B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ベティの小さな秘密』
JUGEMテーマ:映画
ベティの小さな秘密 制作年:2006年
 制作国:フランス
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:90分
 原題:JE M'APPELLE ELISABETH
 配給:CCRE
 監督:ジャン=ピエール・アメリス
 主演:アルバ・ガイア
     ステファヌ・フレイス
     マリア・ド・メディルシュ
     ヨランド・モロー

孤独を抱える10歳の少女がひとりの青年と出会い少しずつ成長し
ていく姿を描いたドラマ。犬のナッツしか友だちのいないベティ
はある日、精神病院を抜け出した青年・イヴォンと出会う。彼女
は彼の世話をしているうちにいつしか恋心を抱き始め…。


小さな少女と精神障害を持った青年の交流と友情を描いた作品で
過去にはケヴィン・ベーコン主演で『ウィズ・ユー』という作品
もありました。
この作品はフランス作品でフランス映画らしい間の取り方をされ
ていてどちらかというとまったりとした内容になっています。
主人公のベティの心の成長も描かれており青年との交流よりも
少女の心の変化をメインに描いていると感じました。
大好きなお姉ちゃんが寄宿学校に入学してしまい離れてしまう
お母さんは家にいることよりも外のに遊びに出ていることが多く
お父さんは精神病院の院長ということから家よりも仕事を優先し
てしまう、家政婦として雇っているローズは戦争により心に傷を
負ってしまいしゃべることが出来ないうえにやはり精神的に不安
定なことからベティはますます孤独感を感じてしまうのでした。
お姉ちゃんが居たから孤独感を感じなかったのに出て行ってしま
う1人になるという不安をオープニングから見せてくれています
お父さんの病院から抜け出してしまったイヴォンを家の納屋でか
くまうことにしたベティは彼を世話をするという行為で孤独から
逃げようとしているようにも思えました。
お母さんは新しい男を見つけてしまいお父さんともうまくいかず
に家を出て行ってしまうそのことがベティの不安を増長してしま
うのでした。
女の子というのは早い時期から大人の女性を意識していくもので
すねこの作品でもまだ幼いと言えるベティの母性と女らしさを
少しづつですが出して描いていますね、逆に男という生き物は
大人になってもいつまでたっても精神的に子供なんですよね〜
主人公のベティを演じたアルバちゃんめちゃくちゃ可愛い子でし
た。フランス映画の子役の子って男の子も女の子も可愛い子が
多いですよね、またイヴォンを演じた人もなかなかのイケメンで
した。
演技に関しては流石にケヴィン・べーコーンにはおよびませんで
したが


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 18:22 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2173
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/21 16:57 |
 『私が守ってあげる。』  コチラの「ベティの小さな秘密」は、健気な10歳の女の子の成長を描いた9/20公開の”少女映画”の傑作なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ナニゲにこうゆう子供の映画が好きなあたしとしては、なんとな〜く惹かれるモノがありまして、観