B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『I am Sam / アイ・アム・サム』
アイ・アム・サム 制作年:2001年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:133分
 配給:ワーナー・ホーム・ビデオ
 監督:ジェシー・ネルソン
 主演:ショーン・ペン
     ダコタ・ファニング
     ミシェル・ファイファー
     ダイアン・ウィースト

7歳の知能しか持たないサムはたった1人で娘のルーシーを育てていたが、子育
ては無理だと判断した福祉機関により彼女を奪われてしまう。サムは敏腕弁護
士を雇い、ルーシーを取り戻すべく裁判を起こす。



凄く感動した。それでなくとも涙腺弱い私は号泣ものでした。
はじまり早々ショーン・ペンの演技にビックリさせられました。
中学高校と知的障害を持つ同級生と一緒だったからショーン
ペンンの一挙一動によく研究している問いのがよくわかった。
だってその同級生と動作しゃべり方など細かいところ一緒だっ
たから、これは見事としか言いようがない、こんな演技は自分
を捨てなかきゃできないまたでだしで感動したと思ったらルー
シー(ダコタ・ファニング)を産むシーンの後病院から出たと
たん母親逃走、この女は〜〜〜!と怒りがこみ上げる

それにしても7歳児程度の知能指数しかないのにルーシーを7才
まで育てたサムは凄い、はっきり言って実際には無理、一人で
は絶対無理でもここまで育てたのはサムの努力もあるし周りに
いるみんなのおかげだった
同じ知的障害を持つ友達たち、向かいのアパートに住む心に傷
をもち家に引きこもっているおばあさん、彼らやアルバイト先
の店長などいつも一生懸命に生きているサムを心から応援して
る、彼らの支えなしではルーシーをここまで育てることはでき
なかったと思う、またルーシーも母親ににらずに凄く優しく頭
もよくできた子に育ったものです。やっぱり環境なのか7歳児の
知能しか持たないサムに養育能力なしと決めつけた無能なソー
シャルワーカーのせいでサムとルーシーが引き離せれますが
この映画の物語はここから始まると言っても過言ではなかった。
サムは分からないながらも周りの友人たちの支えの元にがんば
って裁判までこじつけ何とか優秀な弁護士を雇うことができま
したしかも無料奉仕で・・・

物語はサムの人間味と親子ととは何か、本当の愛情とはなにか
を表現してると思った。またこの映画を見て大人たち現代の大
人たちの自己満足さがなんとも悲しかった。ケースバイケース
なんだろうが親子の愛情にIQなんて関係ない

子役のダコタ・ファニングがとっても演技がうまく、演技と言
うより自然さがあり見ていて好感が持てたし、ルーシーという
キャラクターに親近感が持てた。とっても可愛いしこれからが
楽しみな子役です。

女弁護士リタやくにミシェル・ファイファーが、この役とって
もはまってた美人な上にとってもかっこいい、特に性格がイカ
スこの役とっても難しかったと思うけどすっかりこなしてた流
石ですね

この作品が感動できたのはもちろんストーリーが良かったとい
うのもあると思うけどそれだけじゃない。各キャラクターの個
性が調和しショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ
ファニングらの演技力に支えられていると思った。この三人の
魅力があったからこそ映画が生きたんだと思う


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 19:52 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
この映画は、良質なドラマですね。トントン拍子な感じもしますが面白いのでいいでしょう。面白いっていうか、見応えがあります。カメラの撮り方が天井をグルッって廻ったりするので幻想的っていうか、純粋なイメージがしていいですね。赤ん坊の世話をちゃんとしているようなのでサムの知的障害は、そんなに酷くない様な印象ですね。ルーシーが素晴らしい子な印象が漂ってしまう節がありますがサムが大好きな事もあり、そういうふうにしないと物語が成り立たないのでしょうね。外出恐怖症の女性を弁護士が脅すシーンでサムは、怒りますが彼女が何を言われて、そしてとても傷付いた事が解ったんでしょう。普通より頭いいですね。ルーシーが引き取られた家を脱走したり有り勝ちな展開ですが、全体的に面白かったので私は、90点位あげたいですね( ^^)
| kekeke | 2012/02/16 17:15 |
あの母親からよくあんないい子が・・・性格は全面的にサムに似たのかな
知能が子供だけど大人のサムが必至に子供を育てようと努力しその努力に
周りの人たちが感化されていくのが良かった。
| せつら | 2012/02/16 20:31 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/215
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/07/07 21:44 |
 スターバックスで働くサム(ペン)は、知的障害で7歳程度のしか持っていませんでしたが、ホームレスの女性との間に産まれた娘のルーシー・ダイアモンド(ファニング)と幸せに暮らしていました。  隣人のアニー(ウィースト)や友人らに助けてもらいながら、サムは
| pure\'s movie review | 2011/03/01 20:37 |
2001年 アメリカ作品 133分 松竹=アスミック・エース配給原題:I am SamSTAFF監督:ジェシー・ネルソン脚本:ジェシー・ネルソン クリスティン・ジョンソンCASTショーン・ペン ミシェル・ファイファー ダコタ・ファニング ダイアン・ウィースト この作品を観ると、