B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『幻影師アイゼンハイム』
JUGEMテーマ:映画
幻影師アイゼンハイム 制作年:2006年
 制作国:アメリカ・チェコ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:109分
 原題:THE ILLUSIONIST
 配給:デジタルサイト
 監督:ニール・バーガー
 主演:エドワード・ノートン
      ポール・ジアマッティ
      ジェシカ・ビール
      ルーファス・シーウェル

19世紀末のウィーン。イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中
天才と評され絶大な人気を集める幻影師アイゼンハイム。ある日
皇太子の婚約者が幼なじみのソフィと気づき動揺する。かつて2人
は互いに愛し合いながらも、階級の壁の前に引き離されてしまった
のだった。そんなアイゼンハイムは王宮に招かれた際、皇太子の前
で挑発的な態度に出る。これに逆上した皇太子は、自らに仕える警
部ウールにアイゼンハイムの追い落としを命じるのだったが…。


この作品はイリュージョニストの主人公が階級のために引き離された
子供時代の幼なじみと再開し再び恋に落ちるが彼女の婚約者である
皇太子に引き離されようとするというお話です。
エドワード・ノートンにポール・ジアマッティというくせ者俳優の競
演が面白かったです。
ジェシカ・ビールさんも中世的な顔立ちが時代設定とマッチしていて
ヒロインらしくてよかったです。
イリュージョンの数々はCGだったのが残念だけどあれが本当にできた
らセロなんてお呼びじゃないね、それはさておき皇太子が自分を捨て
てアイゼンハイムのもとへ逃げることに激怒し酔った勢いでソフィー
を殺してしまうことで物語は変わっていきます。
捜査するジアマッティーさん演じるウール警部も次第に真相に向かっ
ていきます。
彼がまた良い味出してるんですね、ラスト真相を見抜いたウール警部
の表情はよかったです。
念願だった鉢にまいたオレンジが成長するというイリュージョンのネ
タ本ももらえたしね、ラストのオチは正直この手の作品は多数あるし
主人公がイリュージョニストであることで容易に見抜ける、ただこう
いう作品は結果が分かりきっているけどどう味付けするかなわけで
そういう意味では楽しめた作品です。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 13:26 | 【MOVIE】 | comments(8) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
こんばんは!

似たようなイリュージョンものに「プレステージ」がありましたが、こちらのほうが断然面白い仕掛けでしたね!

実は まんまと  だまされました…

もう、実は最初から映画ちらしやこのジャケットなどで、奇術師と公爵令嬢との切ないロマンスものかと勘違いをしていたので、そういう意味でもビックリでした。

ラスト、全てを解いたポール・ジアマッティさんの表情が、観てる側の気持ちに通じるので、凄くよかったですね〜^^

個人的には、皇太子役に好きな俳優さんがでていてビックリしました。
| ヨヨ | 2008/11/10 20:06 |
ヨヨさん今晩はコメントありがとう

プレステージは原作を読んでいるので映画版は見ませんでした
あちらはサスペンス作品ですがこちらはちょっと
毛色の違う作品でしたね、愛するものを得るために
大がかりなイリュージョンを敢行しました。
ジアマッティーさんは相変わらずこういう役になると
目立つよね
| せつら | 2008/11/10 22:35 |
TB掛け逃げ?してたのに(^^;;)
コメントも頂いて、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m

これ、本当に面白かったです!
エドワード・ノートンにポール・ジアマッティ、そしてジェシカ・ビールと役者さんもそろって好演でしたよね〜。
特にジアマッティの演技の素晴らしさにはゾクゾクしました。そうそう、あのラストの表情は最高でした♪
私はジェシカのイリュージョンを、あんな切なげに見るノートンの目にすっかり騙されてしまいました〜(^^ゞ
そんなわけで、ええぇぇ〜!なラストでした(^^ゞ
騙されて気持ち良かったですけどね(^ー^* )フフ♪
| メル | 2008/11/17 08:34 |
メルさん今晩は!

個性派な俳優さんが多くて内容もあいまって
とても面白かったですね、やはりその中でも
ウール警部を演じたジアマッティさんがはまり役
でした。彼ならではのキャラクター作りでしたね
| せつら | 2008/11/17 18:47 |
こんにちは〜♪
そろそろ今年も終わりますが、いかがお過ごしですか?
せつらさんには今年1年大変お世話になりました。どうもありがとうございます!
来年も宜しくお願いします^^・

『あれが本当にできたらセロなんてお呼びじゃないね』
ふふふ・・・実は私、セロが大好きです!!彼は宇宙人じゃーないか?って思いながらワクワクマジックを見ています♪
映画のマジックにも心躍りました〜
CGって分かっていながら、見ていて楽しい♪

映画は雰囲気が良くって、なかなか面白かったですね〜
ジアマッティさんも、ノートンも凄くハマっていました。役者さんも良かったんですね〜
| 由香 | 2008/12/26 14:40 |
由香さん今晩は!

この作品は面白かったですね、展開的には見え見えなんだけど
それを補えるほどの演出でした。
ジアマッティーさんの演技もすばらしかったし見ていて
楽しかったです。
| せつら | 2008/12/27 17:20 |
せつらさん、こんにちは(^^)
私、しっかり最後まで騙されてました〜。
でも、そこまでの過程も上手くひきつける内容になっていて、最初から最後まで退屈することなく楽しめました♪

あのイリュージョンの数々も、見事でしたね。
ああいうことが本当にできたら、確かにセロはお呼びじゃないですね〜^^;
| りら | 2009/02/21 16:32 |
りらさん今晩はエコーありがとう

りらさんは最後までだまされちゃいましたか、そのほうが
より楽しめたんじゃないかな、私は中盤ぐらいでよめちゃ
ったけどそれでも楽しめました。
| せつら | 2009/02/22 18:32 |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/1957
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/11/09 15:49 |
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミス
| いやいやえん | 2008/11/10 19:43 |
これは本当にだまされました! 幻影師(奇術師)と公爵令嬢との身分違いの普通の(悲恋)ロマンスものかと思ってましたよ…実際はサスペンス・ミステリー(犯人はわかってますが)。 ルーファス・シーウェルさんが皇太子役で出ていましたね。やはりこの方、眼力があ
| 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」 | 2008/11/13 05:24 |
幻影師 アイゼンハイム (2006)今回の映画は、「幻影師 アイゼンハイム」です。本作「幻影師 アイゼンハイム」は、19世紀末のウィーンを舞台に天才幻影師と皇太子との結婚を控えた令嬢との許されぬ愛を描いたラブ・サスペンスです。監督はニール・バーガー。19世...
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/11/14 18:01 |
19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、 アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・ シーウェル)が観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2008/11/14 22:16 |
この映画、去年にアメリカ版のDVDでみて気に入っていた作品。 2007-12-05に、「The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの」としてアップしてたもの。 インディペンデント系で2006年に制作されており、それが日本でも無事公開されたことは
| MESCALINE DRIVE | 2008/12/14 17:25 |
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師アイゼンハイム」を観た。 近頃、ウィーン市民を熱狂させるひとりの男がいる。 アイゼンハイムと名乗るその人物は奇術師だ。その腕前は芸術の域に達している。
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/12/26 14:20 |
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/01/06 13:12 |
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/13 14:47 |
2006 アメリカ,チェコ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:スゴイ 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル オーストリア大使館後援だけあって、ウィーンの風景は堪能できるし音楽もよい。芸術品と
| りらの感想日記♪ | 2009/02/21 16:29 |
【幻影師アイゼンハイム】 ★★★★ DVD(9)ストーリー 19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。イリュージョンが見せ物として隆盛を
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/03/21 14:42 |
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハ
| シネマ・ワンダーランド | 2009/03/28 23:02 |
ピューリッツアー賞作家スティーヴン・ミルハウザー原作の小説を「クラッシュ」や「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフらがつくったミステリー・サスペンス「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米、ニール・バーガー監督、110分)。本作は一度はあきらめた
| 『映画な日々』 cinema-days | 2010/05/08 20:37 |
幻影師 アイゼンハイム 奇術師が皇太子の婚約者となった幼馴染みの 公爵令嬢を奇抜なトリックで奪い返す... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 ...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/05/24 20:33 |
あらすじ19世紀末。幻影師アイゼンハイムは、皇太子と婚約した幼なじみソフィと再会した。ほどなく彼女は謎の死を遂げ・・・。感想このハンドパワー見破れるか?『プレステージ』...