B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『イン・ハー・シューズ』
インハー・シューズ 制作年:2005年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:131分
 配給:20世紀フォックス
 監督:カーティス・ハンソン
 主演:キャメロン・ディアス
     トニー・コレット
     シャーリー・マクレーン
     マーク・フォイアスタイン

難読症を抱え、仕事も長続きしない妹・マギーと、社会的地位はあるが容姿に自
信のない姉・ローズが、互いに衝突しながらも迎える新たな人生の転機を描く。



二人の対照的な姉妹が離ればなれになってようやくお互いの愛
情を理解するというお話です。
本当に正反対の姉妹だからこそ二人の絆が際だったと思う容姿
端麗でスタイル抜群何事にも持続力が無く生活能力は0、それが
故に誰かに依存しなければ生きていけない行きずりの男であり
家族であり姉である見るも無様なその生活は決して難読症が原
因ではない・・・対照的に姉は容姿やスタイルに自信がなく妹
を心配しつつ仕事にせいをだす。
その姉にやっと恋人が出来たというのにマギーは寝取ってしま
う、激怒した姉ローズは恋人共々追い出してしまった。
これが彼女たちの人生の分岐点だったと思われます。いつも一
緒だった二人が一人になったことで今まで見えていなかったも
のに目が向かうようになるわけで、姉から追い出された
マギーはおばあちゃんに寄生するべく養老施設に・・・そこで
出会った個性的な老人達とふれあうことで今まで目を向けなか
ったものに目を向けることに元教師の老人と知り合うことで詩
を読む喜びに目覚める、ここでの彼女の成長ぶりは見事な物で
す。
姉も元同僚と知り合うことで男に自身がなくおどおどしていた
性格から脱却しどんどんあか抜けていく、そんな中でも妹に対
する心配はしていた。
そしてお互い不足していた物を埋めたときマギーはいかに姉が
子供の頃から自分を愛し守ってきてくれていたかに気がつく
・・・このシーンは二人の演技に感動しました。
この二人の姉妹の絆は私は家庭環境にあったと思う・・・それ
は劇中に語られるけど特殊な家庭環境が姉であるローズが幼い
マギーを守らなければならないと決意させたのではないかと思
った。
キャメロン・ディアスはこのマギーという役にはまり役だと思
うスタイル抜群でこういうキャラクターは過去にも何度も演じ
ているしね、たださすがにお顔のほうが・・・目尻のしわ等気
になる部分も、欲を言えばこのマギーというキャラクターの難
読症という部分をもっと描いてほしかった。
トニー・コレット演じるローズもまた彼女に会っていたと思う
私はキャメロンより彼女のほうが綺麗だと思うんだけどね彼女
の演技力がじつによく表せていて良い配役だと思った。

シャーリー・マクレーン久しぶりに見ましたね・・・すっかりお
ばあちゃんになっちゃってちょっとショックでした。
若かった頃の作品とくに「アパートの鍵かします」で初めて見た
ときの彼女のキュートさは鮮明に思い出します。といっても見た
のは最近だけど、そのとき競演していたジャック・レモンはもう
居ないと思うと悲しいですね・・・・・・

姉妹のあり方を描いた良作です。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 11:09 | 【MOVIE】 | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
やっと観ましたよー。中身がギュっとつまった気がする映画でしたね。

確かにキャメロン肌に年令キテましたよね〜。キャメロンだけでなく他の女優さんも肌が汚く映ってたように見えたのは私だけ?
| あかひ | 2007/01/22 13:39 |
こちらもコメントありがとう

なんだか中身がぎゅっと詰まったような作品でしたね
シャーリー・マクレーンのおばあちゃんぶりもいたについて
ました。
本読みの私には難読症なんて冗談ではない病気です
普通に本が読めることを感謝しちゃいましたよ
彼女が悪いわけではないんですけどね、彼女も病気を克服
して詩を朗読できるようになりました。
なせばなるですね、彼女の場合は見ていると難読症だにとどまらず
自身の性格に問題があったように思えたんですけど
でもお姉さんとのふれあい今回の事件を通してお互いが
自分たちが思っている以上に近い存在だったのに気がついた
というのは素晴らしいことでしたよね、良い作品でした
| せつら | 2007/01/23 19:32 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/196
| 「青と緑の真ん中」 | 2007/01/22 13:33 |
製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 監督 : カーティス・ハンソン 出演 : キャメロン・ディアス 、 トニ・コレット 、 シャーリー・マクレーン 『イン・ハー・シューズ』は、全米でベストセラーになったジェニファー・ウェイナーの2作目の小説の映画化。脚色は
| ★はちみつだいすき★ | 2007/11/20 11:22 |
★★★★★ 弁護士のローズ、フリーター?のマギー。 ふたりは正反対の性格の姉妹。 乱れた生活っぷりのせいで、父と義理の母の家から追い出されたマギーは 姉のローズの家に居...
| 日々のつぶやき | 2008/01/21 12:29 |
監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス、トニ、コレット、シャーリー・マクレーン 人気が高くてずっとレンタル中・・やっと借りられました 「優秀な弁護士で仕事はできるけど、恋愛に縁がなく容姿にコンプレックスを持つ姉ローズと顔と
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/08/24 22:08 |
 『私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。』  靴のサイズ24.5cm、DNA、子供時代の悲しい思い出  それ以外に全く共通点のない姉妹  この姉妹に自分を重ねられない人は、いないだろうと観ていて思いました。  キャメロン・ディアスが演じる妹のマ