B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『最高のともだち』
JUGEMテーマ:映画
最高のともだち 制作年:2005年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:96分
 原題:HOUSE OF D
 配給:インターフィルム
 監督:デビッド・ドゥカヴニー
 主演:デビッド・ドゥカヴニー
     ロビン・ウィリアムズ
     アントン・イェルチン
     ティア・レオーニ

病気のために心が子供のままの用務員・パパスと仲良くなった少年・トム彼らはい
つかショーウィンドウに飾られた緑の自転車に乗ることを夢見ていたが…。


デヴィッド・ドゥカブニーとロビン・ウィリアムズ競演の子供と大
人だけど心を持つ大人との友情と家族の愛を描いた感動作です。
ドゥカブニーさんが監督をされてるようですよ、主人公トミーが家
族を失いかけているときに奥さんに語る子供時代のお話がメインで
回想で構成された作品でした。
子供時代のトミーを演じたのはT4にも出演していたアントン・イェ
ルンくんでした。お母さん役は大好きなティア・レオーニさんです
41歳の中年だけど子供の精神を持つ障害者のパパス彼は高校の用務
員をして生計を立てています。そんなかれをバカパパスと生徒たち
はからかうのですがトミーだけは彼を友達として接していつも一緒
にいました。
しかし残念なことに子供は大人になっていくものそれはトミーとて
例外ではありません、パパスの精神的成長はすでに止まっており
パパスにとってトミーが大人になると言うことは自分からドンドン
離れていくことに等しいわけですね、おそらく彼の人生の中で同じ
ような経験をきっと繰り返しているに違いまりません自分と心の同
年代である少年たちが自分を置いてドンドン大人になっていくその
ジレンマと友を失うという喪失感と嫉妬心がパパスに思い切った行
動をとらせてしまう、心優しい少年トミーは心が優しすぎるが故に
一人苦しんでしまう、彼女が出来たことでパパスにも夫を失い精神
的に不安定な母親をも追い込んでしまうのだけど彼にそれが分かる
ことはない、女性刑務所で声だけだけど知り合ったレディという女
性がトミーを支えることにそして行くべき道を指し示してくれてい
たわけですね、パパスとの友情彼女への愛情そして愛する母親
総てを捨てて彼はレディの指し示した道へ『走っていったのでした』
それが大人のトミーを形成したといえます。
そしてそれこそがオープニングでトミーが奥さんと関係を崩してし
まった要因だったのでした。
後半は思わず泣いてしまいました。大人となりあの当時のパパスぐ
らいの年齢になったトミーは再びアメリカへそして生まれ故郷へと
帰って行きそして感謝の気持ちを胸にレディとそしてパパスとの再
会を果たすのでした。
特にレディとの再会のシーンは泣けましたね〜
少年の心を持つ大人パパスを演じたのはロビンさんですさすがの演
技でした。でも彼は『ジャック』でも成長が早いという病気のため
に小学生でありながら中年の体を持つ子供を演じてるわけですから
このような演技はお手の物ですよね
こんなすばらしい作品なのになぜ4年もたってようやく日本でレン
タルされるんだろう?


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:45 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2213
| soramove | 2010/05/12 07:16 |
「最高のともだち」★★★☆WOWOWで鑑賞 ロビン・ウィリアムズ、デヴィッド・ドゥカヴニー 、ティア・レオーニ 主演 デヴィッド・ドゥカヴニー監督、96分 、2005年                     →  ★映画のブログ★