B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『チルドレン・オブ・ホァンシー 遙かなる希望の道』
JUGEMテーマ:映画
チルドレン・オブ・ホァンシー 制作年:2008年
 制作国:オーストラリア・中国・ドイツ
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:125分
 原題:THE CHILDREN OF HUANG SHI
 配給:マクザム
 監督:ロジャー・スポティスウッド
 主演:ジョナサン・リス=マイヤーズ
     ラダ・ミッチェル
     チョウ・ユンファ
     ミシェル・ヨー

日中戦争の最中、孤児たちを連れて命懸けでシルクロードを横断した
英国人ジャーナリスト、ジョージ・ホッグの感動の実話を映画化。


この作品は日中戦争のさなか60人の中国孤児たちを救うためにシルク
ロードを横断した若きジャーナリストホッグの実話を映像化した作品
です。
大日本帝国と称して中国などでやりたい放題していた日本軍の姿がナ
チスドイツなどと変わらない第二次大戦では同盟をくんでいただけは
あるなと、そんなみっともない大日本帝国軍軍人を演じていたのが
日本人ではないのが残念ですね、日本語がわりと上手いアジア系の人
という感じがしました。どこか日本語のアクセントがおかしかったん
だよね、しかし主人公ホッグと60人の孤児たちの敵は日本軍だけでは
ないんです。
中国の軍では動ければ少年でも徴兵するという状態になっており軍は
60人の少年たちも戦争にかり出そうとしていたのです。
日本軍から逃げそして中国軍から逃げる少年たち、日本が中国で犯し
た大罪の一つ南京大虐殺を扱った作品ですが思ったよりその辺の残酷
描写が少なかったです。前半こそ日本軍の非道ぶりを描いてはいる物
の広場に住民たちを集めて一斉砲火を浴びせるシーン以外はおとなし
かったかな、この映画のような日本軍が行った事実は教科書には載っ
ていないので今の若い子たちはこういうことがあったというより
日中戦争で何が行われていたか全く知らないはずです。
世界各国では高い評価を受けたこの作品が日本では上映されずにビデ
オスルーに終わってしまったのは残念ですね、この作品は日本がどれ
だけ酷いことをしたのかを描いただけの作品ではないのですが・・・
若きジャーナリストが大義と信じて戦争の実態を世界に発信するため
に戦地に潜入するが思わぬ足止めと孤児たちの面倒を見る羽目になり
自分がやりたいことはこんなことではないと思っていたが、この孤児
たちが戦争犠牲者でありこれもまた戦争の一部なんだとここもまた
戦場なんだと気がついてから彼が変わっていく姿が描かれています
孤児たちとジャーナリストのホッグの心の交流を描き命をかけて孤児
たちを救った物語なんですよね、2時間を超える大作ではあるけど
ホッグと孤児たちが認め合うまでに時間を使っていて標高3000Mの雪山
を超え、広大な砂漠の砂嵐に見舞われながらも、ゴビ砂漠の末端・山
丹(シャンダン)にたどり着くまでの過程がかなりはしょってるのが
もったいないんですよね、子供たちをつれ家財道具を持ってこれらの
道を走破した苦労がいかほどのことかじっくりその部分も描いてほし
かったです。
この作品は2部構成でもよかったんじゃないかなと残念ですね・・・
ラストのエンドロールでは今なお生きている最後に救った4人の兄弟
と孤児たちが当時のホッグのことを語っています。
大義と信念を貫き孤児を救い眠りについたホッグの偉大さは十分伝わ
ってきました。主演を演じたジョナサン・リス=マイヤーズさんは
幼い頃両親の捨てられ孤児院で育った過去を持ってるそうでだからこ
そあれだけの演技を見せてくれたんだと思う、彼の思いと孤児たちの
思いは同じだったんでしょうね



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 08:32 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
せつらさん TBコメントありがとうございました。
そうですね,私も彼らの道行きを
もっとじっくり時間をかけて観たかったなぁ。
あそこが肝心なはずなのに,時間的には端折っていましたね。
だから「困難さ」が伝わりにくかったのが惜しまれます。
大勢の人に見てもらいたい良作だと思います。
| なな | 2009/03/02 21:17 |
ななさんこんにちはコメントありがとう

主人公と子供たちの邂逅と力に時間をかけているけど
肝心の彼らとの目的地への道のりがカットされていた
のが残念だったよね、その辺も凄い困難と苦労があっ
たはずなので前編と後編に分けても良いから描いてほ
しかったですよね
| せつら | 2009/03/08 11:39 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2071
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/03/02 21:18 |
劇場未公開作品らしいし,DVDもリリースされたばかりなので,皆さんご存じない方が多いかも。私は,中国も,ジョナサン・リース・マイヤーズも,実話ものも好きなので,まよわずレンタルしてみたが,これがなかなかよかった。実話,という点にとくに驚いたし,感動もし
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/26 20:38 |
 コチラの「チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道」は、イギリス人ジャーナリストのジョージ・ホッグの感動の実話を映画化したバイオグラフィー戦争映画です。残念ながら日本では劇場未公開。でも、この映画こそ日本人は観るべきじゃないの?と思いました