B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ウェルカム・トゥ・サラエボ』
ウェルカム・トゥ・サラエボ 制作年:1997年
 制作国:イギリス / アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:98分
 配給:角川エンターテイメント
 監督:マイケル・ウィンターボトム
 主演:スティヴン・ディレーン
     ウディー・ハレルソン
     マリサ・トメイ
     ケリー・フォックス

戦火のサラエボで子供たちが殺されていく惨状を目の当たりにした
イギリス人ジャーナリストは、カメラに残すことでひとつの命を救
うことを選択する…。


サラエボの紛争をメディアの視点で描いた作品です。
戦争の悲惨さ特に犠牲になる市民達を鮮明に描いていると思う
そんな中主人公は戦争により引き裂かれた孤児達を追いかけ
そして一人の少女を救うことになります。そうです。
母国イギリスで自分の子供として育てると言うこと、主人公の
気持ちはよく分かります。彼の苦悩もよく分かる
人間一人のできることは少ない、彼は全員を助けることはできない
しかし一人でも救うことができる、それはエゴかもしれないけど
たとえ一人だとしても人を救うと言うことは勇気がいると思う
彼の判断は決して間違っていないと思った。
しかし市民の気持ちも考えず和解もしないサラエボ紛争
自己の利益だけで多大な市民が犠牲になったのは
悲しい事実ですよねその辺もよく描かれており
知らなかった世界が見えた気がします。
この時学生だった私は全く知らないよその国の出来事だった
今こうして映画というジャンルで知ることができたのは
嬉しく思う



ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 14:04 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://lalalawa.jugem.jp/trackback/191