B級好きな管理人の映画レビューブログです。ホラー・ゾンビも大好きです。
でも大作話題作も見るよ、そんな私のブログへようこそ!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『えびボクサー』
えびボクサー 制作年:2002年
 制作国:イギリス
 上映メディア:劇場未公開
 上映時間:90分
 配給:アルバトロス
 監督:マーク・ロック
 主演:ケヴィン・マクナリー
     ルイーズ・マーデンボロー
     ペリー・フィッツパトリック
     マドハヴ・シャルマ

場末のパブで働く元ボクサー・ビルは、マンネリ化した毎日から
抜け出そうと日々何かを探していた。そんなある日、友人からカ
マキリえびの存在を聞かされ、人間対えびのボクシングを思いつ
く。


2mのエビ・・・じゃないシャコと元ボクサーの中年の男ビルとの奇妙な友情を描いた
作品でした。見た目とは裏腹にまじめにドラマ作りしてるところが妙におかしいです
ストーリーはいたって真剣だったりします。夢を捨てたビルは教え子スティーヴに夢を
託すけどこれがどうしようもない自堕落なクズ男、かなりむかつく、ボクサーとして
やる気のない駄目男に夢を託せずにいる、そこに友人から見せられたシャコが餌を
狩る映像でシャコをボクサーとして見せ物にしてはどうかと薦められる、2mのシャコを
見つけてあると言われ乗り気に・・・というか2mシャコに自分の夢を託す時点でなにか
壊れてると思うんだけどね、早速シャコにミスターCと名前を付けスティーヴと
スティーヴの16歳の恋人シャズとともにテレビ局に売り込みに行くんです。ボクシング
のショウとしてではなく珍しい動物と言うことで売り込めば2Mもあるんだから動物
番組に売り込めたのに、ボクシングにこだわりつつあんなちんけなショウに使われて
こいつら駄目だな〜と思った。
実はタイトルとは裏腹にミスターC、ボクシングしません・・・最後の乱闘で暴れる
だけ、ちょっと肩すかしです。それよりもなかなか決まらないテレビ局訪問の合間の
シャコを世話するビルとの交流に焦点を当てていると思いますね、最後はレイによって
感情移入しすぎてしまったビルは自らショウをぶちこわし自分の夢をあきらめる
んだけど新たに望んだ夢は障害の恋人を見つけることだったりします。
それは折しもビルが16歳の恋人シャズに熱を上げるスティーヴに女建ちをしろ
じゃないとボクサーとして強くならないと毎日口を酸っぱくしていって言ったこと
に対するスティーヴに対する師弟の友情からきた言葉だと思う、もちろん自らの
気持ちの表れでもあるだろうけどね

この作品で特に目を引いたのは実はスティーブの恋人役だったルイーズ・マーデンボロー
だったりします。可愛いですよ〜結構好み、髪型もロングにショート、栗色や黒髪と
見せてくれますがとても似合ってると思う、この作品がデビュー作のようで今後に
ちょっと期待してます。


ランキングに参加してみました。記事が気に入ってもらえたら
押してくださいね


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ランキング
| 13:17 | 【MOVIE】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。