B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『氷の素肌 ネイキッド・シンドローム』
JUGEMテーマ:映画
レストレイント 制作年:2007年
 制作国:オーストラリア
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:94分
 原題:RESTRAINTt
 配給:テレビ東京
 監督:デヴィッド・デニーン
 主演:トラヴィス・フィンメル
     テレサ・パーマー
     フィリップ・ホルダー
     スティーヴン・モイヤー

凶悪犯罪犯のロイとデイルは、アートコレクターであるアンドリューの屋敷に潜り
込む。ふたりはアンドリューを人質に取り屋敷での生活を始めるが、少しずつ彼の
正体が明らかになり…。




オーストラリア制作の監禁物サスペンスです。ちょっといかにも
という感じの若いカップルが男の暴走により店長を射殺してしま
い逃走中に立ち寄ったガソリンスタンドで現金がないために店主
に色仕掛けをしてしまう頭の緩い女その行為に嫉妬し激怒した
男は女に詰め寄り激しく攻める中それを止めようとした店主は
空いたトランクの中の死体を見てしまう、男は躊躇なく店主まで
射殺して逃亡しています。
とちゅう車を変えるために立ち寄った豪邸に棲んでいたのは1人の
男だけだった・・・その男からお金を巻き上げるために愚かな強
盗カップルは・・・
ストーリー的には面白い作品ではあったのだけど凄く疑問に思お
う行動を両者ともにとってるんだよね突っ込みどころはかなり多
いです。
屋敷の主は広場恐怖症ということで外に出れないという設定で
この時点でどちらにしても屋敷からでれないんだよね、それはラ
ストの複線になってるからいいのだけど実は犯人に反撃するチャ
ンスが数回有り特に1回目は犯人にマウントを撮って完全に遊星に
なってるに電話が鳴り男からでないと殺すぞと脅され電話に出ち
ゃうんだよね、まあ出ないと小切手を監禁しに行った女が捕まっ
ちゃうのだけどこの場合男の息の根を止めたほうが正解だよね
その後も結構あります。なぜ止めるというなぜ反撃しない?とい
うシーンが多々あるよ、女が自分の婚約者にそっくりなところか
ら何か企んでるなとは思っていたんだけどね、ラストの行動で
結局は一番腹黒いのはおまえかよ!って感じでした。
まあ犯人にたいして反撃するチャンスがありながらしなかったの
はそういうことだったんだね〜という感じで、広場恐怖症自体が
振りだという点はある映像で判明します。
ただ結構深く行動や言動をよんで推理しないとラストも含めて
意味が分からずに終わる可能性がありますね、個人的には結構
面白かったです。派手さもなし怖さもないけどヒロインを演じた
テレサ・パーマーさんが美人で肉感的なスタイルをしておりまし
た。当然サービスカット満載でしたよ


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:45 | 【MOVIE】 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |