B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『帰らない日々』
JUGEMテーマ:映画
帰らない日々 制作年:2007年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:102分
 原題:RESERVATION ROAD
 配給:ブロードメディア・スタジオ
 監督:テリー・ジョージ
 主演:ホアキン・フェニックス
     マーク・ラファロ
     ジェニファー・コネリー
     ミラ・ソルヴィノ

コネティカット州の小さな田舎町ケイナン。大学教授のイーサンは
妻のグレースと2人の子ども、兄ジョシュと妹エマの4人で穏やか
な日々を送っていた。しかしある夜、一瞬の事故で最愛の息子ジョ
シュを失ってしまう。逃走した犯人の車に乗っていたのは弁護士の
ドワイト。離婚した妻ルースとの間の息子ルーカスを門限までにル
ースのもとに送り返そうと焦っていたのだった。一週間後、罪の意
識に苛まれながらも自首できずに日々を過ごしていたドワイト。そ
んな中、進展のない警察の捜査に業を煮やしたイーサンが、独自に
事故の調査を依頼しようと町に1つしかない弁護士事務所へとやっ
て来る…。


この作品はひき逃げ事件をあつかったドラマで日常的に起こりうること
を描いた作品です。
愛する息子を失った家族と家庭から子供を奪ったひき逃げ犯それぞれを
描いており、喪失感と悲壮感と罪悪感を描いております。
ただ設定てきに偶然が過ぎるのがいただけないですね、まず主人公は大
学の教授でひき逃げ犯は弁護士なんです。警察の捜査情報にいらつき
捜査が進展しているのか気に病む主人公は弁護士を雇って情報を早く
もらえるようにするんだけどひき逃げ犯であるドワイトの弁護士事務所
にしかも担当がドワイトになると言う、町に一件の弁護士事務所と言う
ことらしいのでこれはもう仕方がないと言うことにしましょう、すると
今度はイーサンの娘がドワイトの元奥さんにピアノを習うことになって
ドワイトの接点がドンドン増えていくんですね、そういった中でドワイ
トがぼろを出したことで彼がひき逃げ犯であることがばれてしまいます
最初から被害者と加害者がこんなに近くにいてはなんか折角のドラマも
薄くなりますね、お話自体は凄く悲しい出来事だし息子を失った悲しみ
や他人の子供を殺してしまった罪悪感などきっちり描かれているだけに
その辺の演出はどうにかならなかったのかなと思いました。
免許証の切り替えの時に見る事故啓発のビデオ見たいに感じるのはそう
いうところからかも、しかしひき逃げ事件というのは日常的にニュース
などで報じられてますね、この作品のような出来事が自分の身に起こる
可能性は実は非常に高いと思います。
安全運転を心がけても周りに細心の注意を払っていても様々な要因が重
なって悲劇が生み出されます。
少しでも事故につながる要因はなくすことが肝心で飲酒運転などはもっ
てのほか、あれだけの悲劇的な飲酒による事故が報じられても自分は大
丈夫だとやめない、携帯電話を使用しながらの運転は危険ですよいわれ
それが原因で死亡事故が起こっているけどやめない、そういう連中は
自分が加害者になってことの重大さに気がつくんです。
自分は大丈夫だなんてことはあり得ない、今まで大丈夫だった物がずっ
と大丈夫であることはないのです。最近特に増えている高齢者の運転ミ
スによる事故も死亡事故につながってきました。
この作品のような悲劇は年齢に関係なく今は起こりうるということを自
覚しないといけませんね、ちょっとした運転ミスが人の命を奪ってしま
うんです。ドワイトのように罪悪簡易とらわれ自分が奪った命は決して
戻ってこないことをそのときに嘆いても遅いのです。
キャスティングも演技派がそろっており見応え十分でした。
ホアキン・フェニックスの悲壮感もすばらしかった。年齢とともに確実
に演技力を身につけてますね、奥さんを演じたジェニファー・コネリー
さんの自分の言葉が原因で車から息子が降りた事実を悔やみ自分が殺し
たも同然だと自分を責める姿も胸が詰まりました。相変わらずおきれい
です。罪悪感に苦しむドワイトを演じたマーク・ラファロもよかったで
す。彼が自首しようと決断し警察に行くが誰も忙しくて取り合ってもら
えずというシーンは何かのコメディ短編小説で皮肉たっぷりに描かれて
いたのを思い出しました。東野さんだったかな?
残念なことは・・・ミラ・ソルヴィノさんがすっかりおばさんになって
たこと最初期がつかなかったぐらい太っておばさん体型になちゃってた
役作りなのかな〜是非元に戻ってほしいです。最近見なくなったダコタ
ちゃんの妹のエル・ファニングちゃんが無くなった息子の妹やくでした
お姉ちゃんに似て可愛く育ってますね、今ちょうど彼女がブレイクした
ときの年齢じゃないかな?姉妹そろって名子役をへてすばらしい女優に
成長してほしいですね



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 17:39 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
最近レンタルして観たんですけど、ゆっくり落ち着いて観れる心境の時じゃないと心臓に悪いですよ( 一一) でも、現実にも、似たようなアクシデントは、ありますよね。友達の子供を怪我させてしまったとか... 私は、子供もいないし結婚もしてないけど... 近頃そういう映画を観たい気がしますね( 一一) ずっと前マップオブザワールドっていう映画を観た事を想い出して、目を離した隙に湖で溺死したんだったっけって、うろ覚えですが... それと此の映画は、違うものなんですけど... そりゃ混乱してマッスグ逃げちゃうものなんですね。正義感のある弁護士の筈が、いざ自分に降り掛かるとダメだったと... そういう気持ちも解るんですが、息子を殺された方は、憎しみしかない!! こういう感情が交差する映画は、好きですね(^−^) 途中この人は、自首しないで逃げ延び様としてるなって想ったんですけど反省してましたね。逃げませんでしたね。ちょっと、この演じ方じゃ解り難いですね。でも、自分にも息子が居て犯罪者の子供になってしまうと想ったんでしょうね。然し偶然友達だった事に、やはり何かを感じてしまったんでしょうね。ラストの終り方が、罪を告白してる父親のビデオデープを観てる息子の後ろ姿だったので心が痛くなってきました。ホラーとかじゃないけど此の映画ちょっと気分悪いですよ。
| kekeke | 2012/02/15 06:16 |
罪の意識を持っているだけでも救われる作品ですね
現実の事件では罪悪感とか全くない犯人が多いから
またこの作品の内容も現実に起こらないとお限らな
いリアルな題材だけに気分が暗くなるよね・・・
良い作品ではあるのですが
| せつら | 2012/02/15 20:56 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/2058
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/02/10 21:17 |
 『あの日、あの場所で、 すべてが変わった。 突然の事故で最愛の息子を失った家族。 調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。』  コチラの「帰らない日々」は、「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督の待望の最新作となる7/26公開のサス
| クマの巣 | 2009/02/15 15:32 |
「帰らない日々」、DVDで観ました。 どこにでもいる二つの家族が、一つの事故をきっかけに運命を交差させていく。「ホテル・ルワンダ」の...
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/02/18 13:05 |
原題:RESERVATION ROAD公開:2008/07/26製作国・年度:アメリカ、2007年上映時間:102分レンタル開始日:2009/01/19あの日、あの場所で、すべてが変わった。突然の事故で最愛の息子を失った家族。調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。
| not simple. | 2009/03/03 00:00 |
星4つつけてますがお涙頂戴の感動作と思って期待していくと火傷します。そんな辛口なドラマです。ポスターやリーフレットを見るとひき逃げ犯が自分の弁護士だったという風にかかれています。これは間違いではないのですが、まるで被害者家族と加害者の追いつ追われつな
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/09 22:53 |
『帰らない日々』を観ましたジョン・バーナム・シュワルツの同名小説を『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が映画化したサスペンス・ドラマです>>『帰らない日々』関連原題: RESERVATIONROADジャンル: ドラマ/サスペンス上映時間: 102分製作国: 2007年
| KINTYRE’SDIARY | 2010/01/01 16:36 |
70.帰らない日々■原題:ReservationRoad■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:102分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:8月9日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:テリー・ジョージ□原作・脚本:ジョン・バーナム・