B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『フェイクシティ - ある男のルール -』
JUGEMテーマ:映画
フェイクシティ 制作年:2008年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:109分
 原題:STREET KINGS
 配給:20世紀フォックス
 監督:デイビッド・エアー
 主演:キアヌ・リーブス
     フォレスト・ウィテカー
     ヒュー・ローリー
     クリス・エヴァンス

ロス市警の刑事・トムは、かつての相棒が自分を内部調査部に密
告しようとしていることを知り警戒するが、その相棒が何者かに
殺され…。


『地球が静止した日』でのキアヌはえ〜!って思ったけど今回は
まだましでしたね、作品自体はキアヌ版『トレーニング・デイ』
というような内容でした。
まあキアヌにデンゼルさんのようなあくの強い警官を演じさせる
のは酷というものですがでも彼なりにがんばっていましたね
あれでアルコール依存症だというところが表現できていたらかな
り印象が変わるのにもったいないですね、キャスティングと映画
の内容を考えるとすぐにどういうことで黒幕が誰かも分かっちゃ
います。
もっと工夫してほしかったかな、シナリオは流石トレーニング・
デイの脚本を書いたデイビッドさんが監督だけあってしっかりし
てましたがただ『トレーニング・デイ』を見てる方には新鮮さは
感じなかったと思う、キャスティングで不満なのはやはりフォレ
スト・ウィティカーさんなんですよね、この人をこういう使い方
しちゃいかんでしょう彼がトニー役だったらしっくり来るんです
けどねかなり減量されてるのだけどあのひげが似合わないし
彼の演技力からすればちょっと違うんだよね〜逆に彼のあの役だ
ったら誰でも出来るじゃないって感じだし、あと内容の割に
緊張感が感じられなかったかな、元相棒の奥さん役で結構お気に
入りのナオミ・ハリスさんが出演していたのは嬉しかったです
それにトムの恋人役だったマルタ・イガレータさんもラテン美人
だったのでよい発見だったかも


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 17:04 | 【MOVIE】 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
“地球が〜”がいまひとつだったので期待してたんですが、まぁ確かにこちらはマシでしたけど、やっぱり今ひとつなところがありました。
内容がちょっと古い感じがするように思いましたよ。
| yukarin | 2009/06/13 22:54 |
こちらもコメントありがとう、クラトゥーにはがっかりさせられ
ましたね、キアヌさんの作品は当たり外れが激しいし自身が似合
わない役もしたりするから今回も不安ではあったけど彼なりにが
んばっていました。
| せつら | 2009/06/14 19:05 |
せつらさん、こんばんは(^^)
私もこちらのキアヌのほうが「地球が〜」 よりいいと思いました(笑) 内容はすぐわかっちゃいましたが、「トレーニングデイ」を見ていないので、結構面白かったです♪
| りら | 2009/06/18 20:39 |
りらさん今晩は!

やはりりらさんも地球がよりもこちらのキアヌさんのほうが
良いですよね、結構そういう意見が多かったけど実際に見て
みたらやはり皆さんが言うとおりだったよ
『トレーニング・デイ』はまだ未見ですか?デンゼルさんが
これでオスカーをとったので是非見てほしいですよ
| せつら | 2009/06/20 18:47 |
こんにちは。
トレーニングディの意外性とダーティな感じにはかないませんが、なかなか結構面白かったです。最後キアヌが良い者で終わったのを見て、やっぱりキアヌに汚れ役は無理なのかなぁと思いました。
キアヌ以外が腐れ刑事ばかりに描かれてたからしょうがないのかなー(笑

までもいつもとちょっぴり違ったキアヌが見れてよかったです。
| 僧兵 | 2009/06/21 08:26 |
僧兵さんコメントありがとう

キアヌがどこまで悪くなれるかに注目してたのだけど結局
中盤ぐらいではすでによい刑事になってましたね
彼が俳優としてもうひとランク上に行くにはここで汚れに
徹してほしかった気がします。
ラストも彼が必要だからとみのがされてしまっては・・・
結局キアヌのイメージを守っちゃったために作品として
今ひとつだった気が私はしました(^^;
| せつら | 2009/06/21 10:29 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/14 17:45 |
 『最期に頼れるのは、 魂か、弾丸か。』  コチラの「フェイク シティ ある男のルール」は、昨年末に「地球が静止する日」が公開されたばかりのキアヌ・リーヴスが極限に挑んだ2/14公開のPG-12指定のクライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜
| りらの感想日記♪ | 2009/06/18 20:37 |
【フェイク・シティ ある男のルール】 ★★★★ 試写会(4)ストーリー ロサンジェルス市警のベテラン刑事トム・ラドロー(キアヌ・リーヴス)は
| いやいやえん | 2009/07/06 10:12 |
キアヌ渾身のシリアスタフガイ系。彼が演じるラドローは、いわゆる悪徳警官ではないんですが、ただ不正がはびこるロスを舞台に、ちょっとやりすぎな自らの正義を信じ行動する男。ただ、その正義を守るためなら、悪党を始末するために偽証し、殴り、撃ち殺すこともいと
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/07/25 02:45 |
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。