰らなくはなかったです!!
| kekeke | 2012/02/15 04:53 |
なかなかおもしろ脚本でしたね、原作小説があったのは知りませんでした
なるほどという感じです
コロバイン高校の惨劇があってから題材に使う作品も多かったです
| せつら | 2012/02/15 20:30 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2227
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/07/27 20:47 |
 『「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。』  コチラの「ダイアナの選択」は、不安定で多感な17歳のダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)、学校銃乱射事件で、親友か自分の「どっちを殺す?」という”選択”を
| いやいやえん | 2009/08/01 23:24 |
「どっちを殺す?」ハイスクールの銃乱射事件から15年、トラウマを抱えた女性の心理サスペンスもの。 高校生時代をエヴァン・レイチェル・ウッド、現在をユマ・サーマンが演じていますが、う〜ん、どうだろう。クールビューティのレイチェルが15年たってもユマには
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/08/10 12:49 |
原題:THE LIFE BEFORE HER EYES公開:2009/03/14製作国:アメリカ PG-12上映時間:90分監督:ヴァディム・パールマン出演:ユマ・サーマン、エヴァン・レイチェル・ウッド、エヴァ・アムリ、オスカー・アイザック「どっちを殺す?」彼女の答えが引き金になり、新しい
| 小部屋日記 | 2009/09/10 15:08 |
The Life Before Her Eyes(2008/アメリカ)【DVD】 監督:バディム・パールマン 出演:ユマ・サーマン/エヴァン・レイチェル・ウッド/エヴァ・アムーリ/オスカー・アイザック 「どっちを殺す?」 彼女の答えが引き金になり、 新しい人生が始まった、はずだった。